2016/04/28 01:32
今現在、震災に遭って辛い大変な想いをしている方がたくさんいると思います。
心よりお見舞い申し上げます。



もしかしたら、夢も希望も持てなくなってしまっているかもしれない。

私もそうだったから。。。




自分には何が出来るだろう。。。

東日本大震災の時から、ずっと、自分に出来る事を考えて、悩んで、模索しながら過ごしてきました。



でも今、こうしてブログを書かせてもらっていて、少しでも読んでくれている人がいてくれるのなら。



東日本大震災から5年。


今の被災地が、愛する故郷の岩手県がどういう状況か、伝えたいなと思いました。



それは少し残酷なことかもしれないけれど、でも、それだけではない、前向きに歩き出せる一歩にも繋がると思うのです。


あぁそうなんだ〜って、知ってもらえるだけでも良いんです。
興味を持ってもらえるだけでも良いんです。


忘れない事が大事だと、明日は我が身という事を忘れずに、今の日常を大切に過ごしていく事が大事だと思います。


それは私も同じこと。
自分にも言いきかせています。


あれから5年。
短いと思うか、長いと思うかは人それぞれだと思います。

復興はまだまだ長く、厳しい道のりだとは思います。


でも、皆が同じ方向を向いて進んで行くと、その結束力って驚くほど強いんですよね。


だから、時間はかかっても諦めないで欲しいなと思います。

私も諦めていないです(o^^o)





これから、私がイベントなどに参加して聞いた岩手県の現状や、私の故郷の遠野市での活動などを何回かに分けて書いて行きたいと思います。


お付き合いいただけたら嬉しいです。




東日本大震災、岩手県では4,672名もの尊い命が奪われました。

そして今もなお、1,130名の方々が行方不明となっています。


震災後すぐ応急復旧が始まり、その作業に追われる中で平成23年に復興計画を策案し、基盤復興の取り組みを翌年平成24年から本格化させています。


県民の皆さんが一丸となり、犠牲になられた方々の故郷への想いをしっかり引き継ぐ事、そして、被災された方々の「暮らし・学び・仕事」を確保していっています。



震災後の岩手県の取り組みをいくつかご紹介します。


○災害廃棄物(がれき)の処理

→約584万トン(岩手県一般廃棄物約13年分)の処理を終了。




○海岸保全施設等の復旧・整備

→復興まちづくりと一体となった防潮堤・水門等の復旧・整備。平成25年度末時点で、復旧・整備が必要な134箇所のうち、105箇所で工事に着手するとともに、22箇所で工事が完了。




○環境放射能水準調査の実施

→測定結果をリアルタイムで公表。生活空間の放射線量や、大気中のちり、降水(雨、雪)、水道水、農林水産物などに含まれる放射能を県内10地点で測定し、その結果をホームページで公表。




○再生可能エネルギー設備の導入支援

→さらなる地域の防災力向上に向けて。地域の防災拠点となる市町村庁舎・消防署・病院や、災害時の避難所となる学校・公民館などへの太陽光発電設備のさ、蓄電池、ソーラー街路灯などの設置を進めている。
また、避難階段への太陽光発電式防犯灯や応急仮設住宅団地内敷地への小型風力発電システムの設置など、公共施設への小規模クリーンエネルギー設備の導入を支援。




このような防災のまちづくりが進んでいます。



今現在、がれきの山を見ている方も、住む家がなく困っている方も、辛い想いをしている方も。


少しづつ、ゆっくりでも、進んでいくと思います。



次は、交通ネットワークや教育・文化についての取り組みを書きたいと思います。

(記載した情報は「いわて復興の歩み」を参考にしています。)





個人の意見も交えていますので、嫌な想いをしてしまった方がいましたらすみません(>_<)



読んでいただいてありがとうございました!


つつじが綺麗に咲いていますね(*^^*)

花は咲く。
上を向いています。
image-67f77.jpg
石川紗世さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)