2018/09/29 17:22
地元のインターナショナルスクールへバスで通学する長男。 
バスは一応公共バスであるものの、学校行きのバスで乗るのは殆どが学校の生徒かもしくは保護者のみ。

 そのためバス停に行くと近所に住んでる同じ学校の生徒たちがたくさん。 

 日本語、英語を含む9つの言語のクラスがある学校のため生徒の国籍や話す言葉もマチマチ。 

バス停は国籍、年齢問わず十数人が入り乱れ。 

そんな毎日の光景でおなじみなのが、 

『ダルマさんがころんだ』。


 
469D105E-6F9B-4087-8258-210DFCF561AA.jpeg 

日本人にはもちろんおなじみな昔ながらの遊びですよね。 

でも実はフランスにも同じ遊びがあるんです!!

 『1、2、3、太陽』 


 という内容のかけ声で、オニが振り向いたら止まる。 

日本と少し違うのは、動いてるところをみられた人はまた降り出しに戻るところ。

 オニにタッチ出来た人が勝ち、のようです。


 6F359723-7A98-4B73-A866-85C0AE7C977B.jpeg
下のチビ助もお兄ちゃんたちと参戦。


 …全然ルールわかってない。笑 


 この日は日本人の子たちばっかりで日本流。

 言葉が違っても、共通点て色々あるんだな、と教えてもらいました。
渋谷圭子さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)