2017/02/14 06:31
おはようございます(^^)

昨日は次男の学校説明会でした。


長男のときの説明会は一昨年。


基本的に持ち物など変わってることもなくて、
学用品販売も説明会の会場であり。



長男のときは色鉛筆ひとつにしても、
これでいいのかとか、他の子と違うと本人が気にしちゃうかなとかすんごく色々細かく考えて、結局全部会場で揃えたんですが。




実際に通わせてみると、
ここは別に周りにあわせる必要もないとか、ホームセンターのほうが安いよとの声を聞いたり、そんなことが色々とわかってきたので、週末に文具やらの買い出しに行って来ました。



学用品販売の購入プリントと照らし合わせながら細かなものを購入しようとしたのですが。



あれ???


あれ?????


会場で買う方が
ホームセンターよりも安いぞーーーー。。

我が家の場合はすべてホームセンターのほうが高いという結果に。

ということで、


結局長男同様、
全て会場で揃えることになりました。



しっかし
キャラクターものだと
値段も倍でびっくり〜。




我が家は筆箱と消しゴムだけは次男の好きなキャラクターもので、
あとの学用品は学校の教材屋さんで揃えました。



大きな袋のたくさんの荷物をみて、
大喜びの次男

Fotor_148702119073647.jpg


楽しみでたまらないのです
(´ー`)♡



そんな次男。
口コミサンキュ!からモニター依頼を受け、
「チャレンジ1ねんせい 1年生準備スタートボックス」
を活用しています。



_20170211_222939.JPG



「チャレンジスタートナビ」
は我が子全員に人気^^

「1ねんせいじゅんびワーク」
は教科学習に慣れるという意図があるので
そろそろかなぁと思って始めてみました。



_20170211_223351.JPG

奥で長女もお勉強中ですが。
(゜.゜)笑

小学校の教科書に沿うような教科ワークになっていて「かきかたばっちりワーク」と
「チャレンジスタートナビ」で
文字の基本のつくりを意識して学んだあとに
このワークで教科書学習を体験。






_20170211_223230.JPG

と言ってもやっぱりまだ
字の形がいびつなところもあり。
(^^;


その都度声をかけて正しながら。


ちなみにこれは一緒に学習していて気付いたんですが、数字も急にヘンテコなかきかたをしたりするんですよね〜。

_20170211_223114-882a0.JPG

だけど、ワークにもおてほんが書かれているのでここを見ながら書きなおす。

これはナイスでした〜!

_20170211_223448.JPG

そして面白いのがこれ!

ワークとチャレンジスタートナビが連動するのですが、これは大人でも面白い〜。

_20170211_223506.JPG

これはコラショが
「かっこいい!(^^)」
って言ってくれてるところ。




_20170211_223601-6bb91.JPG

チャレンジスタートナビの機能は沢山あって、
こんな風に書き方の練習もあれば
数、カタカナ、時計、
あとはミニゲームもあったりして。



保育園に行くまでの車中にも持っていくほど 次男は楽しんで活用しています。





気付けば卒園まで
もう1ヵ月とちょっと。。

注文していたランドセルも届いて。


_20170211_233238.JPG

保育園の残す行事もひとつ、またひとつと終わっていくのが 、さみしくてたまらないのは母のほうだよ。

苦笑


本人は1年生になることをとても楽しみにしているので
このまま自信と希望を持って
入学式を迎えられることを
願っています。





あとは大事な行事が続くので、体調管理は本当に気をつけないと!
って、卒園児のいる年は日々ハラハラです^^;



IMG_20170211_224717_820.jpg

インフルエンザになりませんように〜!


***この記事は編集部の依頼によりモニターとして書いています***
***掲載の体験談は個人の感想です***

最後までお読み頂きありがとうございました♡

oshimiさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/01/14 17:07
こんにちは(^^)



週末は寒さが厳しいとは言ってたけど、
本当に寒 ーーーい!!!!


今日は洗濯物を干しにベランダに出た以外外に出てません。
苦笑


休みの日はゆっくり眠っていたいけど
そんな日に限って早起きする子ども達。



いやでも。
早寝早起きの習慣がつくのは良いことですよね。




只今我が家の次男
口コミサンキュ!からモニター依頼を受け、
「チャレンジ1ねんせい 1年生準備スタートボックス」
を活用しています。


ボックスを開けてから相棒のようにいつも一緒なのがめざましコラショ。



DSC_0505.JPG


名前通りの目覚ましの役目だけではなく、
就寝時間を設定できる優れもの。


市販の目覚まし時計にはない機能ですよね。
(あるのかな?私は知りません〜><)


我が家は9時には寝室に行くことになっているので、就寝時間を9時に設定。

そうすると8:30にコラショが「あと30分で寝る時間だよ」と教えてくれます。

歯磨きとお風呂は済んだかな?なんて聞いてくるのにも子ども達毎回律儀に答えています。



Fotor_14843527070371.jpg


なのでコラショの目覚ましは子ども達と一緒にいつもリビングにいますよ〜。

寝る時間になったら音楽が鳴って
「そろそろ一緒にねよう〜」
と教えてくれるのでコラショと一緒に布団へ。

ちなみにモニター中にクリスマスを挟んだのですが、
その夜はいつもとは違うクリスマス前のメッセージが
これには子ども達大興奮でした^^

コラショってば粋なことしてくれるな〜


朝は、名前を呼んで起こしてくれます。
これに反応して我先にとアラームを止める早起き合戦のようになっている我が子たち。。
苦笑



早起きをするには早寝から。
1年生になる準備としてまずは早寝を心がけ、
就寝時間の意識づけから始められるというこの教材。

これは私も職業柄、
子どもの睡眠の講義を何度か聞いたことがあり、
早寝早起きの大切さ、就寝時間と脳とからだの成長を
これでもかと聞いてそして現場でも見てきました。

ただの目覚まし時計ではない考えられたこの教材はさすがとしか言えません


Fotor_148437790406268.jpg

そして目覚ましとしての機能だけでなく
時計の文字盤も1分単位で表示されていて
音声、針表示、数字表示
で読み取れるようになっています。


長男の時は時計を読むのに本人が最初はかなり戸惑って苦労していたので「これ2年前にも欲しかった〜」と母の心の声。




次男は、私に似てねぼすけなので。
苦笑

早寝早起きが楽しく習慣化してくれたらうれしいな。


Fotor_14843779417881.jpg





***この記事は編集部の依頼によりモニターとして書いています***
***掲載の体験談は個人の感想です***



最後までお読み頂きありがとうございました♡











oshimiさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2016/12/18 22:51
こんばんは^^


気付けばもうこんな時間。


いつもバタバタな私に、この年末の忙しさが加わるともうパニック状態でしかない。
苦笑



そんな感じで毎日てんやわんや状態ですが
(1人でね)

12月、、もう12月もおわるじゃーーーん!


って、次男の卒園まであと3カ月ちょっとです。



口コミサンキュ!からモニター依頼を受け、
「チャレンジ1ねんせい 1年生準備スタートボックス」
を活用しています。


今日も見ていたのが、こちら。

_20161218_230006.JPG


これは、こうつうあんぜんアニメDVD。

_20161218_111821.JPG


アニメの物語を通して、交通ルールを知る、正しく理解する内容なんですが、ドキッとするシーンもありますよ。


初めて長男が学校に入学する時に1番不安だったのが登下校。
小学生の子ども達、当たり前に朝は登校班で、帰りは同じ学年の下校班で帰ってくるわけですが、なんせ一人で公道を歩くなんて経験はしていないので心配で仕方なくて。

我が子達の行く小学校は市内一学区が広く
遠くの子はバスで通うという学校なんですね。

そして説明会で校長先生から言われたのが
「わが校は、学区が広範囲ということもあり、登下校中の交通事故が市内一と言われています」という言葉。


ドキッとしました。


うちの子ども達の通学路は、県道沿いになるのですが朝も帰りも大きなトラックがすぐ隣をびゅんびゅん走っている本当に危ない通学路。
春のうちは帰りの下校班にはお母さんたちが順番でお迎えに行って一緒に帰るのですが5月を過ぎたら子ども達だけでの下校です。



勉強ももちろん大切なんだけど
それよりもまずは事故なく登校して
元気に帰ってきてくれることが1番と母は思っています。


_20161218_230027.JPG


交通ルールや標識の正しい理解につながるこのDVD。

そして、街中で起こりうる危険な場面もクイズ形式で自分で考えられるようにすごくわかりやすく描かれていて子ども達も危険という認識をしっかり持てるだろうなと感じました。

本当に強い味方です。

何よりも大切なのは自分の命です。

正しく理解して、小学校1年生を怪我なく元気に過ごせるように
母は何よりもそれを1番に願っています。

_20161218_230120.JPG


余談ですが、チャレンジのエンディングってなんであんなに親泣かせなのですか〜。

もう、3月のその日を想像して母はDVD観て泣いてます。
長男の時も泣きましたが、
2年目でも泣けます。






***この記事は編集部の依頼によりモニターとして書いています***
***掲載の体験談は個人の感想です***


最後までお読み頂きありがとうございました♡
oshimiさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ