2017/02/24 23:00
IMG_2844.JPG

社会部がゆく!もいよいよ今月で最終回
最終回のテーマはこどもの発達障害について触れています。


発達障害と言っても
広汎性発達障害や学習障害(LD)、注意欠陥多動性障害(ADHD)などの
タイプがあり、症状は人によって異なるし、さまざま





発達障害についての異変は
保育園や幼稚園など、集団生活の始まりが
気づくきっかけになることが多いそう。


うちの子は2歳。
落ち着きが無くてヤンチャな時期。


共働きの家庭なので息子も託児所で集団生活をさせています。
まだまだ団体・・・ってか単独プレイな感じのわが子ですが
同じくらいの歳の子をみると今の時期はこんなもんなのかなという風に思っています。





今回の小児科の先生が発達障害は個性ではないとおっしゃっておりましたが、
おさむさんと同じく、私も強くうなづいてしまいました。
あと、こどものために親が受け止めて知ろうという部分もとても共感しました。


こう共感をしたのは妹を育てた自分の母を思い出したから。
発達障害ではないのですが、妹は耳に障害があり、耳が聞こえません。
そのため、幼い頃から毎日母親と一緒に電車に乗り、聾学校まで通っていました。
結構厳しく育てられているので幼い頃から本人はいろいろ苦労をしたでしょうが、
妹との会話のためにキュードスピーチという手の動作を覚えたり、
音で伝えられない言葉を伝えたり、
授業が終わるまで学校で待機したり、
母が一番大変だったんじゃないかなぁと思います。
(※もちろん、父も。)



わが子に疑わしき部分があると不安で押しつぶされそうになったりもしますが
こどもの為にも、認識!



最終回の今回も難しいテーマでしたが大変勉強になりました。



最終回と言うことでスピンオフも今回が最後。
一年間社会部がゆく!を、お読みくださった皆々様、ご協力くださった皆々様、
スピンオフをお読みくださった皆様、
おさむさん、元編集長、ライターSさん、サンキュ!スタッフの皆々様
誠にお世話になりました。




ありがとうございましたー。(^皿^)ノシ




















IMG_2846.JPG
タグ(関連ワード):連載 鈴木おさむ 社会部がゆく
増田智美さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/02/05 22:00
IMG_4151.JPG




「上の子可愛くない症候群」




次回打ち合わせの企画を決める際に出てきた上記の言葉。
そんな症候群があるのか!!と、思いながら話を聞くと昔からある悩みでこういうものだと、
教えてもらう。



おさむさんが言うように症候群って付いちゃうと病気のように身構えちゃうけど、
悩みのひとつと言われてあぁ〜と、納得。






私の周りのきょうだいのお子さんがいるママさんは
時たま上の子や下の子にイラッとするときはあるみたいだけど
思いつめたり、悩んだり…というのは無いよう。






地元を離れて暮らし、一人目の育児に奮闘をしながら働いている私だけど、
私も二人目を出産した後、上の子(あるいは下の子)に嫌悪感が出てしまう場合が
あるんだろうかとちょっと考えさせられた。
こどもは敏感だもんなー。私の不安や心配が伝わっちゃったとき
息子は気を利かせてくれてくっついてきたり、ぎゅってしてくれたり…。





現時点では二人の育児がまったく想像付かず…。
イマまで結局なんとかなってきたから、何とかなるっしょ!というゆるいスタンス。






本誌のおさむさんの記事を読みながら



「きっと二人の育児で煮詰まることがあるかもしれない。
いや、絶対あるな〜」と考える。



そうなったらそうなったで
一人で抱え込まず、主人や友人や両親など、周りに頼ることを忘れないようにしようっと。


















うちの息子にもあと数ヶ月できょうだいができる予定。身構えてても仕方ないから
今はその日をゆったり待つことにしよう。








増田智美さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ