2018/01/10 15:35
こんにちは(^^)


以前、ガス会社を変えてガス代が安くなる予定です〜
とブログを書いたのですが


この度
その話、、
なくなりました!


DSC_1988.JPG


でもね、この話
皆さんにも知っていてほしいな〜なんて思って
今回なぜ変更できなかったのか
っていう我が家の流れを記録したいと思います。


でもちょっと長いかも。
興味のある方のみ読んでもらえたらと思います。

まず

@変更しようと思ったきっかけ

とあるガス会社代理店の営業マンの訪問。

切り替えた方が
今のガス会社さんよりもガス代が安くなることを伝えられて。

でもぶっちゃけ
太陽光を取り付けて給湯も電気の我が家のガス代は
コンロのみなので
今の価格でも全く高いとは感じない。

特に今のガス屋さんへの不満もなく
なんならガス代にも不満もなく
かといって辞めたくない理由もなくだったのですが

切り替えるのも特にお金も時間もかからず
それでいて安くなるのなら
断ることもないかな〜と
切り替えることに。


簡単に書類にサインして
その日のうちに切り替えの予定日も決めました。

後日ガス会社の担当が一度自宅に来るとのこと、
その時に契約に縛りがあったり
違約金などをとる会社もある為
今の会社との契約内容を確認したいので
書類の用意をお願いしますと言われて終了。


A新しいガス会社の担当者の訪問

担当の方に契約書類を見てもらうと
今の会社との契約のなかには
ガス配管工事を無償で行うかわりに
15年間貸与契約を交わすとの内容があり
今切り替えることで違約金が10万程発生することになる。

との契約内容となっている。

でも家を建てる際の契約書にはガスの縛りについての記載がなく
ガスの配管は元々の家を購入した際に
施工主の我が家がすでに払っているもの。

このガス会社のいう貸与契約書は
契約者が乗り換えない為のものだけであり無効である可能性が高い。

なので単純にこれは払わなくてもいいもの。
このまま切り替えの段取りをとっても問題はないですよと。


あぁ、そうなんだ。
いいっていうならいいんだよね。
いやでも私、気になる。
その10万。

突っ込んで話を聞くと請求はされるとのこと。
でもその際はこちらも対応するのでとにかく払わなくていいのですと。
そして、万が一裁判を起こされる場合もあるけど
その際は会社から弁護士をつけて負担なくすすめますと。

話が話なのでとりあえず夫と話し合ってみます。
と、一度決めた切り替え日の予定は白紙に戻す。


B切り替えの旨を連絡

その後考え、本当に払う義務のないものであって
フォローの体勢がそこまであるのなら
切り替えようかと決めて担当者に連絡。
この時点では今のガス会社への不信感もあり。
(知らぬうちに契約内容に騙されてたのかな〜みたいな)

C切り替えの契約書にサインする

新しいガス会社の担当の方が来て再度話しを確認。
納得した上でサインをする。
切り替え日も決まる。
今の会社が自宅に来て色々と言うかもしれませんが
できるだけ顔を合わさないでくださいと言われて
何か言われたら全て教えてくださいとも伝えられる。

ちょっと違和感を感じるもののまぁいっかと
わかりました〜と返事。


D今のガス会社の方が引きとめに来る

顔合わすなって言われたけど
ちょうど帰ってきた所にばったり出くわしたので顔合わせました。
苦笑
でもなんで顔あわせちゃいけないのよ?
って新しい会社へも若干の不信感。

請求額を提示されて本当に切り替えますかと聞かれる。
新しい会社の担当に言われたことをそのまま話す。
払わなくてもいいものだとも言われててと。
でも、契約を交わしてるので支払ってもらわないといけなくて、、
と押し問答。
そして気付いた。

どっちの会社も片方のことを悪く言うばかり。
びっくりするくらいお互いが真逆のことしか言わないの。

なんかもう腹立ってきた。
消費者のことまったく考えていないような
このガス会社の世界に腹立って来た。

そのうちになんかもう面倒になってきて
でもやっぱりこの違約金10万が気になるし
一度切り替えをキャンセルすることにした。

ELPガスお客様相談所に電話をする

だいたい何から話せばいいのか、、
とも思いながら電話。
第三者の公平な意見を聞きたかった。

切り替え検討の経緯と
今両者の会社が全く真逆のことを言っているので
何が正しい情報なのかがわからないと。

相談所では、この会社の方がいいですよとは言えないけど
今相談で多いのがまさにその
貸与契約の違約金を払わずに切り替えて
消費者と元の会社が揉めている事案がほとんどなのだそう。

ほら、やっぱり揉めるんじゃん
(゜-゜)

とにかく新しい会社に切り替えるのであれば
違約金などのことをクリアしてからにしましょう。

違約金を残したまま切り替えないことが1番ですと。


F新しいガス会社担当再度訪問

キャンセルしたのでもう1度確認に来たそう。
今までの経緯などももう1度話し、
やっぱり違約金が引っかかると伝える。

ちなみにこのまま違約金の事をクリアしないまま切り替えたら
その後どういうことが起こるのかと聞くと
請求書がきますが払わなくても大丈夫です。

まぁその中で新しい会社に報告したり色々するものの
基本的には請求書を無視することを続けるということだった。


なんかそれって、、
永遠に取り立てられてる気分すぎて私、、
知らないふりを続けることが無理かと思います!!


と思い、夫とも話し今回の切り替えは見送りました。


ガス自由化といえども
ふたを開けたら自由でもないなと感じた出来事。


ちなみにこの貸与契約っていう縛りは
家を建てて様々な書類にサインして
っていう中で行われてたりすることが多いので
99%気付かないうちにこの契約を結んでいるそうです。


それが本当に必要な契約なのか
はたまた今回の担当者が言うように
切り替えを阻止するためのものの場合があるのか
結局はどっちが正しいのか全くわからない。


でも、まぁ。
お互い印象の悪いような担当さんでもなく
仕事熱心で、会社想いだなぁなんて思ったり。


でも、我が家は諦めたガス自由化。

そんな
ガス会社変更のドタバタ騒動でした。


いや〜!
世の中って難しいな〜



最後までお読み頂きありがとうございました♡
oshimiさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ