2018/07/31 17:03
こんにちは


今日のタイトルは少し過激になってしまったあせあせ(飛び散る汗)


これ

最近観た映画

ファイト・クラブ(1999)の言葉です。


とっても良かったので

紹介したいな〜と思って。


タイトルだけ見ると戦いパンチ

確かに戦いです。

暴力シーンもあるので苦手な方は

オススメしません。


年齢規制があると思う。
完全大人向け映画です



なんだけど

このファイトクラブは単なる暴力映画ではございません


現代の消費社会を真っ向から否定してる

感じ。




ネタばれ含む










主人公は

大手自動車会社に勤め

彼の仕事は事故車のリコール査定

仕事は安定しているが出張ばかり。


家の家具もスーツもすべて一流品ばかりぴかぴか(新しい)

「北欧雑貨の奴隷だった・・・」とまで


そんな彼の悩みは

不眠症

精神科を受診するが、薬は出してもらえず

先生に自助グループへの参加を進められるのです。



そこから彼は

ありとあらゆる自助グループに通うようになり

感染患者や末期がん患者の

自助グループにまで参加するようになります。


もちろん、彼は癌や死に関わる病気ではありません



仕事と消費で人生の残された時間が減っていくことに

落胆している彼の

生きている感覚を味わえる場所が

自助グループだったのではないでしょうか。


主人公は

出張中の飛行機でタイラーという男に出会います

(演じているのはブラッド・ピットかなりお似合いです)



このタイラーとの出会いをきっかけに

主人公の人生は大きく変化していきます。



というのも、このタイラー

物質主義や消費主義を完全否定しているのですよね



あるとき主人公のマンションが爆発し

彼はすべてを失うのです。



その後、主人公はタイラーと酒場で落ち合うのですが

その会話がね〜

いいのですよ。



主人公は爆発ですべてを失ったけれど


「 たかが "物” だ」と言うんですよね〜


そう たかが物です。


彼は保険を掛けていたので

保険金が下りれば、また買えばいい訳です。


そこでタイトルの

「お前は"物”に支配されている」

という名言が。




たかが物と言いながらも

物に取りつかれ

(実際に奴隷だった・・・と言っているわけだし)

消費社会に苦しめられている状態なのですから。


とっても胸に響いた

というか、刺さった感じ。




以前は北欧雑貨を磨いて

怒りやストレスを発散していた主人公が

ファイトクラブにのめり込んでいくようになり


最後は衝撃の結末爆弾




この映画は見るたびに発見がありそうな感じ。


というか、後半かなり理解に苦しんだあせあせ(飛び散る汗)


それほどのどんでん返し



もう一度くらい見ないと理解できないかもしれない^^;



消費することを否定しているのではなく

幸せや自由を得る為には

何が必要かを考えるキッカケになる気がします。




気になる方はぜひ

おススメですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)




私は、いつになったら

もう十分だと思えるのでしょうか。。。



C55202D0-8A8E-426F-BF27-2D5E132C6AF6.jpeg





ここまで読んでくださりありがとうございました**

IDUMIさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/07/30 13:07

先日

母方の祖母が亡くなりました。



世の中って不公平だと思う



祖父は数年前に他界

二人とも長い間、認知症でした。


どうしてあんなに優しい祖父と祖母が認知症にならなくてはいけなかったのか。

祖母は施設に入って5年

認知症の発症はもう少し前。



自分で身体が動かせなくなり

最後には意思表示すらできなくなって。


そんな状態が何年も何年も続いた



何度か施設に面会に行ったけれど

そこにいる祖母の姿は

生きている 

というよりも

私には

"生かされている"ように見えて仕方がなかった。


どうして人は

あんなに苦しまなくてはいけないのか。



祖父と祖母に認知症の症状が出始めて

施設に入居するまで

本当に大変だったそうです。



いや、施設に入ってからの方が

大変だったのかもしれない


家族は色々な葛藤があるでしょう

本当に辛い選択の連続だったと思います。


人の人生ってなんなんでしょうね。


これは私の勝手な想像と憶測でしかないけれど

祖母は、やっと楽になれたのではないか

と思っています。



身体も心も元気だったなら

ずっと元気で長生きしてほしい。


でも、祖母の話を聞くたびに

生きていることの意味を考えずにはいられませんでした。


色んなことが分からなくなってしまったように思えても

本当のことは私達には分かりえません。


祖母や祖父がどんなことを感じていたのか

私達、残された者は

自分の解釈で捉えることしかできない。



父方の祖母を見ていても思う。

交通事故で足を怪我してから不自由な生活を強いられるように。


父方の祖母は傍に住んでいるので

関わりも多く、その分見て感じることも多い。


この間の旅行の時もそうだったけど

歳を取ること

自分の身体や機能が衰えていくこと


自然なことだけれど、受け入れるのは辛いでしょうね。

みんなの世話にならないかん(世話をかける)

と言うけれど

自分達が子供の頃には

数えきれないほど、手を掛けてもらって

世話をしてもらっていたわけだし。

お返しと言っては変だけど

自然なことです。



私は孫という立場なので

関わり方にもワンクッションある。

それは、祖母からしてもそうで

私達、孫には遠慮もあるんだと思います。


確かに、歳を取ると出来ないことは増えるし

誰かの世話にならなければいけない時は必ず来る。



でも、私たちは歳を取ることは、どういうことかを

直接的な言葉ではなくもと

祖父母や親を通して

教えてもらっていると思うのです。


これが親と子(義理)の関係だった場合

責任も負担も桁違いなので

綺麗ごとでは済まないと思いますが

孫の立場である私は

今、そんな風に感じています。



誰もが通る道です

自然なこと

怖いし、避けたいですけどね

こればかりは仕方がない。



最期の時まで

祖父や祖母たちは身を持って

私達に人の在り方を教えてくれている気がします。










IDUMIさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/07/28 13:37
こんにちは


日間賀島へ行ってきました

C146BE80-B8FB-4EEC-9A54-344436098A17.jpeg

*日間賀島は三河湾に浮かぶ離島 愛知県知多郡南知多町になります


日間賀島へ行くには師崎(もろざき)から出ている

フェリーに乗る必要があり

フェリーは

人のみが乗れるタイプと

車ごと島へ行くカーフェリーがあります。


日間賀島へは何度か行っていますが

車は師崎へ置いて、自分達だけフェリーに乗るタイプ。


今回は父方の祖母も一緒!

祖母は事故で大けがをしてから足が不自由に。

歩くことが困難なので今回は

車ごと乗れるカーフェリーを利用しました車(セダン)船


島に着くまで車の中で待つこともできるし、↑の写真のように

甲板に出ることもできます。


船が出るまで、近くのお店で昼食を

D31C663B-E682-412B-8869-604B095FCD52.jpeg

58AAC757-FE89-435F-A77C-FF4C153401A6.jpeg

時間になったら、車ごと船に乗り込み出発〜!!


普段は極力日焼けしないようにしていますが

せっかくの旅行!

今回は日焼けを気にせずガシガシ遊ぶ!


1日目〜

C917AAA0-9102-41C4-99C8-4E617A04B705.jpeg

92BA84F9-8ED5-49AE-B228-853212A13984.jpeg

奥に映っているスベリ台は自由に使えます。

子供達が行きたいというので、泳いで行ったのに

怖すぎて滑れず(苦笑)

かなり深いですからね〜^^;

55389B20-6B58-412B-B223-1E1613112C99.jpeg

夕方近くまでガッツリ遊んだあとは民宿に戻って

シャワーを浴びてから夕飯。

C47E19C5-4C6F-4C22-AF31-B8B6EDB70ED6.jpeg

子供も大人も豪華〜


でも残念なことに

私は、海鮮があまり得意ではないので

料理 <<< お酒

泊まりなので心置きなく飲めるビール

といっても

その後、子供達をお風呂に入れないといけないので控えめに。

FC18AA88-90C7-464C-9E58-CBA4B1982E26.jpeg

日間賀島はタコ、あとフグが有名なはず?

タコは不漁とかで。

でもこの日の夕飯はしっかりしたタコが!!

273DA0F8-135E-44E0-9B2D-94F842B22AB0.jpeg



・・・・


D86391BB-9E52-42E1-9397-00128C520294.jpeg

こっちみてる・・・(笑)



今回は全部で14人だったので、部屋は3部屋

子供達は自由に部屋を行き来して

修学旅行のようにごちゃ混ぜ 笑


朝、早めに起きてひとり大浴場へ

海沿いの民宿(ほとんどそう?)なので

目の前がビーチ

部屋からもお風呂からも海が見えます。


そこから朝食

5F1190E0-17EE-41FE-BD1B-76CCABABAA45.jpeg

朝から豪華〜

これまた有名な日間賀島の海苔

美味しくて朝からご飯2杯食べました



2日目は、なんとイルカのイベントに参加〜!

(年中開催しているわけではないそうです)


内容によって料金が異なりますが

3種類あるうち

私達は、イルカとタッチを体験しました。


海に(大人で腰辺りまで)入り、目の前でイルカと触れ合うことができます。

目の前でジャンプも

97B06EF9-1CE4-406E-9D62-3FA35F8CFBC1.jpeg


目の前を泳いできてくれるので

タイミングに合わせて何度もタッチできます。

時間は15分〜20分くらい???

91B39FCE-5631-4DB5-A359-5691CE0EC1A3.jpeg

2匹いたのですが

この子たちは普段、南知多ビーチランド(水族館)にいるらしく

夏の間だけ日間賀島へ来て、こうしてイベントをするそうな。

浮きの向こう側にもたくさんのイルカ達がいるそうで

フェリーから見えることもあるそうですよ。


そうそう、イルカってクジラの仲間らしいですね

知ってました?

イルカとクジラの境は大きさで決まるとか。





お昼は海沿いのお店で

デザートのアイスを心待ちにする息子達
6D6B0A58-001C-452A-B5D4-E23C4F65564E.jpeg

4A5C558B-0D4B-47A9-8A8A-978DF0FFD012.jpeg

そこから少し海に入って

B31E75BA-7732-4E4C-BFEF-58F0662A3E1D.jpeg

子供達はみんなに任せ

私は島探索。


が・・・

もうだめかと思った・・・苦笑



妹が朝、島一周ランニングたと聞き

私は軽〜い気持ちで歩き出したのです。


一応、自転車レンタルもあり500円/1台

(子供用、ママチャリあり)

初めは好調でした。

風は気持ちいし、景色も綺麗

F70D5AA5-F185-46F4-894B-FFD966459C09.jpeg

だが

半分も行かないあたりから疲れ始める・・・


ハイジのフランコ

行きたかったのに、探す気力すら無くし看板のみ。

(かなり素敵らしい)

7D99260A-8E51-492A-8E3C-324F13FA0309.jpeg

町、唯一の駐在所(タコ)

98E467EC-42A1-4728-A881-1FB3272D2D60.jpeg

さすが島!という感じ

そして

やっと見つけたタコ!!!!

527081E5-D293-486C-AD57-5B0876625ECC.jpeg

ここで島半分

(この反対側にもタコがいます)



もう、本当に限界で

途中バイクで走っていく地元の人に

後ろに乗せて反対側のタコまで連れて行ってくれ

と何度お願いしようと思ったことか・・・


島唯一の信号機(点滅)らしい

横断歩道もかな?
EA5211D8-FF71-4120-9D55-9A38F3E96837.jpeg

観光客も自転車で自由に走っています


3932CF91-5839-43AD-9699-30CD65EEC09C.jpeg

面白そうなお店を見つけ(寄る元気はないが)


スタート地点のタコを見つけた時には

あーーーーー

着いたーーーーもうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)

と大感動

D3E41F9F-BE83-4A18-9FB5-2B020545A1B7.jpeg

もう帰り支度の時間なので

お土産を買って、みんなで記念のタコ写真も撮りました。


カーフェリーを待って、戻ります

B6182966-4B12-4303-8CD8-F0200347725F.jpeg

ここから家に着いたのは3時間後

(途中、夜ご飯を食べる為お店にも寄りましたが)

高速も少し込んでたし

さすがに疲れた・・・笑


島のりは友達と分けて食べようと思って多めに。

65DEB2A2-9977-4C59-8C35-C3338FAF37E4.jpeg


子供達もそれぞれお土産

私は一目ぼれしたクッキー黒ハート
EEE33F6C-9D85-48B9-932A-6DB60D393401.jpeg


チンアナゴの鉛筆ぴかぴか(新しい)


5420C980-C0C8-4029-846F-805F0F0470BF.jpeg

可愛い〜黒ハート



数年前、みんなで海に行ったとき

子供達みんな海が怖くて誰一人として入らず・・

それが今回はみんな大喜びで

全く怖がる様子もなく。


A1A636C9-ED00-41B6-B50D-65A07CBE0DE4.jpeg

終始、ニッコニコの笑顔で遊んでいました。


連れてきてくれた両親に感謝ぴかぴか(新しい)




日間賀島はとても素敵な場所ですが

台風の時などは心配ですね。

泊まった民宿でもキャンセルと思われる電話が。

(フェリー自体出ないですし)

大きな被害が出ませんように。



ここまで読んでくださりありがとうございました**
IDUMIさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ