2019/01/12 19:56
フランス第二の都市リヨンはフランス国内から見れば大きな街ですが、東京から来た私にはとても小さな街。

地下鉄はAからDの4本のみ。その代わり路面電車とバス路線がとても多いのが特徴。

市内と郊外だけの移動だったら乗車料金もほぼ一律2ユーロ以下。
「ほぼ一律」。
というのも、バス内で買う料金と自動販売機で買うのでは料金が異なること、そして10枚セットの回数券も一般、学生、子ども3人以上の家族によって異なるから。

普通のチケットを1枚買ったら1.90ユーロ。
うちの場合は子どもが3人だから10枚で12.60ユーロ。1枚あたり1.26ユーロ。
チケットはメトロか路面電車の駅で購入可能でバス停では買えないのできっとバスに乗る人たちはみんなチケット又は定期を持ってるのが当たり前なんだろうなぁ。

そんな感じで異なる料金。

一度チケットで入場したらそこから1時間有効で、乗り換え自由。

面白いシステムですよね。
パリも似たようなシステムだけどパリは郊外が広い分、ゾーンわけされてて、ゾーンをまたいでの移動は値段が上がるようです。

今日は郊外へ行くので私はバス停へ。
大きなバス停は電子表示がされてて先発、次発が何分後に来るかわかります。

9B769C8A-8D36-44A3-9648-33DC8511708F.jpegFC93A153-DC64-4EB2-8B56-1ADD52768236.jpeg

バス停にいれば止まってくれます。

ちなみに、アイルランドやイギリスでは乗りたいバスに指を指して停止希望の合図を出さいとスルーされてしまいますから同じヨーロッパでも習慣が異なるものです。

バスに乗ったら手持ちチケットを機会に通すと時間が印字されそこから1時間有効。


最初越してきた頃はチケットの買い方もわからないし、どのバスがどこに行くかも分からなくて敬遠してたけど慣れるとチケット1枚でどこでも行けちゃうバス。


半年経ってだいぶ慣れてきた〜、と感慨深い思いです。



あ、降りるバス停が近づいてきた!

降りまーす!
渋谷圭子さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2019/01/12 03:49
えーっと…

どなたなご存知だったら教えてください。

これって馬糞ウニ…でしょうか。。

D3F5F470-BB29-4397-94C1-521A1D46B643.jpeg

知らんっ!

って思った方。私も仲間です。


なぜかスーパーにこのまま売ってました。

フランス人ウニ食べるの!?

ってか、このまま売ってるってことは普通捌き方を知ってるの、フランス人!?


謎の国おフランス。

とりあえず私は東北の漁業組合の方のYoutubeで捌き方を学びなんとかことなきを得ましたが。

Toutubeありがたし!
21世紀で良かった!!

EF259340-3EBF-42CF-9F37-2E048EE6BBDF.jpeg
最初の1個目はジャリジャリが入ってしまったりして磯臭すぎましたが。

残り二つは無事!

そしてこの身の少なさ!泣
労働対価に見合わないほどのスズメの涙!

でもいいの、美味しかったから!


大晦日に人生初めてウニを剥いた2018年でした。


どなたかこのウニの種類がわかりましたら教えていただけると嬉しいです。
(*・ω・)ノ


白と紫のウニなんて初めて見た…
ウニまでオシャレなんか、フランス!
渋谷圭子さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2019/01/11 05:30
2019年も明けましたね〜。
2018年は急にアメリカからフランスへの引越しが決まり2ヶ月で準備を終え、新生活にバタバタとした慌ただしい年でした。

年末年始はどこにも行く予定がなかったのでだいぶ落ち着いて少しのんびり出来ました〜。


新しい土地で入手できる材料も違うので今年はおせちあんまりたくさん用意出来ないかも(´;ω;`)


と思ってましたが、意外となんとかなっちゃいました!



1691964E-34F7-4185-B615-995083200B95.jpeg

海外暮らしも8年目となると、だいぶアレンジが効くようになって来まして。


鯛→鯛っぽいけど本当に鯛なのかは不明。笑

菊花かぶ→ラディッシュですけどなにか。笑

のし鶏→ケシの実ないし、まーゴマで良くない?白黒で市松模様だ!笑

田作り→煮干しです。正直塩っぱかった!泣

からすみ大根→え!フランスにもカラスミ食べる習慣があるのね!驚

いくら→アルミ缶に入って売ってて中の鮮度がわからないロシアンルーレット。笑

うに→馬糞ウニっぽいのをスーパーで買ってきて自分でさばく。人生初体験。
1722B512-19E6-4D50-8E46-4FF894527B8E.jpeg

と、まぁ色々なエピソードの見え隠れするおせち料理ですが、大事なのはお祝いする気持ちですよねッ!?


新しい国に来て半年でこれだけ作れた自分に実は感動した私です。

あ、ただの自己満ですからスルーしてください。笑

028E1AA4-D4E2-4507-9F06-DC206A03AB7D.jpeg

子どもたちはなんやかんやおせちのお祝いムードに乗せられて楽しんでくれてたのでそれが一番嬉しいことです。



今年もマイペース更新ですが、どうぞ皆さま本年もよろしくお付き合い下さい♡


渋谷圭子さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ