2018/01/26 17:09
古民家DIYで一番チカラを入れたモノ。漆喰です。

部屋の空気を浄化し、湿度を調整してくれる漆喰。
終の住まいにはぜひ取り入れたいアイテムでした。

リフォーム会社に8畳の和室を漆喰壁にする見積もりを出してもらったら、、、

38万円!

高い…。
ムーリー(T ^ T)

でも諦めるに諦め切れない。
若かりし頃からの夢なのです。

…自分で塗るしかあるまい。
心に決めて、材料探しに。

こだわったのは100%天然素材でできているモノであること。

で、見つけたのがロハスウォール。
岡山県の会社です。

このメーカーが漆喰塗りの1day講習会を開いていたので参加しました。
塗りのコツや100%天然素材でできている漆喰の見分け方などを教わり、

挑みましたよ、家一軒丸ごと漆喰塗りに!



IMG_1753.JPGIMG_1686.JPGIMG_1691-171a8.JPG

IMG_1678-0a917.JPGIMG_2125-7d975.JPGIMG_2127-c1526.JPG

まだまだありますが、この辺で(笑)
一軒丸ごと塗るのに3週間ほど費やしました。
主婦業の傍ら、空いた時間は全て漆喰塗りに使って3週間。

大分疲れました(笑)

古民家DIYですので、ただ塗るだけではありません。
まず、既存の壁を剥がすところから始まりました。


IMG_1467.JPGIMG_1302.JPGIMG_1560.JPG


様々な種類の壁を剥がしたり、磨いたり、削ったり、、、

ロハスウォール社のスゴイところは、1つ1つの質問に丁寧に丁寧に、分かるまで答えてくれるところ。

社長さんはとても気さくな雰囲気を持っておられ、働く方々の志しにも触れることができ、
私の中での日本会社アワード1位決定!
塗りを文化にされるべく、一人一人のお客様と向き合っておられるのが、ひしひしと伝わる会社です。

また、講習会に参加した人限定で、道具の貸し出し割引きもがあったり、初めてでもやってみようと思える安心感を頂き、取り掛かることが出来ました。

そして、目からウロコだったのがF☆☆☆☆のお話。

安心の基準にもなるファイブスターマーク。
ロハスウォールの漆喰には表示がありません。
何故か。
100%天然素材だから、表示する必要性がないのです。

なるほど!って思いましたね。

さてさて、我が家。
1軒丸ごと漆喰を塗ってかかった費用は、、、
おおよそですが32万円ほどでしたかね。
8畳を一部屋リフォーム会社に頼めば38万円だったのが、

玄関、階段のホール、トイレ、洗面所、広縁、8畳2部屋、4.5畳3部屋、4.2畳、天井は3部屋
これだけ塗って、32万円ほど。
金額的にも大満足。そして、こだわりの100%天然素材。

もうしばらくは塗りたくない(笑)
でも、いつかまた塗りたくなる、きっと。
漆喰にはそんな魅力がありますね。

そして、今。
漆喰壁の温かみに包まれながら、日々暮らせてます。いつか土に還るワタシ。
終の住まいも、できるだけ土に還るモノで作りたい。
そんな思いで、塗り切った我が家。

やって良かったね。うんうん。


カザハナ30さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/01/25 12:51
リフォームの際にこだわったコトのひとつに
暮らしには「必要な機能のみを」
というものがあります。

具体的には、一緒に写真をおって見ていきましょう〜。
まず現在の台所。
before & after で言うとafterです。


IMG_2126-5d036.JPG


通常なら古いお家にありそうなものがありません。
分かりますか?
答えはbeforeの写真から探してみましょう。


IMG_2132.JPG


めっかっちゃった?(見つかっちゃった?)
そうなんです。
実は、給湯器がafterの写真にはないのです。

我が家では食器洗いなど台所でお湯を使うことがありません。
ゆえに、台所の給湯器は撤去。

続いて洗面所。


IMG_2124.JPG


同じく、お湯は要らないのでシンプルな蛇口。
この洗面台は元々あったものをリフォーム会社に付けなおしてもらいました。

元はこんな感じでした。



IMG_2130.JPG


何故か台所の端にあった洗面コーナー(笑)
本当はこの鏡も使う予定だったのですが、リフォーム会社の手違いで捨てられてしまい、残念ながら新しいものになってしまいました(T ^ T)

続いて、トイレ。


IMG_2127-c189c.JPG



分かりにくい?



IMG_2128.JPG


そう。水が出る手洗いがタンクについてません。
かつ、温便座やビデなどもなし。

必要ないのに、ある。
そうゆうものは、結局ホコリが溜まるだけで何の意味もない、と思うもんで。

以前の家では温便座のコードがとっても邪魔で。電磁波の事もあるので、我が家では全く使いません。なのに、ある。
日々、それを見る度にプチストレスをかかえていました。
シンプルなタイプにしてストレスフリーになりました。

トイレの手洗いを無くした事も、同様にストレスフリーに。

我が家では、トイレのタンクではなく、洗面所で手を洗います。
水はねが嫌なのと、トイレに手拭きタオルを置きたくないのと、用便の後は、手は洗面所で石鹸で洗うという決まりを設けているからなのですが。

お客様はそのルールを知らないので、トイレが手洗いができるタンクなのに、手拭きがかかっていないので戸惑う、という事がありました。

タンクに手洗いを無くした事で、洗面所でしか手が洗えないので、分かりやすくなったと自己満足(笑)

続いてお風呂。



IMG_2129.JPG


これは分かりやすいですよね。
鏡がありません。
曇って縁にカビが生えたりして、、、そんな鏡が我が家では不必要でした。

夫はヒゲを剃る際、鏡は見ないので。

備えているものも、ごくシンプル。
固形石鹸と松の成分を使用した液体石鹸。
コップに入ってるのは夫のヒゲソリ。

以上(笑)

リンスしないのです。
松の成分入り液体石鹸は髪を洗ってもきしまないので、リンスはなくしました。

体や髪は普段はお湯洗いのみ。
もうかれこれ、体は石鹸では洗ってません(笑)
髪は松のシャンプーで2.3日おきに洗います。

子供は特に感じるのですが、赤ちゃんの時に似た良い香りがします。

柔軟剤も使用しないので、子供たちの柔らかい匂いがします。癒しの香り。

びっくりされる方、続出かな(笑)???

上の子は最近自分でお風呂の有無を決めていて。
アトピーがこの時期、とても酷かったのがこの冬は肌がいつもより断然綺麗です。

あ。
夏は息子も毎日、お風呂に入りますよー(笑)

という。
固定観念にとらわれず、必要の有無を考えながら取捨選択し暮らしています。



カザハナ30さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/01/18 10:44
もっぱらDIY中なワタシ。本日は貼ってはがせる壁紙のご紹介。

今まで、実は使ったことありませんでした。
のり付き壁紙なら安ければ300円/m台からあるので、なかなか手を出さず。

また、持ち家なので剥がせる必要性がなく。

今回は壁紙としてではなく、リメイクに使うので、使い勝手良さそう!と私には少し高めですが、購入してみました。

楽天できせかえマイホームというお店です。

安心の日本製といううたい文句にもほだされました(笑)

リメイクしたのはこちら。
台所の吊り下げ棚。

ビフォー。


IMG_1943.JPG


アフター。


IMG_1949.JPG


色味とか分かりにくいので別角度からだと。



IMG_1967.JPG


紺色の黒板シートを選びました。
チョークで書き込みができます。



あと、玄関の靴箱。
ビフォー。



IMG_1820.JPG



アフター。



IMG_1969.JPG


こちらは木目柄パインアッシュというもの。
明るくなりました。

穴が開くような所は貼ってから穴を開けます。
こんな感じで、ざくっと穴を開けてから、定規をあてて切り抜きます。



IMG_1941.JPG



他にも扉をリメイクしましたので、またアップします。


カザハナ30さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ