2016/01/22 18:15
こんにちは。



サンキュ!の節約特集で

よく載る悩みに

『夫が無駄遣いして困る』が

ありますよね。

image-037e7.jpeg



我が家の夫も

昔は散財タイプでした。




個人年金に加入したり

損をしない程度に株を持ったり と

きちんと財産管理が出来る反面


好きなブランドの服は

Tシャツ1枚1万円の商品だろうが

値札も見ずにカードで買ったり


出掛ける度に甘いモノを

買い食いしたり    と



先取り貯金が出来ていれば

残りは後先考えずに

何にでも使っちゃうタイプ。





結婚して、お金の管理を

私が担当してからは

お小遣いの範囲で

やりくりしてもらっていますが



お出掛け先で

「甘いもの食べたくない?」と誘われて

私も食べてしまうと

家計から出すことになるので



そういう時は


「私と娘は晩御飯食べられなく

   なっちゃうからいいよ。

   パパが食べたかったら

   買ってもいいんだよ」と


ニコニコしながら言います。


暗に小遣いから出せアピールです。





服の時もそう。


「まだ着られる服がいっぱいあるから。

   パパは欲しかったら買っていいんだよ」




そうすると

1人だけ買うのが寂しいのか

「う〜ん、やっぱいいや」と

なります。



あくまでニコニコ顔で対応。





「お金が無いから

   節約に協力してよ」は禁句。


夫のプライドを傷つけるから。





そして


『夫が頑張って仕事をして

   沢山の給料を

   持ってきてくれるおかげで

   私と娘はお腹いっぱい

   ご飯が食べられるんだよ。

   ありがとう(*^_^*)』と


いつも感謝の気持ちを

言葉にしています。



そうすると

「俺、すげーじゃん!」となるので



そのタイミングで

「半年以内に掃除機を買い替えたいから

   やりくりに協力して欲しいな☆」と

あくまで下手に出てお願いすると



「わかった!僕も頑張るよ( ´ ▽ ` )ノ」

と単純な夫は協力態勢になってくれます。




このお願い、

いつまでに何が欲しいか

予算も含めて具体的な提案をした方が

夫もイメージしやすいらしく

効果的でした。






こんな感じで3年も経つと

やりくりする事が普通になるらしく

こちらから言わなくても

やりくりに協力してくれるように

なりました。











ψ(`∇´)ψ

わりと したたかな女です(笑)







***最後まで読んでいただき
         ありがとうございます***
***サンキュ!の応援クリックを
         していただけると嬉しいです***
ここゆきさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)