2019/01/14 00:00
冬休みが明け、子供たちが学校へ行っている時間帯、時間にゆとりがある時は縁側で過ごすコトが多い。
ストーブをつけるとなかなか暖かい。



IMG_5432.JPG


針仕事をしたり、本を読んだり。
最近、図書館の心理学コーナーに足を踏み入れるようになり、スマホと子供たちについて考えている。

うちの子供たちは小学生。
今までスマホに関しては、高校を出るまで持たせる気がなかった。

「親が金銭面で子供を支えている間は持たせないでおこう」という考えからだったのだが、

これからどんどんネット社会は身近なモノへと変化していくコトを想定すると、

逆に

親が金銭面で子供を支えている間に、ネットとの関わり方を教えるためにもスマホは持たせるべきなのかもしれない、、、と思い始めていた。

そんな中、図書館で借りた本にアメリカのあるお母さんが子供にスマホを与えるコトに悩んで作った契約書のコトを知りました。

「スマホ18の約束」
 
ここでは掲載できないので、もしこの契約書についてご存知ない皆さんは、ぜひ検索して全文を読んで下さい!

ワタシはこれを読んで、スマホを持たせる事はアリだな、と思いました。

持たせる時期などは要検討ですが。

そこには
子供を愛し、信じ、守る母の姿が見えます。

素敵だな、と思いました。
そして、もし我が家に子供たちが「スマホを持ちたい!」という時期が来たら、我が家なりの契約書を作ろうと思いました。

自分が育ってきた環境とは違う時代を、子供たちはこれから生きていきます。

その時代を享受しながら、大切なことを教えていくコトが親に求められているのかもしれません。





カザハナ30さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
舞さん

とても素敵な先生。
親にも配られる姿勢も素敵(*´꒳`*)
愛ある先生ですね。

ワタシは漠然と
自分がブレずに子供たちに接して育てれば、親元を離れるその時には、しっかりとした判断ができる人間に育っているだろう、

もしくは、

その段階での彼らなりの成熟度合いで、ネット社会と向き合ってもらおう、、、

という感じで考えてました。

でも、この「スマホ18の約束」を知って、自分が考えていた以上の関わり方があるコトを知り。。。

人生、発見の連続です。

子育ては難しくて(笑)
色んな所に思わぬヒントがこぼれています。

人から学ぶこともあるし、自然から学ぶこともあるし、図書館からも。。。

絵本なんかも、ガツンとメッセージもらうコトが多々あります。
てなワケで、舞さんがブログで紹介されてた絵本も気になってます(*´꒳`*)

表紙、見たコトあるけど借りたコトなく。
だいぶ、渋い絵だもんで(⌒-⌒; )

次回、図書館にて探します。
コメントありがとうございますヾ(@⌒ー⌒@)ノ

by カザハナ30 2019/01/14
「スマホ18の約束」、素敵ですよね。
私はこれを、息子の学校を通して知りました。

生徒たちにこのリストを使って、携帯・スマホの使い方を
じっくり考える授業をしてくださったと
参観日の懇談会で聞きまして。
もちろん親もリストをもらいました。

学校で大切なことを子供たちに伝えてくれる先生、ありがたいな〜。
同時に、携帯を持たせる親への教育だな、と感じました( *´艸`)
気軽に持たせるなよ〜。まずは親が考えなさいね〜って。

うちは高校卒業まで持たせませんでしたが、(というか、「自分が決めた時間が来たら、ゲームやパソコンから離れること」「その実績を1か月つくること」っていう交換条件をのむくらいならいらない、と息子が判断した(◎_◎;))
でも「18の約束」を使って、何度か親子で話していたおかげで、
いや、学校でちゃんと教えてもらっていたおかげかな、
「その時」がきても安心して持たせられて、良かったです(*´ω`*)

卒業式のまさに翌日、
「さ、スマホ買いに行こ〜(* ̄0 ̄)/ 」って連れていかれ(;´д`)
なんじゃその言い草は〜ヽ(`Д´)ノ・・・とは言わなかったよ笑

心配もあるけど、メリットもたくさんある携帯。
難しいけど、母の愛(信頼していること)を
伝えるチャンスでもありますね。

今から準備しているカザハナさん、素敵( *´艸`)♡ 
by 内海舞 2019/01/14