2016/11/07 09:46



天気もよく
穏やかな週末を過ごすことができました。





土曜日は息子の部活応援に、
日曜日は娘の部活応援に。





部活の応援には
パッと空き時間ができるので
本や雑誌を大きなバッグに
忍ばせておきます。



image-61d0e.jpeg




今週忍ばせておいたのは、
こちら。





チャーミングなひと。のタイトルのとおりの
かわいらしい女の子の写真に
一目ぼれ。





私がいただいた図書カードは
私の肥やしだと言って(笑)
気になる本や雑誌を買うことにしています。





私が気になる人たちが思う
チャーミングなひとについて
書かれていて
とても読みがいがあったし、
出てくるひとたちの表情が
とても生き生きとしていて
素敵な本だなと感じました。




私もそんな風な写真が撮れるようになりたいな。






息子の試合会場は
浜名湖の近くで
散歩するのに
気持ちが良かったです。




image-0ed8a.jpeg




娘の試合会場の近くには
図書館があって
いつもとは違う図書館の本のラインナップが
おもしろかった。





そこで偶然並んでいた2冊の本。




すぐに手に取りました。




迎えの時間までに2冊読もうと
思っていたけれど、
伊集院静さん
大人の流儀 別れる力
しか読めなかった。。。




また行ったときに
林真理子さんの方は読むことにしよう。



「突然美女のごとく」
だなんておもしろそうな本!!





なぜか男性が書いた本を
読むことはあまりなかったのだけど、
夫の本棚を覗いたときに
伊集院静さんの本があって、
共感できる部分が多かったので
昨日も思わず手を伸ばしました。




別れる力



というとなんだか少し寂しげだけど、
そうではなくて、
人は生まれてから何回もの
出会いと別れがあって
その繰り返しや経験によって
自分は出来ていくんだなと感じました。





そういえば、
うちの子たちも
たくさん引っ越したから出会いやお別れが
たくさんあったなあ。



それはきっと彼らを作る一部になっているんだな。





なんて、思いました。




読書の秋というだけあって、
本を読むのが楽しい季節です。


時田祐子さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2016/09/24 16:04



雨の日が続く
今年の秋です。



子どもたちの部活の送迎など、
車の中で待機する時間が
増えています。



そんな中、
最近、車の中でする読書が
とても楽しいです。




最近読んだ1冊。


P1080600.JPG


「強父論」
阿川佐和子さん



友人からおもしろくておすすめ♪
と教えてもらった1冊。



阿川さんの小気味いい文体が
声をあげて笑ってしまうほど
おもしろくて、
あっという間に読み終えてしまいました。




そして、驚いたこと。




私と同じような育ちをしている人を
初めて見たこと。(笑)




阿川さんのお父さんほどではないけれど、
厳しい仕事だったせいなのか
私の父もなかなかの人でして
高校生の生意気盛りの私と
父との相性の悪さったら
なかったような。(笑)




今、思い返せば、
単なるおもしろエピソードですが、
当時の私は
どうしたものかと思っていました。




そんな父も
今はすっかりおじいちゃんになって、
3歳の甥っ子とのやりとりは
本当におもしろい。(笑)




こないだも
ポケモンGO!を
息子と触っているのを見て爆笑してしまいました。





阿川さんは、
チャーミングでユーモアあふれた
素敵な女性だなと
いつもテレビで見るたびに思っていました。




この本を読んで、
原点はここにあったのかも、と。





どんなときも、
ユーモアをそばに。




そう思えば、
色んなことが
楽しくなってくるような気がします。



P1080597.JPG



昨日は、
お使い物があって,
迷わずnicoeに。


ポイントカードが貯まって
私もひと箱。



得した気分♪



P1080598.JPG



バニラアイスをつけて
リッチなおやつタイムとなりました。



次はなにを読もうかな〜?

時田祐子さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2015/10/26 17:16
なんだかいろんなことが
手いっぱいで
忙殺。。。(笑)

忙しいとはよく出来た漢字で
心を亡くすという字で出来ている。

頭も心も
なんだかわからずざわついて、
私の興味は、
自然とパソコンよりも
植物や人へ。

庭の草をむしり、本を読み、
単身赴任先から戻らなかった夫と電話をして、
子どもたちとラーメンを食べに行って。

そして、
友達と話して、会って。

実家の母とも出掛けました。

そしたら、だんだんと
心が落ち着いて
またパソコンに触りたくなりました。



そんな時間を過ごす中、
本も一冊読みました。

憧れのライター 一田憲子さんの
「私らしく」働くこと。

という本。

一田さんをはじめ
魅力的な方々の働くスタイルが書かれた
働くことがテーマの本ですが、
これは生き方の本だと感じました。

「暮らしのおへそ」や
35歳の時に読んで忘れられなかった
「彼女たちの年齢革命」など、
一田さんの書かれた本に
私はたくさんの影響を受けてきました。

なぜなら一田さんの書かれる文章には、
いつも心があって、ルーツがあるから。

単なる情報だけではないからです。

だからすとんと心に落ちる。

この本も、
今の私がつまづいていることを
ささっと解決してくれるような
そんな本でした。

アーコールのテーブルと
一田さんの本がぴったりマッチして
嬉しくなりました。

で、気になりますよね、
この眼鏡。


今日は、
友人にお買い物に付き合ってもらいました。

明日の英会話のおけいこで
息子がハロウィンパーティーで
ハリーポッターになるべく
眼鏡を探していて。

私ひとりでは、
こんなにいいのはきっと
見つからなかっただろうなあ。


なんと、こちら!

友人のアイデアにより、
100円ショップの老眼鏡のレンズを
外しちゃいました。(笑)

さすがの発想力に、
私はとっても楽しくなって
けたけたと笑ったら、
一気に心のもやりがすっとんで行きました。

いつもみんなに助けられてばかりな私だけれど、
いつかは助けてあげられるようになれるかな?

どうもありがとう。

全力疾走するくせのある自分を
再発見した
そんな1週間となりました。

時田祐子さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ