2019/03/08 07:00


お立ち寄りありがとうございます

この前は中国の帰省ラッシュについで話しましたが

今日は上海の春節のお話


日本のお正月といえば初詣

それは上海でも同じく

有名なん三大寺は「龍華寺」「静安寺」「玉仏寺」で

大晦日の夜から1日明けまで多くの人で賑わっています

新年の鐘なってから一番目でお線香やろうそくをお供えするのは

日本と同じく初物が縁起が良いということで

もちろん普段より高いお金がかかります

入場料も取られます(今年の龍華寺事前予約では約7000円)

経済発展はバブル真っ最中の中国

お寺まで商業化されたのはちょっと悲しいところです


大晦日の夜ご飯を食べならが家族で中央テレビの

春節聯晩会」(日本の紅白歌合戦に当たる番組)を見て

街のあちこちで爆竹や花火の音を聞くのがもう一つの定番だった

中国は古くから魔除けなどとして、年越しの晩に爆竹を盛大に鳴らし、花火を楽しむ習慣がある

更に年の変わり目の12時前後は爆竹や花火のピーク

その爆音で話し声が聞こえなくなるほどの物でしたが

近年深刻化してる大気汚染の関係と家事などの問題で、花火や爆竹の制限をかけられて

私の実家の都心部は今年から完全に爆竹と花火を禁止された


生まれて初めて爆竹音を一つもない中で新年を迎えた

なんだかあ〜本当にもう7年も経ったね

他では味わえない

私の記憶の中のあのお正月はもうなくなったんだね

と思うと寂しいです…


そして最後にどうして真っ赤な春節で言ったのは

中国では赤は縁起のいい色

結婚式、お祝い事や新年など

よく使われています

71E390F6-12D2-45FB-8774-2D5EAF58239B.jpeg

今回末っ子ちゃんに買ってあげた真っ赤なチャイナドレス風ワンピース

新年の雰囲気そのモノ♡

そして日本と同じく「圧歳銭(ヤースエチエン)」というお年玉があります

それは赤い封筒に包まれる事で

上海では「紅包(ほんばお)」とも言います

A8390E32-C314-42CA-B76E-771B19C84582.jpeg

中の金額は一つ数百元(数千円)から数千元(数万円)のもあります


本当は爆竹や花火の外側も赤色の紙で出来ていて

1日の朝街中真っ赤な絨毯を引いたような光景だったのは

禁止令でこれは見れなくなりましたもう一つの「赤」でした


つづく

今日も最後まで付き合ってくれてありがとうございました

KIN♡

金艶さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/03/07 14:27


お立ち寄りありがとうございます

近日の晩ごはん記録

1D8F4A0D-0DF7-473A-B736-E1D541D168E3.jpeg

漬けマグロ、スパイシーラム炒め、温野菜のオリーブオイル和え、卵ほうれん草スープ

F49E2F6B-A7DA-4D09-A350-3E8D9ADC9141.jpeg

焼き鮭、五目白菜、人参のきんぴら、野菜サラダ

先月の帰省

ようやく落ち着いて書く時間ができました

書きたい事がいっぱいで

とりあえず今日は中国の新年から話ましょう

日本の新暦の1月1日でわかりやすい新年と違って

中国は日本でいう旧正月を新年となります

それで毎年の新年の日は違っていて

正直中国人でもカレンダーを見ないと分からないのは本当(笑)

そのせいで

日本との休み時間がズレ違って

長男の幼稚園に入園してから

実に7年ぶりのお正月帰省

末っ子も今年の4月から幼稚園児になり

多分これからもお正月で帰る機会が滅多にないでしょう


中国の正月の「春節」の名物と言えるのは

桁違いの帰省ラッシュ!

2019年の大晦日は2月4日

中国人にとってその日の夜ご飯は家族全員団欒という特別な意味がある

地方に出稼ぎや学校に通ってる人がその日を家族と一緒に過ごすために

一斉に実家に帰省するため

ものすごい大移動になることに

ニュースの報道では延べ人数は30億人だそうです

1人往復で計算しでも15億人!?

中国の人口は約13億人

つまりその時期は全国民が一回以上鉄道や、バス、飛行機などを利用したことになる

いや〜

東京に来るまでずっと上海で生まれ育ち

中国内の帰省が経験したことない私にとっても

驚くほどの数でした

春節大移動で私の印象は

いつも超〜人がいっぱいでいつも賑やかな上海は急に空いてたでことかなたらーっ(汗)


つづく

今日も最後まで付き合ってくれてありがとうございました

KIN♡


金艶さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2015/02/26 10:41


お立ち寄りありがとうございます


ついこの間は中国の「春節」(お正月)です

海の向こう側に

とても賑やかになってただろうね


日本にいながらも

ちゃんと私の母国の文化も子供たちに触れ合いたいから

旧正月の大晦日の日(2/18)

つまり上海人が言う「大年夜」

出来る限りの範囲で

私の記憶の中の懐かしい「大年夜」料理を作りました

image.jpg

イカと舞茸とにんにくの芽の炒めもの

油爆蝦(上海のえび料理)

口水鶏(中華の蒸し鶏料理)

皮蛋(ピータン)

春巻き

揚げ海老せんべい 

鰹のたたき

大団圆(具たくさんスープ)

image.jpg

上海人の大晦日の晩御飯

毎年「余りますように」で言う意味を込めてるから

必ず魚があります

本当は丸こと一匹のはずだったが

近所のスーパーで調達出来なかったので

刺身で代用しました(汗)


image.jpg

中華は熱々の料理が多いので

その時料理を待ってる間

海老せんべいは子供たちのおやつ代わりです

小さい頃もいとこ達と一緒待ってること記憶がとても懐かしい

image.jpg

具たくさんスープは

鶏を作る時の出汁を使って

厚揚げや、カニカマ、春雨、ほうれん草

そして上海人の定番というほど

卵の餃子は必ず入ってます♡

小さい頃、よくお母さんのお手伝いをして

大晦日の卵餃子はいつも私が作ってました

大きめの金属製のおたまを弱火で熱して

豚の油をひいて

レンゲで溶いた卵液を入れて素早く回して

中に塩コショウでシンプルに味付けした豚挽き肉を入れて

半分折って

餃子の作り方と同じ箸で押して閉じる

image.jpg
image.jpg

卵液の中に少しの水で溶いた片栗粉を入れると

破れにくくになるよわーい(嬉しい顔)

その時中の肉はまた十分火を通して無いため

つまみ喰いしちゃ駄目よ

スープに入れるならそのまま入れていいです

普通に食べる時は

一回蒸して中の餡火を通してからね黒ハート



付き合ってくれてありがとうございました!


金艶さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ