2017/06/26 00:00
めっちゃツボなチューリップ柄生地を見つけたのが、冬・・・(笑)
春までにバッグに仕立てたい!と思いながらも、(案の定)仕上がったのはGW明けぐらい・・・^^;

それでも、なんとかそれほど季節違いでもない(と自己判断w)、結局今でも愛用している、このトート。


201706mc_IMG_20170422_081228.jpg
チューリップ柄がキャッチーでしょ?

201706mc_IMG_20170422_081234.jpg
アクセントに使ったのが、籠柄のトリックファブリック。
籠の柄が印刷してあるだけだよ♪
ポイントに、くるみボタン(ダイソー)も付けました。
この、ダイソーのくるみボタン、わたし的には大ヒット商品☆

201706mc_IMG_20170422_081246.jpg
後ろ側は、身体に当たるので、ボタンは無し。

201706mc_IMG_20170422_081308.jpg
内側は、芝生のトリックファブリックだよ♪
この生地、めっちゃ気に入ってるwww

201706mc_IMG_20170422_081327.jpg
見えにくいけど、四葉も入っているの☆


自立するように、厚手の接着芯を貼ったら、貼り方へたくそで、ちょっと皺寄ってます・・・(>_<)

でも、たくさん入るし、生地はカワイイので、日々愛用しています♪





こんまともこさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/06/24 00:00
WEBショップのタイムセールで見つけた、昆虫柄生地に目が釘付け!
発売と共にゲット☆
インテリアファブリックかと思ったのだけど、実際に手にしてみたら、コットンリネンのシーチングという薄手の生地だったので、思い切って夏の服(自分の・・・(笑))に仕立ててみました☆

201704_IMG_20170526_154307.jpg

型紙は既製品を使用。
『タブリエ』って書いてあったんだけど、”タブリエ”って、フランス語で、そのまんま”エプロン”っていう意味なんだってね。
確かにこれ、シルエットはエプロン。
ふわっと着られて、思った以上に楽です☆


201704_IMG_20170526_154316.jpg
このオレンジと昆虫柄に一目ぼれ♡


201704_IMG_20170526_154529.jpg
昆虫柄を使い切るために、ポケットにも
昆虫プリントをパッチワーク☆

201704_IMG_20170526_154420.jpg
ハンドメイドだと、ボタンも好きなものを使えるのが楽しいです♪

201704_IMG_20170526_154708.jpg
バックスタイル。
実は、この布、一人が買えるメートル数に制限があって、
ワンピを仕立てるだけの量に足りなかったため、
おなじシリーズの別の布を買って、足しています。
後身頃の左半分は、他の布。
でも、同じシリーズなので、色味は合っているから、わからないでしょ?(笑)

201704_IMG_20170527_132344.jpg
まさかの着画!(笑)
サンダルは、ヒラキだよ♪
安かったから心配だったけど、履きやすい☆


作っているときは、「派手かな〜」「奇抜過ぎるかな〜」と思っていたのですが、実際に出来上がると、(手前味噌で恐縮ですが・・・^^;)めっちゃカワイイし、着やすいしで、最近のお出かけは、いつもこれ、着ちゃってます☆

この型紙、作るのも簡単だったし、今度は無地のリネンとか、秋冬ならウールとかで、また作ろうかと思っています♡





こんまともこさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/06/23 11:21
数年前に、浴衣を作ったら素敵かも♡と思って、購入していたアフリカの布。

5メートルほどあったので、1メートル分を使って、日傘を作ってみました♪

20170622_IMG_20170616_140033.jpg

傘の骨、型紙、UVカットの裏地、UVカットスプレーは、市販品を購入。

20170622_IMG_20170529_170450.jpg
アフリカの生地。


個人的に、民族衣装の生地は、他の民族衣装に仕立てても素敵☆だと思っています。
例えば、日本の着物生地でチャイナドレスを仕立ててもカッコいいと思うし、チャイナドレスの生地で、着物や帯を仕立てても、素敵だと思います。

なので、海外旅行などで他の国の素敵な生地を見つけると、「浴衣にしたら素敵そう♪」と思って、ついつい買ってしまいます・・・^^;


20170622_IMG_20170529_170504.jpg
ダンゴムシみたいな、繭玉みたいな、不思議な柄と
大胆な色使い!

型紙に沿って、生地を切ります。



20170622_IMG_20170602_125431.jpg



あとは、縫い合わせて、傘の骨と合体させるだけなので、洋裁というよりは、半分工作な感じで、工程としては、難しくはありませんでした。

でも、生地の厚さとかで、綺麗に仕上げるには、やっぱりコツがありそうです・・・。
骨と生地を綺麗に合体させるのが難しくて、何日もかかってしまいました・・・(細切れ時間だからね・・・)


20170622_IMG_20170616_140050.jpg
一応完成\(^o^)/
イメージ通りで、感激☆

20170622_IMG_20170616_140055.jpg
ふちのレースがポイント♪
江戸川乱歩の世界をイメージしたんだけど、違うかな?(笑)
(明智君の方じゃなくて、『人間椅子』とか『原色の孤島』とかの方ね^^;)

20170622_IMG_20170616_140150.jpg

20170622_IMG_20170616_135902.jpg
折り畳み式です♪


今回初めて作ってみたのですが、先ほども書いたように、プロセスはそんなに複雑ではなくて、工作的に作れます。
ミシンは、傘布を接ぎ合わせる直線縫い程度かな?
難しくは無かったけど、綺麗に仕上がるには、骨と布を合体させるところだけ、手間が掛かる感じでした。

真夏に入る前に、オリジナルな日傘が完成して良かったです☆
裏にはUVカット接着芯を貼ったし、UVカットスプレーは、撥水・撥油と書いてあるので、少しの雨ぐらいなら防げるかな?

ちなみに、手作り日傘の骨は、ネットショップで1300円ぐらい、スプレーは1000円ぐらいでした☆

同じ生地があと4メートルほどあるので、地元の花火大会に間に合うように、浴衣に仕上げる予定です♪
(もちろん、ミシン縫いの簡単なやつだよ☆)







タグ(関連ワード):ハンドメイド 手づくり日傘 アフリカ
こんまともこさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ