2016/03/11 00:49
日付が変わって今日、3月11日。


今日は、東日本大震災復興応援イベント『紫苑sion〜3.11想いを寄せてvol.4〜』に参加してきます。




東日本大震災。
あの日から5年ですが、5年というのはあくまでも一つの区切りであって、終わりではありません。



今日が過ぎても、復興に関わっていきたいし、被災地の今を、明日は我が身かもしれない震災の事を、伝えていきたいと思っています。


こうやってブログを書かせていただいているのも、何かの縁。

少しでも読んでくれている方がいるのなら、誰か一人にでも想いが届くのなら、私は書き続けていきたいと思っています。





東京での生活、夢を全て諦めて地元の岩手に帰ろうと思った5年前。



何よりも大好きだったお芝居も舞台も、全てを捨てようと思って帰った地元で待っていたのは、流されて崩れ落ちて変わり果てた町でした。



テレビのニュースも、見ているけれどこれが夢なのか現実なのか分からない不思議な感覚。


バスで地元へ向かう時に実際に目で見ても、まだこれが私の故郷なのか受け入れられない状態でした。




被害がそれほど酷くはなかった内陸の遠野でしたが、それでも家にはヒビが入ったり、その後の大きな余震では停電の中ラジオだけで過ごしたりしました。



音も電気もない時間。

こんなに不安で淋しいものなのかと、こんな想いをずっとしている人達もいるんだと、本当に切なく苦しくなりました。




思い出すと、遠い昔のような気もしますが、5年という月日は、たくさんの人の中で、辛くて悲しくてどうしようもない年月だったかもしれないです。



でも、姿形は無くなっても、その人がいなくなっても、思い出す事で蘇ってくる良い思い出もきっとあるはず。



私も実際に沿岸の津波で流されてしまった町へ行った時に、辛い気持ちにもなったけれど、その町であった思い出を話していたら、懐かしい楽しかった時を思い出して笑顔になりました。

両親もそうでした。



“忘れない”


という事は、そういう意味でもあるんだと思います。



目の前の現実はまだまだ辛い事も多いけれど、思い出して話すと、楽しい素敵だった頃の思い出に笑顔になれる事もある。


語り伝えていく事は、傷をえぐるだけではなくて、癒していく事も出来るんだと思います。




悲しくて辛い事だけを伝えたいんじゃない、こんなにも素敵なものが側にあったんですよ、今のこの環境を大切にしていきましょうって、いろんな事に感謝できる機会でもあるんだと思います。



なくす事は、必ずしも辛いだけではない。

復興は元通りを越えて、より良い町への一歩。





…と、希望を語っていますが、まだまだ復興が進んでいない厳しい所もあります。


全てが順調とはいかないけれど、少しづつでも、進んでいけたらいいなと思います。



私も、微力ながらもその一つの力になりたいと思っています。



何が出来るかは分からないけれど、動いてみれば何かは出来るはず!



少しづつでも。
一歩づつでも。



今日も、想いを寄せて、届けてきます!




私の気持ちを話してしまったので、嫌な想いをしてしまった方がいたら本当にすみません。



皆さんが、和やかで穏やかな一日を過ごせますように。




読んでいただいて、サンキュも押していただいて、コメントも本当にありがとうございます!
とても嬉しくて、いつも励まされています(*^^*)


日はまた登りますね(o^^o)

image-bec78.jpg
石川紗世さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(6)
まっこさん

コメントありがとうございます!
お返事がとても遅くなってしまってすみません(>_<)


忘れられない辛い出来事で、私もあの景色や当時のニュースを思い出すと胸が苦しくなり、涙が出ます。

でも、まっこさんの言う通り、震災後の一体感とあったかさ、何か捨てたもんじゃないなぁって改めていろんな事に感謝する機会にもなりましたよね。

私に出来る事は今は小さい事かもしれないですが、これからも笑顔になれるように、頑張って行きたいと思います(*^^*)


まっこさん、いつも応援してくれて本当にありがとうございます!
とっても嬉しいです(o^^o)
このあやさん

コメントありがとうございます!
せっかくコメントいただいたのに、お返事がとても遅くなってしまってすみません(>_<)


私も震災を経験した子供のお話を聞いて、とても胸が傷むと共に、考えさせられる事がたくさんありました。
なくしたものもたくさんあるけれど、学んだ事、これからの事、感謝する事もたくさんあったんですよね。

まだまだ前向きになれない人もいると思います。
私もニュースを見て泣いてしまう事もあります。

でも、立ち止まらずに何か自分に出来る事をこれからも見つけて、進んで行きたいと思います(*^^*)
歩みを止めたらそこでおしまいだと思って(o^^o)


このあやさん、コメント本当にありがとうございます!
元気になると言ってもらえて、本当に嬉しいです!!
その言葉に私もたくさん元気をもらっています(*^^*)
ジャッキーさん

コメント、本当にありがとうございます!
せっかく初めてコメントいただいたのに、お返事がとても遅くなってしまってすみません(>_<)

ブログもいつも見てくださって、本当にありがとうございます!



ジャッキーさんのお話もしていただいて、ありがとうございます。
私も遠野に関わりがあるというだけで勝手に親近感を持ってしまいます(*^^*)


私は震災後、バスが開通するのを待って一週間くらいしてから帰ったのですが、被害が酷い所も見て、そして内陸の遠野に着いた時、少し申し訳ない気持ちを感じたのを覚えています。
ジャッキーさんと同じ気持ちでした。。。

同じ県内でも、大きな違いがある。
だからこそ離れてしまうと本当に分からない事や、見えない事がたくさんあって、私も離れた今だからこそ学ぼうと思いました。


そして、私も離れた所からでも出来る支援や応援を探しています(o^^o)


私がしている事も、まだまだ小さな事ですが、忘れない事が大事ですよね。
忘れない事で、なくなってしまった人やものもずっと在り続けますよね(*^^*)


辛いだけではなく、笑顔にもなれるように、これからも私も自分に出来る事を見つけていきたいと思います(o^^o)


ジャッキーさん、本当にコメントありがとうございます!
とても嬉しかったです(*^^*)
もう5年
まだ5年

被災者の方々はいったいどのような思いでこの5年を送ったのかと思うと苦しくなります。

私は関東にいたので、大きな被害もなく、福島の親戚も無事でした。
でも、福島の被害はひどく、震災の年に結婚し、挨拶に行った時には愕然としました。

ただ、震災の時、日本中、世界中が一つになって、東北と一体になったあの暖かさを忘れることができません。
震災の時のみでなく、あの暖かさがこの先もずっと続くといいなぁと願います。
おさよさんの活動も、応援しています。
こんにちは。あれから5年ですね。
今でも、映像を見るとなぜか涙がでます。
普通の生活が、家族と一緒にご飯を食べることが当たり前でなく、幸せなことなんだと知りました。と、当時小学生の女の子が涙しながらインタビューに答えていたことが忘れられません。
愛知という遠い場所からですが、皆さんが平和な日々が送れる日が来ることを願っています。
おさよさんの元気に私は元気をもらっています。
こんにちは。いつも楽しく読ませて頂いています。
ずっとコメント投稿しようか迷っていて、やっぱり
今日は特別な日なので投稿しました。

祖父が遠野出身で、遠野にお墓があった頃は毎年
お参りに行っていたので、勝手に親近感を抱いています。
結婚して10年滝沢に住んでいましたが、夫の転勤で
2014年夏から静岡に住んでいます。

今日はイベントに参加されるんですね。私も毎年
この日が近づくと気持ちがワサワサします。震災当時は
岩手にいました。内陸でしたが、思い返すとそれなりに
いろんな事がありました。でも2日経って初めて見た沿岸
の映像に言葉がありませんでした。同じ県なのに
あまりにも違い、内陸にいることが申し訳なく思える
日々でした。

5年経ち…何もできていない自分が情けなく、いつも
すごいなぁと思いながら石川さんのブログを読んでいます。
そして、こんな自分にできる事は何か考えるようになりました。
目に見えてできる事はないかもしれないけど、まずは知ろうと思います。岩手を離れて、被災地の現状は耳に入りにくく、自分で
調べることが必要だと気づいたから。 この時期だけでなく、
いつも被災地に思いを馳せながら過ごしていきたいです。
今日は私の住んでる町でも発生時刻にサイレンが鳴るので、
黙祷して私なりに祈りの日を過ごしたいと思います。

長くなってしまってすみません。これからも応援しています。