2017/06/25 00:00
子どもがレゴで遊ぶ時、必ず床にぶちまけるので、片付けが大変です。
今までは、IKEAで買った小さい折り畳みテーブルの上がレゴの遊び場だったのですが、最近はそこが変身ロボットの遊び場になってしまったので、レゴの床への放置率が高く、踏んでも危ないので、レゴマットを作ることにしました。

201703_IMG_20170322_163010.jpg

芝生柄の生地を買っていたので、これを使用。
思っていたより芝生感が出て、イイ感じです♪

201703_IMG_20170322_160953.jpg
生地はオックス地なので、しっかりとしています。

201703_IMG_20170322_160940.jpg
直径1メートルの円にして、周囲にはロープを通しています。
折りたたんだ時、ドアノブなどにかけられるように
持ち手も4か所付けました。



201703_image000000.jpg
こんな感じ。
ロープを通しているテープは、100均で買ったものです☆

201703_IMG_20170322_161059.jpg
ロープを絞ると、レゴを一瞬でまとめられます。
このまま片づけても良いし、箱に入れる場合は、
ザーっと流し込めます♪
これは便利ーーー\(^o^)/

201703_IMG_20170322_161239.jpg
裏面は、信号柄。
トミカで遊べます☆

息子がもう少し小さかったら、フェルトで駐車場などをアップリケで作って、プレイマットにもできたのですが、今は何もない方がクリエイティブに遊べそうなので、何も作りこみませんでした。

201703_IMG_20170322_161344.jpg
持ち手を重ねると、こんな感じになります♪

直径1メートルあるので、縫う長さは結構ありますが、単純な作りなので、作るのは簡単でした♪
実際に使っていますが、子どももマットの上でレゴを広げるようになり、片付けも圧倒的に早くなりました☆

小さなお子さん向けだと、動物園や駐車場、線路、駅などをマットに作りこんでも楽しそうですね☆

直径1メートル程度の布があれば(今回は表裏で2枚使用)副資材は100均でも揃いそうです。
(直径1メートルの場合、ロープは3.5メートルほど必要になるので、100均で長さが足りない場合には、途中でつないでも大丈夫じゃないかと思います。或いは、4か所の持ち手だけでも良いのかも・・・)



こんまともこさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ