2017/10/22 14:21
来年の家計簿を購入しました。
今年もフルカラーなのに、298円♪

過去のデータを元に予算たても楽々。
1ヶ月6ページで完結するシンプルさが気に入っています。

20171022133046_IMG_0679.JPG

私は10項目を

食費
住居費(掃除用品・日用雑貨)
衣類費(下着・仕事用服・衣類用洗剤)
教育費(子供関係全般)
保険・衛生費(医療費・スキンケア品)
教養費(セミナー代や学会費など)
公共費(町内会費など)
娯楽費
車費(ガソリン代・車維持の経費)
その他

の順に分けています


少し前、夫から「どうしてこんなに残金が少ないんだ」と、遠まわしにやりくりが下手だと言われた事がありまして。
カチーンときたんですが、深呼吸をして(笑)家計簿の月間集計と、収入の表を見せて言いました。
「使ったお金は普段とさほど変わりません。ただ、この月と先月は収入がいつもより少なかったんです。」
男は数字で黙ります。
家計簿のおかげで、無駄な夫婦喧嘩は回避。


振り返ってみると、生活レベルは以前と変えていないので、先取り貯金はもう少し増やせそう。
夫と話し合ってみよう。
年齢を重ねると、所得が増える家庭は多いと思います。
生活レベルを変えなければ、その分貯蓄は増やせます♪


過去の家計簿を見返す事も、面白いです。
あの時はあんな事があったから、これだけお金を使ったんだな。
その後反省しているから、食費は抑え気味になってるね。

IMG_20171020_073047_822.jpg

今は絶賛反省期です^^;
青紫蘇がないから、きゅうりとピーマンで緑色・・・のつもり。
大人弁当なので、ミニトマトも入れません。

家計簿はつけるだけではなく、振り返るとお金の流れを知る事が出来る。
無くても家計はまわせますが、あった方が先々の予測が出来る。

新しい家計簿は、ふるさと納税を記入するスペースがあります。
税金関係は強くないので、夫任せ^^;
節税は出来ているようですが、いくらなのかは把握出来ていません・・・汗
ブログのネタついでに計算してみようかな。。。

お付き合いいただきありがとうございました。


tokotokoさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)