2017/02/25 10:51
おはようございます


先月から始まった

次男の言葉の発達トレーニング

と言っても

正しくはトレーニングにはまだ至ってなくて

今は次男と先生が仲良くなるのを兼ねて

一定時間、先生と次男が同じ空間で

遊びを通して様子をみてもらってる段階。

現段階ではカウンセリング


あと数回したら、発達検査をするそうです。


*ちなみに次男は4歳2ヶ月
言葉が少し遅いので、最近小児科に相談しました。


それで、今回は3回目(トレーニングとしては2回目)

なんだけど、今日の内容が少し良かったのと

記録に残していきたいので

シリーズ化してブログに残していこうと思います。


*新しく 子供の成長(トレーニング編)のカテゴリー追加したので前回までの分まとめてあります



その前に一応言っておきたいのは
 
・それぞれ成長の違いがあること

・私個人の受け取り方であり考え、感想であること


を踏まえて読んで頂けるようにお願いします。


それでは

3回目の今日は

私と次男は別室で

次男は専門の先生と遊びを通して様子を見てもらってました。


私は小児科の先生と

IMG_7664.JPG

ペアレントトレーニングに関する話と説明を受けました。


読んで学べるADHDのペアレントトレーニング

シンシア・ウィッタム著 

和訳本を

元に進めていきます。


ちなみに次男はADHDと

今の時点で判断されたわけでなくて

この本自体、ADHD児を専用の本でもないそう。

ADHDを持っているお子さんでも

そうでないお子さんにでも役に立つ本だそうです。


私が今日もらった資料は

この本を小児科の先生が

本の内容を掻い摘んでまとめてくれたもの。

先生がこの本をオススメていたし

今日もらった資料だけでも

かなり気になる内容だったので

近いうちに購入予定です。


今後、どんな内容に変わって行くのか

今の時点では分かりませんが

今回は 

ペアレントトレーニング その1 

注目と分類 について。


題名通りなんですが 

ペアレント=親、両親

うちの場合は母子家庭なので

自然と私だけになってしまいますが

母親だけでなく、父親、祖父や祖母

一緒に暮らす、または子供と関わる大人が

このトレーニング法を共有できるのがいいそうです。


私はまだ本を読んでないので

この資料の中での判断になりますが

結局は子供の問題だけでなくて

親(大人)も一緒に成長していこう

という感じなのかな?と解釈。


タイトルにもあるように

【 注目 】

*以下一部引用と私の言葉で少し変えています


子供は親からの注目を必要としています。
子供はいい振る舞いをして肯定的な注目を与えるより、トラブルを引き起こして否定的な注目を得ようとする時がある。

私達(親)は子供が問題なく遊んでいる時は、その平穏が続いてくることを願い、口出しせずに黙っています。子供がひとりで本を読んでいたり、あそんでいる時、それをほめることで、それを中断させたくないもの。

しかし、子供が弟(妹)に意地悪をしたり、悪いことをした時、悪い言葉を使った時はすぐさまとんでいき、お説教や罰を与えようとする。

私たちは、つねに望ましい行動よりも望ましくない行動に注意を向け、子供たちが褒められるよりも、叱られることに向かうように特訓しているのです。


それを聞いた時にちょっとグサってくるものがあった...(苦笑)


なるべく褒めるようにはしてるつもりなんだけど

初めは『すごーい! できたね!!』って

自然と言葉に出るし褒めるんだけど

いつのまにか出来ることが当たり前になってきて

出来ること・いいこと より

出来ないこと・悪いこと に目が行きがち^_^;

だからこの言葉がグサリと来ました...


そしてその続き↓

親は子供の行動を変えるために、注意の力を用いることができます。


要は、私たちが " してほしい (良い) 行動 " に肯定的な注目を与えること(褒めること)で子供達が良い行動をするようになるという事ですね。


例文もあるんだけど

ちょっとここは省いて簡単に。

子供が友達とうまく遊ぶ事が出来た時には褒める

私思ったんだけど

私たち大人にとってはトラブルなく遊ぶ(人と関わる)と言うのは当たり前の事じゃないですか。

でも子供って正直だし常に本気だし、相手の事をまだそこまで考えられないと思うし。

ぶつかり合いが多くて当たり前なんですよね。

だから、仲良くトラブルなく遊べるのは実は凄いことなのかもしれないですね^_^;


ここもただ誉めるだけではなくて

例文では

何処がどう良かったのか】かなり具体的に書かれています。

まぁ元々洋書だし

口下手?
褒めること・褒められる事が苦手と言われる日本人には、なかなかハードルが高いかも?って内容でした。


◯逆に子供にしてほしくない場合

注意を取り除くこと(無視)はあなたがしてほしくない、あるいは少なくなるとよいと思う行動を減らします。

とありました。


こちらの例題もあるんですが簡単に書くと

息子がスーパーでお菓子を買って!と騒ぎ出す
母親がダメと言うと、子供はますます怒って泣き叫ぶ

ここでこの子の母親が取った行動が注意を取り除くこと(無視)です。

母親は息子が泣き叫んでも、会計や雑誌を読んだり、レジの人と話したりしています。
しばらくすると息子は立ち上がる
母親は息子にカートを押してくれる?
息子はまだ拗ねているけど、頷く。
母親 ありがとう。



これは例文なので突っ込みたい内容もありますが

でも何が言いたいかと言うと

母親はしてほしい行動が現れるのを待っているんですね。

子供が落ち着くのを。

怒ることもせず、ワガママを受け入れる事もせずにただ待つ。

が実際問題、同じことをスーパーで子供にやられたらこんな風にはいきません。。

私は普段子供と買い物に行くときはお菓子は1つ買ってあげると決めていますが

ただの買い忘れでスーパーに寄った時や

家にお菓子がたくさんある時は

予め『今日は買わないよ』と約束してから行きます。

が!!

やっぱり子供なんで泣いたり、怒ることもありました。

息子達がもっと小さい時は

人の目も気になってたな...

静かにさせなきゃ。って焦るんだよね。


でもそこは頑として譲らない。

泣いたり怒ればワガママが突き通ると思って欲しくないので。

かと言ってこの母親のように我慢強くもないので

人目も気にせず鬼になる私。。。

結局、気にしんのかいw って感じだけど。

必死なもんですみません 苦笑



今回の話はスーパーだったけど

こういう話はいくらでもある。

まさに昨日もちょっとあって。


帰ってきたら

次男がグズリだした。(眠たいから)

怒ってる内容はくだらないもので

手を洗うのに台に登れないとか

石鹸が届かないとか。

もちろん普段は軽々、台に登りますし、

石鹸も届いてゴシゴシ洗ってます。


要は登れないふり、届かないふり。

もう劇団に入れるんじゃいかって演技ぶりで(笑)

あとから冷静になれば本当笑い話なんだけど

あんまりしつこいのでその時はダメね。。

普段は

あーまた始まったよ。。って感じで

でもあんまりしつこいし、結構頻繁なので

私も黙ってりゃいいのに

ついついヒートアップ。


そうすると余計に泣くand 怒る

当たり前ですね。。

でも私もウンザリだし本当悪循環。。

でも今日はせっかく良い話を聞いたし

試してみるか!と思って

怒って泣き叫ぶ次男に対して

注意を取り除く(無視)をしました。

まぁ無視といっても、洗面所まで付いて行って

後ろでずっと立ってたんですけどね。

でもどんなに泣こうが無視。

普段はここで、私が口を出すか、手を出してやってしまうんですねー(ここで言うなら手を洗ってあげる) 

そうすると次男は怒りながらも自分で手を洗い始めました。

自らタオルで手を拭いたので

その時にようやく

ちゃんと手洗えたね。えらかったね』と声を掛けました。

その一言で落ち着いた次男。

少し嬉しそうにして頷き

そのあとはまたニコニコでした。


普段も結構すぐ気を持ち直すんですが

直ぐにまた愚図りだしたり

私も、気持ちが切り替えれない時もあって。。

やな奴でしょ。自分でもたまに思うಠ_ಠ

でも今日は【 無視と褒める】を

キチッと切り替えることができた。

無視って言うとなんか酷く聞こえるけど

結局、相手にならない ってことかな。

そしたらいつもより

次男もグズる時間が短く終わったし

そのあとはずっと寝るまでご機嫌でした。


そして、私はしばらくこのトレーニングをやっていきます。

IMG_7667.JPG

とりあえず、早く本買って読みたいな。


ちなみに昨日の夕飯

IMG_7665.JPG

・肉味噌豆腐
・ちくわと大根ニンジンの煮物
・アサリの酒蒸し
・卵とほうれん草の中華スープ



朝のうちにほとんど作っておきました。

朝早起きした次男も

スープと肉味噌豆腐のタレを混ぜるの手伝ってくれました。

朝は時間ないし、正直今はやめてくれ〜

という時もあるけど、やる気を無くすのは嫌なので

やれる事はやらせておきます。



手伝ったから嬉しかったのかな?

たくさん食べてました(◡̈)


言葉の発達相談を受けてから

先生に言われて始めたお手伝い。

長男と次男も毎日続いてます。

もちろん、やりたくない日もあるけど

まぁ無理強いはせず、

でも習慣になればいいなと思います。

今回のペアレントトレーニングにしても

まず自分自信に余裕がないと

なかなか難しいだろうなと思ってます。

私の場合

全く余裕なんてないタイプなんで

これは試練になりそう。

もちろん一番は息子の為だけど

でも自分にとっても

成長できるチャンスじゃないかなとも思ってます。


最後まで読んで頂きありがとうございました(◡̈)
タグ(関連ワード):子供 晩御飯 子供トレーニング
IDUMIさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/02/08 15:12
こんにちは

少し言葉の遅れがある次男

もうすぐ4歳2ヶ月

少し前に書いたけど

昨日はその1日目

病院と言っても

いつも行く小児科で

これから検査をする為に

息子の様子を見てもらうのと

先生と仲良くなるのを兼ねた感じで

昨日1回目が始まりました。

特別な事は何もなくて

ただ、お部屋で専門の先生と遊んだり

簡単なやり取りをする感じ。

一番初めに相談したのは2週間前位だったかな?

でもその間にかなり成長を感じられて。

(その間は言葉の練習はまったくしてない)

とにかく保育園から帰ってきて寝るまで

マシンガンの如く話している。

お兄ちゃんも凄い話すもんだから

どっちか話すかでケンカになるほど(ー ー;)


もちろん、聞き取れない事

上手く言葉に出ない事はたくさんありますが

とにかく 話したい!!

ってのが全面に出ていて。


ついに来るか?言葉の爆発期

と思いながら。


あと、私的にすごく嬉しかったのがね

保育園で朝お別れする時。

この約2年殆ど泣いてたのが

ピタっと泣かなくなったこと


キッカケは、節分みたいなんだけど...

保育園で豆まきがあって

少し前から園で鬼のお面を作ったり

先生に鬼の絵本を読んでもらっていたみたいで

次男は自分の中の泣き虫な鬼をやっつける

とずっと言っていて。


実際、保育園で豆まきもしたし

家でも鬼ご飯を作ったし

それがすごく効いたみたいで

朝起きると

◯◯くんえんえんオニないよ

ママとバイバイできむよ

だってさー◯◯くんえんえんオニないもん

っと言い

本当に毎日

笑ってバイバイできる様になりました


今日なんて自分から手を離し

先生の所に走って行きました


母感動(T ^ T)

泣いてもその後すぐに泣き止んでいますよ

って言われても

やっぱり泣かれると辛いですからね


あとね

これは前回相談した時に

先生にやって欲しいと言われた唯一のこと

それは

 " お手伝い "

うち、お手伝いって殆どさせた事なくて


(お菓子作りとかは たまにやらせるけど)


長男は割と自分でやるんですけど

次男は本当に甘えん坊なのか

自分のことをまったくやらなくて(苦笑)

服も着ないし、靴すら履かない。

ひどい時は靴も自ら脱がないですからね(苦笑)


もちろん、自分でやれるんですよ

保育園では自らやってるそうなので(°_°)

うちの息子達は保育園ではとてもお利口さんだそうで...

うちで爆発 (発散)するタイプね。。

先生がいつも驚く(°_°)


そんな訳で

私的にはお手伝いなんて

とんでも無かった訳なんです。。


お手伝いしない子は学習能力が育たない らしく?

(これは色んな意見があると思うけど)

息子達の役に立つし

毎日お手伝いとして

脱いだ服の片付け・机拭き・食器の片付け

をやらせる事にしました。

服は片付けには入らないかもしれないけど

お手伝いの内容も量も決まってないんですが


帰って着て脱いだ上着はしまう
スモックと靴下は洗濯カゴへ
夕食を食べたら食器を片付ける
食後のお楽しみ(お菓子を食べる)
机を拭く



思ったよりすんなりやってます。

服を片付けるのは面倒みたいで

えーめんどくさい』とか

あとからやる』と言ってやってなかったり

しますが(ー ー;)


なるべく手は出さず

やりなよ〜と言ってると

文句言いながらもやってる(笑)

最終的にやらない時は

明日は自分でやりなよ!

と私がやるんだけど^^;

そこでケンカしながら

やらせるのもおかしいし

ストレス増えるので。

基本、ストレスを減らしたい...w



食器の片付けは慣れたもんですんなり。

机拭きも楽しんで?ます(笑)

張り切って床まで拭いてくれる時もあり。


次男に至っては最近飽きたのか?

拭いてないのに『ふいた〜』と言うことも(苦笑)

え?もう拭いたの? って言うと

ふいてなーい 』とニヤニヤ笑って拭いてますが...

でも私的に

お手伝いって無理やりさせるもの

ではないと思ってるので

適当にやろうが

次男の様にズル賢い事を言おうが(笑)

あ〜そう?ありがと〜 って感じで

無理にはさせないかな。

大切なのはやりたいって気持ちだと思うから。

また大きくなったら違うけど

今は内容よりも習慣が大切だと思ってるので。

でも思ったのは

ありがとうだけより

” ママ助かったな〜 ”

” 嬉しいな〜 ”って

言う方が息子達も嬉しそうなので

なるべくそう言う風に声掛けしたいとは思いました。


一応、毎日ファイルに記入するんだけど

先生にバッチリじゃないですか と

褒めてもらってたので

息子も嬉しそう。


まぁ無理なく

習慣になって

続けることが出来ればいいかな。



この数日で結構成長は感じてますが

1つ出来ることが増えたな

と思うとまた違う悩みが出てきたり

悩みって尽きないよねー


でも共通して言えるのは

その子この子で成長は違うし

大人でも得意不得意はある。

無理させて出来る様になる訳でも無し。

焦っても仕方ない。

ゆったりした気持ちで構えていたいな

それだけは忘れないように

大切にしたいな



昨日の夕飯はチキン南蛮


IMG_6078.JPG

ゆで卵が一つ半熟すぎて

タルタルソースがやたら黄色に

でもチキン南蛮大好きだから幸せな晩御飯だった



話がまた変わるけど

ビーズ作品がひとつ増えました



IMG_6073.JPG


バッグ



小さいけど一応マチありなので中に入ります

パールが2コ(笑)



IMG_6075.JPG



なかなかお気に入りの本に出会わず

ネットでレシピ探しては作ってます。




IMG_6074.JPG


次は何作ろうかな




最後まで読んで頂きありがとうございました(◡̈)
IDUMIさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/01/24 18:16
こんにちは


昨日は次男の個人懇談がありました。

希望者のみなんですが

気になる事もあったので。

去年の夏頃にも少し出た話なんだけど

次男は年齢に対して少し言葉が少ないです。


確かに市の2歳3ヶ月検診の時にも

少し言葉が遅いかな とは言われたけれど

私はあまり気にしていなくて。



検診の時も、保育園の先生も

無理に進める事はないので

" もう少し様子を見ようと思う " の

私の意見でここまで様子見できました。


長男も少し言葉が遅かったけど

今では息をつく暇もない程よく喋るし。

周りにも言葉が遅い子もいたけど
(今の次男の年齢で)

特別なトレーニングをしなくても

今では普通に話しているので

私も "そのうち話すでしょ"

位に考えていて。

こっちが言ってることは完全に理解してるので

ただ上手く話せないだけ。と思って

あんまり心配してなかった。


でも、昨日の個人懇談で先生と話をして

そろそろ検査を受けた方がいいのかな〜と思って。

先生は無理に進める事はないですが

保育園の生活を聞いていると

そんな気になりました。

お友達とも仲良く遊べるし

園生活は問題なく送れているそう。

むしろ家より保育園の方がお利口だと思う(^^;

私がいると着替えとか靴も

私に『 やって〜 』と言ってくるけど

保育園ではちゃんと一人でやるみたいだし。


ただ、言葉がね〜

同じクラスの子達は皆んな優しいので

上手く話せない次男の言葉を

代弁してくれる事が多いらしく。

それ対して次男は

『うん』とか『ううん』で

答えることが多いらしい。

うちでも、とにかく長男が話すので

代弁してる事が良くある。


次男も全く話さない訳ではないけど。


家ではゆっくりだけど

自分のしたい事や

保育園であったこと

自分の気持ちも話すし

彼なりの歌も歌ってる(笑)


ただ、上手く言葉が出なかったり

なんて言えば良いのか分からないことが多く

結構 聞いても

『わかんない』で返すか

あと伝わらなくて怒る事も多い。


私は母親なので

私には分かるけれど

人が聞いたら聞き取れない事も沢山あると思う。


次男が風邪気味だったので

昨日小児科に行ったんだけど

そう言えばその病院で 

発達相談の張り紙を見たなー

と思い出して。


さっそく聞いたら

ちょうど今日

発達相談のカウンセリングが受けられる日で。

早めに仕事上がらせてもらって

さっそく今日、受けて来ました。


簡単な検査を受けた結果

運動能力や社会生活は

特に問題はなさそう。

ただ、やっぱり言語は

年齢より遅れ気味と言う結果に。


まぁ覚悟はしてたけど正直ショック。

この検査は簡単なもので

私が受け答えするモノもあるから

この結果だけでは何とも言えないんだけど。


先生も言ってたけど

お母さんだと客観的に見れてない所はある

って言ってて。

これは確かに。。と思った。

ひいき目で見るわけじゃないけど

"我が子に問題があるかも"って認めたくないしね。


これから3ヶ月間

2週おきに専門の先生に

次男の様子を診てもらう事になりました。

まぁ確かにこのまま特別何もしなくても

そのうち話し始めるかも知れない。

ここ数ヶ月でかなり語彙が増えたし

前より少し長い文章で話す事も増えた。


普通って言葉はあんまり好きじゃないけど

やっぱり平均ってのはあると思う。

たまたま周りでは

言葉が遅くてトレーニングしたって子は

聞いたことが無かったから

私の中では未知の世界。

だから少し怖くて。

検査も現実を突きつけられる様な気がして

正直、気が進まなかったから

受けなかったんだと思う。

でも、昨日担任の先生の話を聞いていて

私の考え方が変わってきて。


私は成長と共に自然と話すようになる

と思ってたし

上手に話せなくても

そんな姿すら私は可愛く思えてしまう。

でもダメだよね〜これ。

上手く話せないって事は

自分の気持ちが伝えられないって事。

言いたい事が言えないってどんなに辛いか。

次男の場合は次男なりに言ってるけど

すべて言えないから

もどかしい気持ちをしてると思う。


小学生になるまでにはあと2年あるけど

これから

お友達との関わりもどんどん深くなっていくし。


当たり前だけど

子供は自分ではどうしようも出来ない。

だからプロの目で見てもらって

次男に合ったトレーニングが見つかって

少しづつでも改善していくなら

そうしていくべきだな と思って。


なにより本人は

一生懸命話そうとしているので。

手助けしてしてやれることは

してやらねば。




朝ごはんはおにぎり率が高い我が家。

息子達に好きな海苔の巻き方を聞くと

長男 左下の無難な巻き方。

通称 普通巻き(笑)

IMG_5408.JPG

次男は 右上の服を着たような巻き方が好き。

これを

〇〇くんは さみーよー 』 がいいと言います。

さみーよー

と言うのは 寒いと言うこと(笑)

保育園のお遊戯のセリフで『さむいよー』

言うのがあったんだんだけど

『さむいよー』を『さみーよー』と言う。


きっと次男には

このオニギリは裸に見えるのでしょう。

海苔を巻いたら 『さむない』( さむくない)

と言うので(笑)



人によって言葉が遅いことは

心配でしかないかも知れない。

でもやっぱり私は可愛いいなと思う。

もちろん心配もあるけどね。


先生も

出来ないことを練習しないで下さいね

って言ってた。

一応、毎日の課題もあるんだけど

それ以外の事は

焦ることも心配する事もない。

言葉については

先生に任せて

彼なりのスピードでやっていければ

それでいいと思う。



*今日ここに書いた事は私個人の考え方です






最後まで読んで頂きありがとうございました(◡̈)
タグ(関連ワード):子供 子供トレーニング
IDUMIさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ