2019/02/10 21:03
私、maruwa★taro

現在、39歳
かろうじて30代

義母の介護を始めました


まず、義母を紹介します

義母は74歳
いくつかの病を抱えています
(※病の状況についてはまだ伏せさせてください)

要介護認定は【要介護3】となっています

義母一人では
自立した生活を営むことは出来ません

今までは、義妹が同居して
義母のすべてを看てくださっていました

昨年末に結婚して嫁ぎに行ったのですが
それでも毎日家に来ては
義母のお世話をしてくれていました

その状況を知っているのにも関わらず
taroは今まで見て見ぬふりをしていました


それが、急な形で介護が始まりました


それは遡ること1 月1

2019年が始まって
初っ端のことでした

義母が転倒して歩けなくなったのです


義母とは同じ家に住んでいるのですが
母屋と離れで暮らしているので
それぞれの家を行き来する際は
少し外に出てから家に向かいます

母屋から離れへの道に坂道があり
その坂は冬場は滑りやすくなっています

そこで転倒してしまったのです

娘さんにお年玉をあげようと
来てくれた際の出来事でした


義母からの
「こけてもうたんや〜」の電話を受け
慌てて家族で義母のもとに向かいました

痛みが顔に現れています

この日は1月1日のお正月
病院はどこも開いていません
お正月なのでしばらくの間お休みです


休み明けに病院に連れて行ったところ
腰椎を圧迫骨折で全治2か月との診断でした

しばらくは安静に過ごしましょう
とのことなんですが
この年齢で全く動かなくなると
この先寝たきりになる可能性もあるとのこと

それは本人だけではなく
家族も大変なことになるので
みんなで介助をしながら
動いてもらっていました

今では、骨折した箇所は治ってきているので
ある程度自分でも動き出しています


そんなこんなで
taroが義母のお世話を始めて
1か月ちょっとが経ちました

taroがやっていることは

朝ごはんの用意
薬を飲むまで見届ける
その後、義妹にバトンタッチ

夜ご飯の用意
(宅配ご飯を温める)
薬を飲むまで見届ける
トイレを行くように促す

10時前にトイレと歯磨きをするように促す
寝床に入るまで見届ける


まだ、大したことをやっているわけでもないのに
どっと、身も心も疲れが出ています

義母は家族とは言え他人
気を使うので疲れちゃうんです


初めに書いた通り
【要介護3】の義母は
一人で自立した生活は営めません

だからと言って、いつまでも
義妹の手を借りるわけにもいけません

なので、taro家族が母屋に引っ越すという形で
同居を開始し
ヘルパーさんにも来てもらいながら
介護をすることに相成りました


IMG_20190210_200118_1.jpg



母屋の本棚にあった本に目が留まりました

特集が【笑顔になれる介護】

義母の前では笑顔を見せているけど
旦那さんや娘さんの前では
まるで、死んだ顔になっています


いつかはこんな日が
来るとは思っていたけど
まさかこんなにも早く
来るなんて思ってもいませんでした

だって、数年前まで
本当に元気だったんだから・・・


本に目を通したけど
まだ、心から笑顔で介護できる余裕がない
覚悟の足りないtaroでありましたとさ

maruwa★taroさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ