2017/06/23 08:00

よく、娘は幼稚園から折り紙の作品や
木の葉っぱなどを持ち帰って来ます。


作品といっても

工作として作ったものではなく

多分 自由時間に遊びで作ったもの。



いつもは頂き物のタオルの空箱に

ポンポン収納してます。

蓋を閉めれば見た目はスッキリ╰(*´︶`*)╯


IMG_1560.JPG

オモチャ棚に置いて

娘が好きに中身を出せるようにしてます。



(ちなみに幼稚園の課題で作った作品は

上記とは別に作品ボックスを用意して保管中。

卒園のタイミングで整理する予定です。)




1つ1つは小さな作品でも

それらを全部取っておくには

膨大な量なので

定期的に“要るモノ・要らないモノ”に分けて処分し、

増えすぎるのを阻止しています。

IMG_1559.JPG



新しいオモチャには執着しない娘ですが


一度手にしたモノは

たとえドングリ1個、破れた折り紙1枚でも

娘にとって宝物のようで


失くしてしまうと

「アレがないよ〜。゚(゚´Д`゚)゚。」と泣くほど

思い入れがある模様。


でも作品が増える一方では

収納スペースが幾らあっても足りない(>_<)



そこで、蓋が閉まらないくらいに

中身がパンパンになったタイミングで

「これ以上入らないね。

   要らないと思ったものを処分すれば

   新しい作品が入るよ」と

お片付けを促す事にしたら


『どうして捨てる必要があるか』を

自分なりに理解したらしく

積極的に要不要を自分で判断して

不要分を処分してくれるようになりました。


しかも「これは要る。これは捨てる。」と

分類するスピードが速い!

損得を考えないから即決出来るのかな〜。



時々

「えー!それ捨てちゃうの?」とか

「さすがにそれは捨てようよ」と

思うモノもありますが

でも、せっかく娘が自分で考え

自分の基準で分類しているので

そこは一言言いたくてもグッと我慢(๑`^´๑)


さすがにカビが生えて虫がわきそうな

見た目からアウトなドングリの瓶詰めは

「これは捨てて〜」と頼みましたが(苦笑)





要不要の判断は

将来、色々な選択肢の中で

どれを選べばいいのかわからない時に

役に立つと思うので

これからもモノを大切にする心と

バランスを取りながら

断捨離を続けていきたいと思います(*´∀`*)














***最後まで読んでくださり
         ありがとうございます***
***サンキュ!の応援クリックを
         していただけると嬉しいです***

ここゆきさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)