2019/02/06 00:45
1月のある水曜日。
娘と夫の3人でフランスは地中海に面した街マルセイユへ行ってきました。

14F1E171-146C-424D-A6A6-D275429D4C58.jpeg

目的は娘のパスポート更新。

日本のパスポートは私たちの住んでる街でも出来るはずですが、今回はアメリカのパスポート。


私たちの住むリヨンからは電車で直行2時間の距離にあるマルセイユ。


15627B88-EDBA-4B77-8F7F-ED03FFDE4F98.jpeg

2階建てのTGV(フランスの新幹線)です。

7F41967E-3393-423C-B3F2-3011B4D50485.jpeg

行きは安い指定席を取ってみました。

フランスは日本の新幹線のように席の向きは変わらないようで、いくつかの対面座席と後は同じ向きを向いた席がズラーっと。

リクライニングしない席だったので正直あまり快適ではないですが、2時間はあっという間。苦にはなりません。

終点のマルセイユでおりると電車はパリ行きになって乗客がすぐに乗り込んできました。

日本のような車内清掃はないようです。


次は地下鉄で目的地まで。

F3CA4919-17B7-4DB6-92E2-1AFA3A343628.jpeg

マルセイユの地下鉄は2本のみ。
M1(青)とM2(赤)。


何も調べて来なかったけどパスポートの予約時間まで時間もあるしとにかく海の見えるところへ向かうか…

と青いラインにのりVieux port駅へ。


降り立ってびっくりしたのは地下鉄の駅で磯の香りがすること!

そしてさらに地上に出て驚いたのは、海が目の前だったこと!!

ACA8903C-77F6-4F6E-9A03-D8018C7F41E5.jpeg


いくらなんでもこれは近すぎやしないか…


C5FA295E-5301-4CA7-AA4A-2D977B433782.jpeg

そして海辺ではとれたての魚をその場で販売してる地元の漁師たち。

あーマルセイユって感じッ!

そして観光客と見るや否や、君は美しいだのお店に寄って行きなだのなんやかんやと囃し立てられるのもマルセイユっぽい。

(他のフランスの都市ではあまりそういうことは見かけないんです。観光地に行かないから?それとも私が観光客っぽくないからかな?)

75AAA255-D23A-45CB-981D-3E40426496B3.jpeg

9B62873C-FC75-43AA-BF30-C68D6789E5BF.jpeg

美味しそうなお魚たちに
『次回はクーラーボックス持って来よう!』
と決意。


776F3BBD-FF31-45A1-9E78-0E53DDC864D8.jpeg

その後街をぶらぶらっと歩いてパスポートの手続きを済ませ向かった先は丘の上に立つノートルダム聖堂。

D778BF9C-0457-4118-9F2F-7ACD9C3B4921.jpeg

いえ、実際には上まで辿りつけませんでした。

0B46DE1A-DF33-4B40-A8D5-C3A3A5F950E5.jpeg
こんな風に街は坂がたくさん。
ヒールで行くのはあまりオススメ致しません。

バスで行こうかと思ったのですがちょうど前のバスは出たばかり。
日帰り旅行で時間もタイト。
なので入り口の門の辺りまで。

でもそこからでもとても綺麗な景色が広がっていました。

F766767E-FD39-4FE3-A227-9E4C37A95A4E.jpeg

オレンジ色の屋根はリヨンもマルセイユも同じなのね。

初めて眺める地中海。
曇天なのが残念だったけど、それでも十分な景色でした。

正直マルセイユのこの景観は100%美しいかと言われると、一瞬口を噤んで考えてしまうもの。

あまり整備された街並みではなく遠くから見ても雑多な感じ。
でも逆にそれがマルセイユっぽさというか。

色んな国、文化、歴史が絡み合って出来上がった街だからこそのマルセイユ。

それはそれでとても魅力的でまたマルセイユの魅力を発見しにきたいと思わされました。


さて、交通&街並み編はここまで。
続編はまた近々。
渋谷圭子さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/01/12 19:56
フランス第二の都市リヨンはフランス国内から見れば大きな街ですが、東京から来た私にはとても小さな街。

地下鉄はAからDの4本のみ。その代わり路面電車とバス路線がとても多いのが特徴。

市内と郊外だけの移動だったら乗車料金もほぼ一律2ユーロ以下。
「ほぼ一律」。
というのも、バス内で買う料金と自動販売機で買うのでは料金が異なること、そして10枚セットの回数券も一般、学生、子ども3人以上の家族によって異なるから。

普通のチケットを1枚買ったら1.90ユーロ。
うちの場合は子どもが3人だから10枚で12.60ユーロ。1枚あたり1.26ユーロ。
チケットはメトロか路面電車の駅で購入可能でバス停では買えないのできっとバスに乗る人たちはみんなチケット又は定期を持ってるのが当たり前なんだろうなぁ。

そんな感じで異なる料金。

一度チケットで入場したらそこから1時間有効で、乗り換え自由。

面白いシステムですよね。
パリも似たようなシステムだけどパリは郊外が広い分、ゾーンわけされてて、ゾーンをまたいでの移動は値段が上がるようです。

今日は郊外へ行くので私はバス停へ。
大きなバス停は電子表示がされてて先発、次発が何分後に来るかわかります。

9B769C8A-8D36-44A3-9648-33DC8511708F.jpegFC93A153-DC64-4EB2-8B56-1ADD52768236.jpeg

バス停にいれば止まってくれます。

ちなみに、アイルランドやイギリスでは乗りたいバスに指を指して停止希望の合図を出さいとスルーされてしまいますから同じヨーロッパでも習慣が異なるものです。

バスに乗ったら手持ちチケットを機会に通すと時間が印字されそこから1時間有効。


最初越してきた頃はチケットの買い方もわからないし、どのバスがどこに行くかも分からなくて敬遠してたけど慣れるとチケット1枚でどこでも行けちゃうバス。


半年経ってだいぶ慣れてきた〜、と感慨深い思いです。



あ、降りるバス停が近づいてきた!

降りまーす!
渋谷圭子さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/10/26 10:02
こんにちは!お久しぶりーな投稿です!反省。

9月末から3週間ほどアメリカから日本へ一時帰国してました!
久々に帰った日本は変化が目覚ましくて、ちょっとした浦島太郎気分を味わってきました。

私の実家はJR中央線沿線にあるのですが。

「え?車両10両だった!?」

から始まり。

スーパーでの「ビニール袋はいいですかー?」

の意味がわからなかったり。笑

「え?いいって、どっち?入れてくれるの?え、あ。いるか、いらないか?いります。え?6円?」

なんて、主婦のみなさまには基本過ぎて笑っちゃいますよね。

バスや電車の路線だって昔はぜーんぶ頭に入ってたのに、今じゃ右往左往。

街中で外国人観光客がガイドブックとにらめっこしてるのをみると、

「あー、仲間だわ。」

と思ってつい

"Do you need a help?"

などと声をかけてみる割に、私も地図を見ながらうんうん唸ってみるとか。笑

まぁ、いろいろな面白い経験をして帰ってきました。

金沢へ家族で温泉旅行へ行き、東京ではとにかく人に会いまくって、楽しい旅だったな。

集中して旅ブログをアップしたいと思いますので、お暇な方はどうぞお付き合いお願いいたします( ´∀` )

DSC04692.JPG

渋谷圭子さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ