2016/10/27 21:33
先日、参加した主婦コレで、大変勉強になった企業様があったので、紹介します。
全農さんです。
image-f5ce6.jpeg

毎日、食事を作る主婦にとっては、安全で美味しいものを家族に食べさせたい!
という気持ちは強いものです。
私自身も、平日は仕事をしている為帰宅が遅くなると、1品惣菜をスーパーで購入することなどは、よくある事なのです。
あまり、考えもせず、その日食べたい物を購入していました。

全農さんは、
密かにスーパーのパトロールをされて
いるそうです。

image-c1b8f.jpeg
通常の惣菜等には、原産記入がないものが、殆どのようです。スーパーの方に、「こちらのカツ重は、どちらの原産の肉をつかっているの?」と聞いたそうです。
即答はできず、しばらくして確認をして回答してもらった結果は「アメリカ産」
アメリカ産が悪いわけでも、惣菜を購入するのが悪いわけでもありません。

日本には、この薬はオッケー!!この薬はダメよ!!!の基準があります。

image-27261.jpeg
その一つが、牛や豚の成長を早めるホルモン剤や、薬品です。
アメリカ、カナダ、オーストラリアは、使用がOK。

EU、中国、ロシアは国内品、輸入品どちらもダメ

日本に関しては、国内での使用はダメ
なぜか、輸入する肉にそのホルモン剤や薬が使用されていてもOKなのです。
うーん、なぜ??中途半端なのね、、

でも、先程お伝えした通り、日本の惣菜に
産地の記載がないものが多いのです。

全農さんは、産地のことをスーパーに、勇気をだして聴いてみてください!!とおっしゃっていました。

家族の健康を、ずーっと願っていながらも、やや難しそうな話しから目を背けていた私。

国産がいいに決まっているけれど、少し高いしなーなんて、妥協してアメリカ産を購入していた事も多いかも。

今回、お話しを伺ったことで、産地をこだわるということの大切さ学びました。
輸入品が多い日本。産地にはこだわりを!!
image-80c17.jpeg美味しい、お土産までいただきました。
image-45636.jpeg

全農さんは、厳しいチェックをしてくださっているので、安心。安全です。そして何より
美味しい〜。
これからも、全農さんの商品に注目です。


ゆみえもんさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2016/09/08 08:58
最近バタバタとしていて、読書タイムをじっくりとがとれていないのですが。ワタナベ薫さんの本が大好きです。女性としての考え方や、指針になるヒントがつまっています。久々にひっくり返してよんでます。なぜなら、、、今日は、子供の勉強問題でイライラっ。朝から雷を落としてしまった。悪いくせ、余計な言葉がでてしまう。自分が子供だった時、そんなにキツイ言葉、母に言われた??自問自答しては反省。わたしが幼かった時より息子は好きな事を見つけて、確実にがんばっている。立派ですカオルさんの本にもありますが、立ち振る舞いを上品に、物腰やわらかく。。。が通年目標です(笑)程遠いですが、まずは、1番近くにいてくれる主人と息子に、物腰やわらかく接します。帰ってきたら、仲直りしよう。image-93ca9.jpeg
ゆみえもんさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2016/03/15 02:13
断捨離しようと色々部屋を引っ掻き回していたら、懐かしいものざっくざっく。


最初に息子が好きになったのはトーマス。
image-9be0e.png
お次はカーズのトミカを腐るほど購入。
image-e90b0.png
「ママホチーよー」と言われたらかっちゃうよね。当時の私。

ちょいちょい友人にあげたりしているけれど、
なんとなく思い出がつまっていたりすると
結局手元においてしまう。

トミカは今みても、可愛いなー。
トミカトミカプラレール!の曲を聞くと未だに反応してしまいます。

トミカをきちんとディスプレイしたら
可愛いことになりますね。

色々な種類があるし。大人買いをして
集めようかしら、と断捨離中に思う私。

ゆみえもんさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ