2019/01/14 00:00
冬休みが明け、子供たちが学校へ行っている時間帯、時間にゆとりがある時は縁側で過ごすコトが多い。
ストーブをつけるとなかなか暖かい。



IMG_5432.JPG


針仕事をしたり、本を読んだり。
最近、図書館の心理学コーナーに足を踏み入れるようになり、スマホと子供たちについて考えている。

うちの子供たちは小学生。
今までスマホに関しては、高校を出るまで持たせる気がなかった。

「親が金銭面で子供を支えている間は持たせないでおこう」という考えからだったのだが、

これからどんどんネット社会は身近なモノへと変化していくコトを想定すると、

逆に

親が金銭面で子供を支えている間に、ネットとの関わり方を教えるためにもスマホは持たせるべきなのかもしれない、、、と思い始めていた。

そんな中、図書館で借りた本にアメリカのあるお母さんが子供にスマホを与えるコトに悩んで作った契約書のコトを知りました。

「スマホ18の約束」
 
ここでは掲載できないので、もしこの契約書についてご存知ない皆さんは、ぜひ検索して全文を読んで下さい!

ワタシはこれを読んで、スマホを持たせる事はアリだな、と思いました。

持たせる時期などは要検討ですが。

そこには
子供を愛し、信じ、守る母の姿が見えます。

素敵だな、と思いました。
そして、もし我が家に子供たちが「スマホを持ちたい!」という時期が来たら、我が家なりの契約書を作ろうと思いました。

自分が育ってきた環境とは違う時代を、子供たちはこれから生きていきます。

その時代を享受しながら、大切なことを教えていくコトが親に求められているのかもしれません。





カザハナ30さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ