2015/12/25 01:38
ライフオーガナイザーの山崎希巳枝です。

Simplogというブログサービスで、独自に作ったハッシュタグ『おうちの美化委員』をつけて、毎日投稿しています。

片付けや掃除のお題を一日ひとつだけ投稿。

計画性のないわたしは、ぐるりと部屋を見渡して、「あ!今日はここにしよう!」と気が向いたところを掃除。

汚れた画像を載せるのが好きではないし、途中経過も撮らず、ビフォー・アフターではなく、きれいになったよ(・∀・)
と仕上がりの画像と、かんたんな文章で投稿。
掃除の手順もほとんど書かない。

きれいになった!嬉しい!という気持ちだけ伝えたい。
当時、フルタイム勤務で、片付いた部屋画像を毎晩投稿できたのは、

●共有の場所には小物をたくさん置かない。
 (掃除がラク)
●インテリアカラーは3色まで。
 (見た目がくどくない)
●ものを並べるなら奇数で。 
 (整って見える)

なるべくこのようにしたからだと思います。
そして、いちばん効果があるのは

●ブログに投稿する。

これです!

わたし自身、投稿することで以前より部屋がきれいになりました。

ブログにまめに投稿する習慣があれば、お部屋をきれいにしたいという意識が高まり、自分の好きな空間に近づきます。

自分の部屋を、写真で客観的に見ることも大事だし、フォロワーさんからアドバイスや励ましてもらえることもあるので、おすすめです。

仮にアドバイス通りにやって、もし違うなぁと感じたら、「これは自分には合わないことがわかった」というのもこたえのひとつだと思います。

来年から!と言わず、今すぐ部屋中の写真を撮って記録に残してみませんか?

来年の今日は、見違えるほどお部屋がきれいになっていると思います。
美化委員キミーさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2015/10/03 16:00
片付けサークル『おうちの美化委員』の10月の週末お題が
【衣類を管理できる女になろう】なので、
管理したいと思います。

わたし専用クローゼットは、この賃貸マンションに最初から作り付けられている
幅90cm×奥行60cmの片側折れ戸タイプ



ここには、
@今着る衣類
Aオフシーズンでも年中吊るしておきたい衣類(コート、喪服)
B予備の傘
Cアイロン台
D飾っておきたいもの
を入れています。

まずは全部出して掃除機をかけました。



クローゼットに収納されていた衣類のみなさま。

あなた達のおかげで、私は暑さ寒さをしのげるし、
あなた達を身にまとうと、公然わいせつの疑いで逮捕されることがなく
平和に暮らすことができています。




感謝の気持ちを込めて、コロコロクリーナーでゴミやホコリを取ります。
ほつれや汚れはないかな?




このファーのニットコートは昨日、友人のところにお嫁に行きました。
ボサボサロングヘアーの私よりも、オシャレショートの友人に絶対似合う!
いい人のところに行けてよかったね。




骨格診断でストレートタイプだったので、ファーが似合わないとわかりました。

確かに、ファーをつけて街に出かけると、道行く人々に指をさされクスクス笑われ、信号は全部赤になってスムーズに進めず、重い荷物を持ったおばあさんに「お持ちしましょうか?」と声をかけても
「ダサいあんたに持たせる荷物なんてない」と断られる日々でした。
(どんな被害妄想・・・)

というわけで、手持ちのトレンチも襟についていたファーを取り外して着ることに。



吊るすべき衣類(喪服とコート)をクローゼットに戻すと
「今着る服」を吊るすスペースは約40cm



夏物のパンツ1枚をベッド下の衣類ケースにたたんで入れて
あとは今のところ手放す服はないのでクローゼットに戻しました。



変わり映えのないBeforeAfterでした。

参考までに、秋冬に着る手持ちの服は
・10〜11月用コート 3着
・12月用コート 1着
・1月〜3月用コート 1着
・ジャケット 1着
・ニット 4着
・ハイネック 2着
・シャツ 3着
・パンツ 2着
・スカート 2着

クローゼット下部に置いた木箱には
靴下や下着やパジャマを入れています。




美化委員キミーさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2015/09/23 16:52


いつも開け放たれている夫のクローゼット。

夫はきちんとしていると言われる左左脳です。
そして本当はO型なのに、A型でしょうと言われるような人です。
 
几帳面な雰囲気を醸し出している夫ですが、細かいことなんて全く気にしないタイプ。
見た目に騙されちゃあいけない!
片付けに興味がなく、面倒くさがりなので、クローゼットのドアの開け閉めすらしません。
掃除も全くしません。
何もしないので、収納は私が決めた物を使い勝手が良ければ使い、使い勝手が悪いとぽいぽいと何もきにせず床に置いています。

私も自分が使う場所以外はカビたりさえしなければどうでもいいので放ったらかしです。
(美化委員長なのにね?という疑問は捨ててくださいw)

ですが、私が「押入れやクローゼット収納の専門家になりたい!」と宣言したので、
夫のクローゼットを片付けさせてもらうことに♪
(専門家じゃなくても、妻として片付ければいいのにねーという心の声もしまっといてくださいw)

【現状】
●賃貸マンションの作り付けのクローゼット
平日に着るスーツやワイシャツ、肌着もハンガーに吊るされています。
上の棚には時々行く出張のための大きなバッグがいくつかあります。それ以外は何があるか不明。
●クローゼットの手前の右側のラック
休日に着る私服を掛けています。
●床
ビジネスバッグを床置きしています。
買ってきた新品のワイシャツが袋のまま放置されています。
何かわからない物が箱に入って置かれています(3年前に履いたのが最後の室内用スポーツシューズでした)。
何かわからない物がエコバッグに入れられて置かれています(3年前に着たのが最後の水着でした。一緒にコートのライナーも入っていました。夏冬混在)。







早速ヒアリングです。このクローゼットの収納で不便を感じていませんか?
「不便?・・・ないでーす」と夫。

おお?足の踏み場もないこの状況で不便を感じないとは。
やるな!

質問が大雑把すぎたので、具体的にいこう!
ここで着替えますか?
「はい。ここで着替えます」
まあ知ってるけどね。

スーツもここで着て、パジャマに着替
えるのもここですか?何か使いづらいなとか取り出しにくいとかないですか?
「そうだな〜。ルームウェアとパジャマが同じ箱に入っているから取りにくい」という。

ああ、そうだ。
この人、パジャマとルームウェアが別なのだった、男子なのに。



夫から聞いたお困りの点(大して困ってなさそうだったけど)と
クローゼットの寸法を測って、収納したいものを書き込む。





クローゼットはすすっと出し入れできる間口がそんなに広くないため、
肌着をたたんで引き出しに入れることを提案したが、「毎日のことだから洗濯干してそのままハンガーに吊るす今のスタイルがいい」という。
そうなると、クローゼットの折れ戸が邪魔。

どうせ開けっ放しだ。邪魔な右側だけ扉を取っちゃおう。
(退去時に戻せるように取り扱い注意!)



【目指すゴール】 
@床に物がない状態にする。
A何が入っているかわからないのをなくす。どこに何があるかわかるようにする。
B簡単に取り出せる仕組みにする。

しまう場所がないものは場所を決めよう☆
決めたらラベリングしよう☆
取りやすい収納に変えよう☆

ということで、無印良品でちょうどいい収納ケースを買いました。
(引き出し×3段と収納ストッカー→合計¥6,500)

【Before】


【After】




【ゴール】 
@床に物がなくなった!
Aどこに何があるかわかるようにラベリングした!
B使いやすい場所に毎日使う物を入れて、簡単に取り出せるようになった!

これで床になんでも放置されなくなるか、それともまた見直しが必要か、しばらく様子をみます。
美化委員キミーさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ