2019/06/20 09:00

☆★ お立ち寄りありがとうございます ★☆

うちの両親は銀行員でした。

そう言うと、多くの方に『だからお金のやりくりが上手なんですね』と言われます。
(※まだまだ貯め上手さん達とは程遠いのに恐縮ですあせあせ(飛び散る汗)


違うんです。

逆なんです。

お金について、何も教えてはもらいませんでした。

おかげで(?)私は消費者金融からの借金、姉はショッピングカードローン、

それはそれは散財しまくる超浪費家姉妹でした^^;



父が家計を握っていたようで、

母は毎月父から渡されるお金でやりくりしていたようです。

いくらもらっていたのかはわかりませんが、いつも『お金がない』とぼやいていました。


その言葉をそのまんま素直に受け取っていた私は、『うちにはお金がないんだ。貧乏なんだ。』と思い、

欲しいものを『欲しい』とは言えなくなっていきました。

いつも洋服はお下がりだし、事あるごとに『お金がない』と言われて育っているわけですから、

心の中に抑圧した気持ちがあったんでしょうね。

大人になって自分で稼いで自由に使えるとなったらもう、止まらない欲・欲・欲の嵐。

漠然と【お金が欲しい。お金があれば幸せになれる】と思い込み、

とにかく大金を手に入れたいと考えていました。

結果、借金地獄へと墜ちて行ったわけです(汗)


その時の両親には両親の考えがあったのだろうと思うし、それを否定するつもりもありません。

実際、姉は大学、私も留学までさせてもらえ、何不自由なく育ててもらったわけですから、今となっては感謝しかありません。

そこから学び取らなかった私の学習能力の低さが一番問題だったわけですが、

自分の体験や感じていたことを踏まえて、

私は子供たちにはお金の教育はしっかりやろう、と思いました。


そして、メリハリのあるお金の使い方を身に着けられるように育てよう、と思っています。


ただ、どういう風に金育をすれば良いのか、

他人様とお金の話をするのはタブーであるような風潮の中育ってきた私にはなかなか道しるべがなく・・・


そんな中で、図書館の児童書エリアで見つけたこちらの本。

20190620072553.jpeg


子供に読みやすく作られていますが、大人も一読すべき本だと思います。

自分が子供の時に出会いたかった本だなぁ、と思います。



  • どうしてお金が生まれたのかなどの簡単な経済の話から、
  • お金に振り回されない生き方をする上での考え方、
  • 安物買いの銭失いにならないための【コスト意識】、
  • 生きていくために1か月どれくらいのお金がかかるのかなどのお金のやりくりの仕方、
  • 稼ぐ力の身につけ方、


などなど。

一見すると、子供にはまだ早い話かな?と思いますが、子供が納得しやすいように書かれています。


どうして勉強しなければならないのか?という答えまでしっかり書かれています。


私自身がこれまで貯まる家計について試行錯誤してきた中、

やはり一番大切なのはテクニックよりも、【マインド】だな、と感じています。

こちらの本もマインドを中心に書かれているので、

自分が貯められない、どうしても浪費してしまう、と悩んでいる方にもぜひおススメしたい一冊です。


子供たちだけでなく私も、将来うまい話しに騙されて詐欺に合わないように。

メリハリのあるお金の使い方ができるように。

目先のことばかりに惑わされず長期的に考え、その先を想像できる人間になれるように。

我が家の金育を後押ししてくれる素晴らしい本でした。


Nagomyさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/05/12 06:00

☆★ お立ち寄りありがとうございます ★☆

先日、6歳の誕生日を迎えた長男


2019-05-10_20.23.11.jpg

毎年思っていること。

そしてこの先も毎年思い続けるんだろう。


生まれてきてくれて、私をママにしてくれて、本当にありがとう。


 * * * 

子供たちの誕生日、我が家では夫婦で役割分担をしています。


夫→ケーキ担当

私→プレゼント担当


ケーキ担当の夫は自分のおこづかいで手作りするケーキの材料を買ってきてくれます。

ケーキ分がないおかげで、私は予算の全額をプレゼントに充てることができます。

プレゼント予算は特別出費用積み立てに組み込んでいます。


その誕生日プレゼント予算も、1人3,000円ととても高額とは言えません。

それでもなるべく、本人の希望のものをプレゼントするようにしています。

幸い、おもちゃはじぃじ(夫方)が毎年プレゼントしてくれるので(もはやおもちゃ=じぃじ担当w)、

私たち夫婦からはおもちゃ以外のものを。


今年は大好きなおしりたんていの絵本と最近ハマり始めたかいけつゾロリの絵本を。


2019-05-11_23.26.20.jpg

毎週土曜日の朝アニメが放送されているので、まだ知らないお話をチョイス。

1日で1冊読み終えるほどの集中力に我が子ながら脱帽します。

そして、そこまで食い入るように読んでくれているのを見ると、プレゼントした側も本当に嬉しいですね(*´▽`*)


今回はアンケート謝礼などで頂いた図書カードが大量にあったので、

予算の3,000円はまるまる残りました。


余った分で何か別のものを・・・とはせず、そのまま特別出費用積み立てに残しておきます。

お祝いの時くらいケチケチしたくはないですが、過剰にプレゼントをするのも違う。

ケーキは手作りで確かに安上がりだけど、その分愛情たっぷり、リクエストに応えて大好きないちごもたっぷり。

お金をかけなくても家族を笑顔にする方法はいくらでもありますね。

Nagomyさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2016/09/01 15:23

☆★ お立ち寄りありがとうございます ★☆

今日から9月ですね!

1ヶ月ぶりの小学生たちの登校中の笑い声や話し声が、
我が家にも新しい季節が来たことを知らせてくれました♪


 * * * 


一時中断していた保険の見直しに伴う、子供達の教育資金の準備についての続きを書かせていただこうと思います。


今までの教育資金や保険の見直しに関するブログはこちらからどうぞ
↓↓↓

保険見直しその後@ http://39.benesse.ne.jp/blog/1674/archive/464


保険見直しその後A教育資金編



迷いに迷って、やはり長男くんの教育資金も積立投資信託で用意していくことに決めました☆


P_20160206_111134_DF.jpg


勉強すればするほど、

15年先に向けての貯蓄ならば、

時間を味方に付けて、

ドルコスト平均法が極めて有効になる、

積立投資信託を利用してでの準備が良いのではないか、

と判断しました。



その会社にもよるのだろうとは思いますが、

私が利用しているところは、

あのリーマン・ショック直後から10年間積立てた人でもマイナスにはならず、

約1%の平均利回りで運用できているとのこと。

リーマン・ショック直後からでも、今の銀行よりも良い利率で運用できたという過去の実績があるわけで。


この先リーマン・ショック級のことが起こるか起こらないかは誰にもわからないけれど、


お金にも働いてもらいながら積み立てていくことに決めました。


もちろん、これだけでは不安なので、

児童手当は子供達の預金通帳&定期預金で手堅く貯めていきます。


・積立投資信託
・児童手当を定期預金

この2本立てで、

1人約400万円くらいは用意できる。。。ハズ。



知れば知るほど教育にはお金がかかりますね^^;


幼稚園にするか、保育園にするかも年間通してのお金の動きなんかも計算してみたりして。


やっぱ我が家は幼稚園は無理かも(;´Д`)


年子で幼稚園通わせているお宅ってどうやって捻出しているのかしら(;´Д`)??


知っていたら誰かおせーてぇー(;´Д`)


☆★ 今回も最後までお付き合い頂き、ありがとうございます ★☆

励みになりますので、下の【サンキュ!】ボタンをポチッとして頂けると嬉しいです♡
Nagomyさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ