2018/06/20 08:29
先週末、娘が微熱&お腹痛を発症。熱は、発熱時の夜は38度まで上がりました。

ひとまずツユクサ・ドクダミ・カキドオシのお茶をブレンドして飲ませ、寝かせました。

次の朝、4時から下痢。
お腹も痛いとのこと。

こういう時、庭があって良かった。ユキノシタ植えてて良かった。

早速庭からユキノシタを4枚ほど採ってきて青汁づくり。

こちらがユキノシタ。


IMG_3226.JPG


これを小さく手でちぎり、すり鉢で擦ります。
そして、お湯を30ccくらい入れて溶かす。



IMG_3227.JPGIMG_3228.JPG


これを、木綿の布で漉すのですが、我が家はちと横着して、茶漉しで漉しました。


IMG_3229.JPG


出来上がりがこんな感じ。



IMG_3230.JPG


朝4時に飲ませ、眠りました。
登校時間、熱を測ると37度。
お休みさせて様子を見ることに。

お腹痛が治ると食いしん坊、食べたがる( ;´Д`)

少しだけよ、とたまご粥を作ってやるとお代わりしちゃうんですね。。。

ちょっと食べ過ぎたんじゃあ?と思うと
「アイタタタタ…(ノ_<)」

そして、またブレンド茶を飲ませ、様子を見ながら。一応、3日間ユキノシタの青汁を飲ませました。

個人の感想ですが、ユキノシタ青汁を飲ませると痛みの感覚が空き、排便が進みその都度、解毒が進んでいるのか痛みが無くなる、、、そんな印象でした。

何はともあれ、ユキノシタがあって良かったという感じ。

本人が一番体感したようで、お腹痛がひいてまた痛くなると、
「青汁やっぱり飲む」と言っていたのにはびっくりしました。

お医者さんに行く事も大切なのですが、全てを薬で対応するのは、個人的にはしたくなくて。

まず、家で様子を見てみる。
そして、手当てしてみる。

以前にも書いたのですが、「手当て」とは手を当てる、ということ。

ワタシの記憶の深い部分に、母の手が一番の妙薬だった、というモノがあります。

母に痛むお腹をさすってもらうと、不思議と痛みは和らぎました。

まずは、やはり母の手当てなのではないか、と思うのです。

ただ、高熱が出たり、急な症状などの場合はお医者さん。
その見極めも大切だな、と思います。



カザハナ30さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/05/02 11:11
我が家では、お茶は買うものではなく作るもの(笑)

ふと、思いました。
お茶を作り始めて何年になるんやろう。
何でお茶を作り始めたんやろう。

記憶を辿ってみると、
そうそう。息子のアトピーから。

肌荒れに、ドクダミを干したモノを浴槽に入れると良い、というのを発見し、ドクダミを干したのがきっかけだった気がします。

それから、食を見直したり、お茶を作り始めたり。。。

そやった。そやった。
思い出した。

そんな我が家のお茶づくり。
いまでは色んな種類をつくるようになりました。

今日は今にも降り出しそうな曇り空なので、縁側に避難させているお茶の葉たち。




IMG_2930.JPGIMG_2936.JPG


引越してから縁側があるので、とっても便利。
現在仕込み中?のお茶はカキドオシとヨモギ。

先日、畑に行った際採ってきたものです。
無農薬・無肥料。自然の恵みで育った野草。

そんな野草を洗ってザルで干すだけ。
野草によって最適な採取時期があるにはあるんですが、基本生えてる時に採取し、作ります。

カキドオシやドクダミやセイタカアワダチソウは花の時期が最適です。
(セイタカアワダチソウは蕾の時)

仕上がったお茶の葉は茶箱にしまって、リビングの一角に置いてます。



IMG_2938.JPGIMG_2932.JPGIMG_2933.JPGIMG_2931.JPG



在庫は茶箱に入れ、使い勝手が良いように台所には瓶に詰めたモノを、手に取りやすい場所に置いてます。
ちなみに、ビニール袋はジップロックか、IKEAのモノ。ビスフェノールA不使用にこだわってます。

お茶を沸かす時は、その時々の夫や子供たちの状態に合わせて選びます。
ちなみに、カキドオシは子供の疳の虫や尿路結石や糖尿病に良いらしいですよ。

我が家では、お茶にした後の茶殻はガーゼに包んでお風呂に入れます。
その後は水気を絞って、掃き掃除に使います。

これからは庭用のコンポストづくりにもチャレンジ予定なので、最終的にはコンポストに入れたいなぁと考えてます。

母が亡くなり、結婚し、子供ができて、実感したこと。

全ては土に還るのだということ。
自分も、自分の身の周りのものも全て。

だから、土に還らない(分解されないモノ)は、極力使わないと決めました。

私にとって、妻と母を経験した事は、生きる糧となってます。
夫と子供たちに感謝。
カザハナ30さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/02/21 14:09
季節ごとにお茶を作ってます。お茶づくりを始めたきっかけは多分びわ茶。

無農薬の安心なお茶がこんなに簡単にできるということに味をしめ、色々な種類のお茶づくりをしています。

で、最近はブレンド茶を楽しむように。

本日は
びわ、セイタカアワダチソウ、スギナをブレンド。
3つも混ぜるのは初めてです( ̄ー ̄)

どんな味になるかな…。
楽しみです。


IMG_1799.JPG
カザハナ30さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ