2018/07/20 10:03
EBAEBBDF-5194-478C-8231-A5510C3FE2C5.jpegこの夏、最後の1人の時間。

来週から夏休み。

大げさか。


夏休みの課題は、

夏は、次男はひらがな、カタカナは、なんとか書けるので、単語を書けるように。


あとは、ピアニカの練習と、毎日の夏休みカレンダーのシール貼り。


長男は、1人でご飯食べるを、徹底していきます。
朝は、つい手伝ってしまいがちですが、毎食、
とことん付き合う体制に。

あとは、意思表示を加えたトイレトレーニング

絵カードや、写真カードフル活用。

出来ることとことん増やしていく!

体幹トレーニングも。




ただ暑い暑いと言って、この夏は終わらせない!

と、なぜかメラメラしている親笑笑。


夏が開けて、2人ともの成長した姿を想像するとますますやる気が出る。


普段からすれよ!って、
自分にツッコミを入れる。

夏休みに限らず、

この流れを大事にしていこう



次男には熱中症の教育を1週間言い続けている笑

子供達には、

水分補給はもちろんだけど、
日陰にいくとか、

友達が吐いたり、気持ち悪い様子だったら、
大丈夫と声をかけたり、先生を呼ぶこと!

一番は自分が体調悪い時に、


「気持ち悪い!助けて!!!」


と大人に言う勇気と、塩梅を。

いつもなら、言えると思うんだけど、楽しい環境にいると遊びたい気持ちに負けちゃう次男。

こりゃダメだというボーダーラインが徐々に
分かるように、アニメや、絵カードで五段階で体調の振り分け方を話してみて、


年齢の割に難しい課題だけど、ここまでしないと自分の命を守ることが出来ないんじゃないかってくらい猛暑。

考えなくても、自然と自分の命を守る方に動けるようになってほしい。



長男は、体をピタッとくっつけ、寄り添って助けを求めることあるので、、ほんとわかりにくいそのサインを見逃さなにように。
→暑くて疲れると、、床の冷たさに助けを求めてピタッとなることも笑。




長男みたいに知的障害のある子は、

心と体がつながってない時があって、


本当は、、休みたいのに、、この猛暑公園走り回っちゃうという、辻褄の合わないようなこともある。

分かってあげるって、

親でも難しいー。

わけわからんのですが、彼は、家に居たくないので、

とりあえず、体調崩さないよう、ご飯食べてから、夕方〜夜に、たまに公園にいきます。





彼らの周りには、助けてくれる大人がいると信じて、いつも学校、幼稚園に送り出しています。

一学期お疲れ様。

夏休み元気に頑張ろうね。



きえ



きえさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)
PR記事
2018/08/10 09:39
08DBBF0B-5FC5-4E7F-856E-94BF20C77B1E.jpeg

***口コミサンキュ!からモニター依頼を受け『北海道で親子麦狩り体験』をモニターしました***
C0C56F9A-751D-4A7D-B97F-2DDC3B5CE16E.jpeg
えいっ!

私たちは、
この麦を刈って、この地で、パンやピザを焼く!
とんでもなくすてきな体験をしてきました。

理想は、
自給自足が良い

 
できるとこなら、
地産地消が良い


それでもだめなら、
生産者から直接購入が良い

しかしながら、

都内で暮らす今は、
生産者の顔が見える農作物を
スーパーで購入が、身の丈で。

最近
生産者から遠ざかった生活をしていた気がします



北海道の小麦は、

9月に種をまく秋まき小麦と、4〜5月に種をまく春まき小麦があり、
今回収穫した春まき小麦の特徴は、秋まき小麦に比べて生育期間が短くて

春まき小麦は国産小麦の中では、
パン作りにとても向いているので人気が高く、
需要が供給を大きく上回っているそうです。

この町の小麦も日本一と言われるくらいなので、、

流通先が多く決まっているとか。

 
231047C2-8F9D-48DC-84AD-9869CA0286B5.jpeg
北海道 小清水町

天気に恵まれ、
この青空の下
収穫体験をさせていただきました。

C7DC4285-732A-46E1-8A11-65D53E5F4C1B.jpeg

立派なコンバインですが、これはまだ小さい方で。
もっと大きなコンバインで収穫することもあるそうです。
0FDBD04C-B0C7-4BBF-A032-052DD9DF8013.jpeg
子供達も体験乗車し、満面の笑み。

おっかなびっくりしてる顔と、ワクワクドキドキした笑顔でした。


今回今井ファームの方々にお世話になりました。

ジャガイモやほかの農作物も作っていて、、
身近なところでは、子供たちが大好きなポテトチップスにも使用されています。

298DA1DB-51E6-4557-B03B-2C01067068F2.jpeg
子供たちの手元には、先程コンバインで刈った小麦
AC76D8E4-785C-4729-971D-DB0F44501B12.jpeg
手を埋めて、この感触をたのしんでいました。
E24A30B2-2D51-4C27-BE8A-1097283BC9D3.jpeg
麦畑で大はしゃぎ。

ふっかふかの麦のベットに飛び込んだり、
集めたりの繰り返しで、

F7679F18-299B-4991-85F2-E9B9BB03E3C5.jpeg


操縦席から見える景色や、
2DCB9072-A324-4948-94D2-270A46A3BF40.jpeg
背丈くらいの麦畑を、どこまでも駆けていった今日を忘れないでほしいなぁ。
と、
231047C2-8F9D-48DC-84AD-9869CA0286B5.jpeg
そして
この金色の麦で翌朝には、とってもおいしいパンができました。

先程調べたところ、
ふるさと納税でもこちらの小清水小麦
春よ恋を納税品にしていました!

小清水の小麦粉100パーセントのものは、
なかなか手に入らないようなので、
購入検討しています。

生産流通の履歴を管理し追跡できる仕組みをトレーサビリティというのですが、

BSE問題に始まり、食品の安全性、もし何か起こった時の原因追求がしやすい体制が組まれるようになりました。



安全性と信頼って無条件にもらえるもだとおもっていたけど、
こちらから歩み寄ることも大切なひとつかな。

生産者がどういう想いで農作物を作っているか
今井さんはとっても、真剣に話してくださり、、
そして

プライド・オブ・小麦

小麦への誇りと自信を感じました。

私はこの生産者と土地と農作物に深くかかわるほど、
いろんな体験を重ねるほど、

愛着と誇りを感じるようになりました。

そういう想いも

農作物とともに流通してるのかな。

次男は、大自然と、今井ファームの子供たち、一緒に行ったサンキュ!ブロガーの子供たちと、
駆け回り

たくさんの楽しいこと、おいしいこと、新しい体験の、

刺激が多い日だったので、

1日目は、10秒で寝ました。

自ら、寝床に行き倒れていたという、、。


今回案内してくれた今井さんのご自宅にも
行かせてもらい、親子ともどもお世話になりました。


素敵な家で、
大自然で、
おいしい食材と、
のびのびとした子供たちの姿…
どこまで庭?w

ないものねだりが、

ここまでくると、、
私たちは、私たちの生活で満足できるよう

頑張ろうと、素晴らしく心から透き通りました。

そして、生産者の生業を心にとめて。



私と子供たちの会話に、


「今井さんちの小麦のパンだよ!おいしくたべましょう。
いただきます。」



と、言うことで、親近感をつたえれるかな。

子供達には、生産者という言葉ではなく、近所のお兄さんくらいの距離感で。


次回は、そんな丹誠込めてつくられた小清水100%の小麦を使ってピザ作り。

パナソニックのホームベーカリーの生地8分でできあがるスピードコースを体験。

商品はこちらでご確認できます。

すごい機能満載で驚き!!

ホームベーカリーの、小麦付き、レンタルサービスもあるみたい。

やってみようかな

595EE4BD-14C9-485F-BA44-55DE0A6D7851.jpeg
自分たちで刈った麦を、

ドライフラワーに。

***この記事は編集部の依頼によりモニターとして書いています***
***掲載の体験談は個人の感想です***


きえ
きえさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える