2017/12/04 22:00
374812C3-796D-43D8-A6FF-B29C4A2559EA.jpeg
濃厚な味わいを楽しめる
牧場しぼり。





CBF169CA-FAFF-4007-9C75-20C11216CB94.jpeg



牧場しぼりでは
搾って3日以内の新鮮な
ミルクを使って作られています。
濃厚だけどサッパリとした後味は
新鮮だからなのか!!
納得ー。








27A1D4F1-D9AF-46F5-9C32-027F9382D97D.jpeg

最近よく見かけるラムレーズンを始め
つぶつぶいちごや生キャラメル&ミルクなど
さまざまなフレーバーがラインナップされています。
ラムレーズンは大人気なんだって!
まだラムレーズンとつぶつぶいちごは
食べれていないー!!

早々に食べたいと思います。







0F5A0351-6B03-4FE1-A9F2-BC415108FBA5.jpeg


C6A98A9B-2D7A-4A19-85AC-4DD63B7E1183.jpeg


今時のブースはハイテクだなぁ
本の部分に映像が映し出されるんだもんな。
ページをめくった時なんか音もリアルだし。
個人的ですが牧場しぼりのブース推しです。
牧場しぼりの歴史や情報を
すごくわかりやすく学べた。









増田智美さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/12/03 23:00
レモンのお話その2
参加をさせていただいたセミナーでは
後半、レモンの成分や栄養についてのお話を
伺いました。





カルシウムをレモンと一緒に摂ると
吸収率がUP

カルシウムって吸収されにくいらしく、
牛乳を1リットル飲んだとしても
体に吸収されるカルシウムは400ml分の
カルシウムしか無いんですってー!





7AAE2267-987E-431D-88C7-052AD7626B5B.jpeg
そんな成長期のお子さんにも超必要な
カルシウムの吸収を助けてくれるのが
レモンに含まれるクエン酸です。





336080FA-09BE-4B3C-8545-D3250EC8FF3E.jpeg
クエン酸がカルシウムを包み込み
身体に吸収されやすくしてくれるのですが
この作用をキレート作用と言います。







キレートレモンというドリンクもありますよね。綺麗とレモンだと思ってたけど
キレート作用のことを言ってたんだなぁー。
このお話を聞いて判明しました。笑





F4408006-FD3C-44AE-94DC-1BD98DADD3D9.jpeg

わたしの写真の撮り方と画像が悪くて
大変申し訳ないところですが
Aはカルシウムを水に混ぜたボトル
Bはカルシウムとクエン酸を水に混ぜたボトルです。
Bではクエン酸がレモンを包み込むキレート作用のおかげで水がクリアになっています。
※わかりにくくてごめんなさい。







12EDAAAE-6594-4563-A954-CC79B681E116.jpeg


最近の食事は味が濃いものが多く
日本人は塩分を多く摂取しがち。




E92E6B6C-AFC0-4913-9828-07DAA3B48E70.jpeg
phot@narabeminami


7F25B92C-78A2-4992-9D04-C68010D60F60.jpeg

レモンの酸味が
塩分を抑えるために
活躍してくれます。



食のイベントが多い冬。
ポッカレモンをカバンに忍ばせておくのがいいのかも(^-^)




ダイエット指導の際には
生徒さんにレモンの効果を
教えてあげなくちゃだわー!







増田智美さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/12/03 08:00
AB504B97-E29F-49C9-BACB-8F5F3947BAAF.jpeg
食卓でもお馴染みの
ポッカレモン。
今回はあしたのわたしフェスで聞いたポッカレモンさんのセミナーを元にカキカキします。


レモンの歴史は実に長く、
紀元前3000年前に中国の地で生まれたと言われています。











7FB8548A-87AA-4D0B-9646-1D2F2706048B.jpeg
柑橘類の原種は丸仏手柑と言われています。
今はつるんっと丸っこい
レモンの形をしているけど
原種は先端がばらけていたんですねー。
この写真を見せて頂いた時
タコさんに見えました 笑







8891D502-9CCC-4008-A9F3-D004243388EB.jpeg
(phot@narabe minami)


フランスのマントンでは200万個ものレモンを使うお祭りがあります。
200万個ってどんだけなんだろう。
ものすごいさわやかなお祭りなんだろうな。












25787A17-F739-4784-84D5-9E55B7BA3645.jpeg

日本での消費量が1だとしたら(グラフ左下)
欧米の消費量はこんな感じ



あーんなにちいさなレモンだけど
まだまだ可能性を
まだまだ秘めてる感じがする。




レモンてダイエットにも良い
そんなダイエットをからめたレモン話は
次回につづきます。




増田智美さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ