2018/07/26 23:28
この春に小学生になった息子が、人生初の通知表を持って帰ってきました〜(*^_^*)


P_20180724_113208.jpeg

通知表「あゆみ」は ◎ 〇 △ の3段階評価なのですが

「1学期の『あゆみ』には◎はつけません」

と懇談会で言われました。

〇 と △ の2段階評価にして、差をなくすのが目的なのでしょうか・・・

聞いたばかりのときは、

(どうせ2段階なら、〇 と ◎ にすればみんな喜ぶのに・・・(゜o゜))

と思いましたが

そうすると2学期以降に△がついて、評価が落ちる子がでてしまうのでしょうね・・・

「初めはみんな低い評価で、2学期以降は◎がついて成績が上がる子もいる」

という方が、「残念な気持ちになる人数が減る」ということかもしれません。

息子が「あゆみ」のほかにもらってきたのは

「げんきにがっこうに きたでしょう」

という皆勤賞の黄色い賞状です。

4月の入学当初は

「がっこうに いきたくない」

と毎日言っていて、泣かれる日もあったし、本当に心配でした。

のびのびとした遊び中心の保育園から

何時間も席についていなくてはならない小学校へと環境が変わり

帰ってくると もう ぐったり・・・(+o+)

息子が通っていた保育園からは息子しか入学していないし

知り合いもいなくて不安な日々だったと思います。

それでもどうにか毎日通って、いただけた賞状

ずいぶん嬉しそうに、照れくさそうにしていました。

息子は夫と私の母校に通っているのですが

30年前と現在ではいくつか変わっていることがあります。

皆勤賞の賞状に

「ほりえ てるひとさん

と「さん付け」で名前が書かれているのですが

男の子でも「〜さん」って、先生に呼ばれるのです〜(゜o゜)

入学式の日に初めて聞いて、スゴイ違和感を覚えました\(゜ロ\)(/ロ゜)/

息子の小学校だけなのか、全国スタンダードなのかはわかりませんが

先生の影響からか男の子同士でも ときどき

「ちょっと てるひと さん!!」

と呼んだりしていて

口調が強いときですら「さん付け」なので不思議な感じ・・・(笑)

あとは、私のころは2年に1回だったクラス替えが毎年あったり

1学期間に1回程度だった席替えが毎月あったり

いろんな人と関わる機会が、昔より増えているようです。

夏休みが始まり 息子としては ほっと一息ついているようなので

夏の間にたくさん充電して

2学期もどうにか楽しく通えるといいな・・・


私が小学生のころの「あゆみ」で、今でも忘れられない思い出があります。

たしか小学3〜4年生のころ・・・

夏休みの終わりに

「家庭から学校への通信欄」

を親に書いてもらったときのことです。

「夏休み中の家庭での子どもの様子」
「学校に相談したいこと」
「気になっていること」
「子どもががんばっていること」

などを書く通信欄です。

始業式を翌日に控えた晩に「あゆみ」を持って、ほろ酔いで上機嫌の父のところへ向かいました。

「お 『あゆみ』か

どれ

なにを 書こうかな〜」

と太めのペンを手にした父。

通信欄に、おもむろに







と縦にかいて、それぞれぐるっと〇で囲みました。

そしてその横に

あ 明るく

ゆ ゆかいな

み みんなの仲間

と書いて

「うん!

できたぞ。

はい、どうぞ。

持って行っていいよ〜」

と父。

・・・・

・・・・(゜o゜)

・・・・え?

・・・・それだけ???\(◎o◎)/!

・・・・え?

これ、学校にもっていくの?

・・・

これ 先生に出さなきゃいけないの???

・・・

これ みんなに見られたら

なんて言われるだろ・・・

これしか書いてないなんて

先生に

「なんでふざけてるの」

って怒られるかもしれない・・・



ぐるぐる考えて

怒られる自分を想像し

悲しくなって

最終的に

号泣です 号泣、わたし・・・・(T_T)

泣き出した私に、母はびっくりはしたものの

父を止めるでも責めるでもなく

「あら〜 悲しかったの、まいちゃん」

という程度で話は終わり

父からは

「君って不思議だなぁ

そうか〜

いやなのか〜

ぼくが先生だったら、いいコメントだなって思うのにな〜」

と 父には私の気持ちはいまひとつ伝わらず・・・(@_@;)

枠いっぱいにでかでかと

あ 明るく

ゆ ゆかいな

み みんなの仲間

と書いてあるので、それ以外のコメントは追加するスペースは無く

仕方なく 

そのまま先生に提出しました。

怒られるのではないかとビクビクしていたけれど

父の「あゆみ作文」に対して先生はまったく触れることなく

次の学期の通知表も普通に渡されました。

それ以降は

「酔っ払ったお父さんに 通知表のコメントを書かせたらいけない」

と必ずお酒を飲む前に渡すように変えましたが

自分が大人になってみると

そのくらいで怒るような先生、いないかもしれないな、という気がします・・・(^^ゞ

むしろ今はあの時の父のように

「私が先生だったら いいコメントだって 思うかもしれない」

と感じています。

まぁ〜

でも 

私は小心者なので

息子の通知表では「あゆみ作文」は造らないで

至極まっとうな ありきたりの 「家庭からの連絡」を、この夏の終わりに書くことでしょう・・・

息子の「あゆみ」を見て突然頭に浮かんだ「あゆみの思い出話」でした(^^ゞ

サンキュ!ボタン押して下さったら、飛び上がって喜びます☆


堀江麻衣さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/07/25 23:30
アツいよ アツいよ〜\(゜ロ\)(/ロ゜)/

暑いよ

厚いよ

熱いよ

あついよ〜・・・

何度言っても

あ・つ・い・よ〜

なんですか・・・\(◎o◎)/!

この気温・・・

ああ・・



ってやつですね・・・(+o+)

夜間はクーラーの効いた部屋に閉じこもっていますが

日中はその涼しい部屋から這い出して

活動をせざるをえない・・・(~_~;)

買い物に行くために10分でも外出すれば滝のような汗・・・

我が家のキッチンはクーラーが効かないので

もう

料理なんて

全くする気が起きません・・・・(;一_一)

しかし一応 主婦なので

かろうじて台所に立ってはいますが、極力ガスの火は使いたくない・・・(@_@;)

炎の前から離れられないので 暑さ倍増だし

部屋の気温も上昇するし

火から離れたところにいる家族が

「暑い〜」

とでも言おうものなら

(火の前にいるわけじゃないんだから

そっちは暑くないでしょー!(-"-) )

と無駄にイライラするし

やっぱりできることなら、ガスの火を使いたくないのであります・・・。

IH だったら、暑くないのかしら・・・?

ガスの代わりの加熱方法として、ここのところ我が家で大活躍なのが

「電子レンジ」

でございます・・・。

インターネットで 「レンチン レシピ」 とか検索しまくって

ひたすら電子レンジで出来る料理にチャレンジしているのです。

昨日の夕食は

豚肉とシシトウのレンチン蒸し

P_20180723_173945.jpg

豚肉にオイスターソースとごま油をからませて皿に敷き、シシトウを載せてレンチンしたものです。

シシトウに食べるラー油をたっぷりかけて。

炒めたものとはお肉の食感がやや違いますが、これはこれでアリでした。

なんせ 火を 使わなくていいしヽ(^o^)丿

こちらは

レンチンで作ったホワイトソース

P_20180723_173328.jpg

これはお料理ブロガーの「みきママ」さんのレシピで、材料を混ぜて5分程度加熱するだけです。

「ナスとミニトマトをレンチンして味付けしたもの」の上にこのホワイトソースをかけて

ピザ用チーズをかけて

P_20180723_173828.jpg

いつもならオーブンで焼いて焦げ目をつけるところだけど

仕上げもレンチン・・・・

P_20180723_184747.jpg

だって・・・

オーブンも

部屋の温度が高くなりますから・・・!(>_<)

オーブンすら

出来ることなら使いたくないという・・・(゜o゜)

いや、さすがに朝食に「ピザトースト」を作ったときはオーブンで焼きましたが

それもチンでいいのかも・・・

とここまで書いて調べてみたら

「レンジでピザトースト」

のレシピが出てきましたよ〜!!

しっとり・ふわふわになるそうです。

う〜ん

もう 

夏は

電子レンジさえあれば どうにかなるのではないかしら・・・。

我が家は数年前に「炊飯器」を手放してしまったので

ご飯は通常「鍋+ガス火」で炊いています。

でも

ひたすら繰り返しになりますが

「極力ガス火は使いたくない」ので

検索 検索・・・・

あった!

ありましたよー!

特別な道具がいらない「電子レンジ炊飯」のレシピが!

クックパッドで「kiyoisi」さんの「電子レンジでおいしいご飯を炊く」というレシピです。

さっそくチャレンジ〜♪

耐熱容器に

無洗米2合(300g)
水 480ml

を入れて、10分〜30分くらい浸けておきます。

P_20180723_165523.jpg

電子レンジで沸騰したタイミングでスイッチを切れるよう、ガラスの耐熱容器が良いそうです。

700wで7分加熱し

ボコボコっと沸騰したら

弱(解凍)にして10分加熱し

10分蒸らせば完成!

下の写真は、加熱直後↓

P_20180723_171341.jpg

10分の蒸らし直後↓

P_20180723_172342.jpg

炊けたー!

P_20180723_172407-6299c.jpg

写真で伝わりづらいかもしれませんが

驚くほど普通に炊けました!

もう

夏の間は

これで行こう!!

この後炊き込みご飯も電子レンジで炊いてみましたが、問題ない出来上がりでした。

ナイス レンジ!

1人暮らしを始めた直後とか

炊飯器が壊れてしまって買い換えるまでの間とか

電子レンジ炊飯は便利かもしれないです〜ヽ(^o^)丿

あとは 我が家のように

炊飯器も無く

エアコンも効かず

ガスを使いたくなくて

電子レンジがあれば生きていけるという方には
(いるのかしら・・・?)

おススメであります!

サンキュ!ボタン押して下さったら、飛び上がって喜びます☆
堀江麻衣さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2018/07/24 14:09
私は神奈川県在住ですが、自宅から2時間くらいのところにある山梨県甲州市の塩山によく遊びに行きます。

祖父の土地を父が受け継ぎ、そこへ父が作った遊び場があるのです。

とんてん かんてん

父が一人で建てた家や

じゃがいもなどの作物やハーブ類を育てる畑

そして 器を焼くための陶芸窯もあり・・・

父の自宅とは別の場所にあるので「別荘」と言えば別荘ですが、やはり「遊び場」という感じです(*^_^*)

ここと神奈川の自宅との大きな差は

「火を日常的に焚く」

というところです。

薪ストーブが2台あるので、毎日のように火を焚いて、お湯を沸かしたり魚やお芋を焼いたり・・・

近所の方が来ると

「この家は 昔の暮らしをしていて なつかしいわ〜」

なんて言われることもあります(^_^)

こちら、近所の農家の方にいただいた桃の木。

P_20180402_073236.jpg

2年ほど置いておくとしっかり乾燥して、いい薪になるそうです。

桃の木の前には、父お手製のブランコが。

P_20180402_073200.jpg

ロープと端材でささっと作ってくれたものですが、息子が大喜びで遊んでいました。

まだ作物を植える前の畑にはテントを張って、子どもたちの隠れ家づくり・・・

P_20180402_072343.jpg

私がこどものころはよく河原でキャンプしたのですが、河原は小石が沢山あるので背中が痛いんです〜(@_@;)

ここは畑だからか全体的に柔らかく、寝心地が良かったです。

周りは桃畑なので、春には一面のもも色に♪

P_20180402_072526.jpg

そして初夏には、バラも満開!

CIMG3062.JPG

ちょきんと切ってウェルカム・フラワーに(*^_^*)

CIMG3035.JPG

辺りを散歩するとたんぽぽがたくさん生えていたので、遊びに来ていた友人のお母さんがリースを作ってくれました。

CIMG3103~2.JPG

三つ編みのように編み込み、輪っかにまとめて完成!

CIMG3119~2.JPG

せっかくなので パチリ

CIMG3129~2.JPG

もう一枚 パチリ

CIMG3114~2.JPG

隣の土地をかりて、作物を育てている畑

CIMG3038.JPG

バジルも父が種から苗に育て、それから畑へ・・・

CIMG3036-dfbab.JPG

畑にところどころ見える丸い植物、ご存じでしょうか・・・?

CIMG3060.JPG

コキアという植物で、和名は「ほうき草」です。

その名の通り、この植物でほうきを作れるんです〜

CIMG3065~2.JPG

我が家もひとつもらって、玄関につるしてあります(^^♪

お隣の田んぼは

水を張るとすぐにカエルの住処になるようで

CIMG3037.JPG

夜になると大合唱です。

それまでいったいどこにいたのだろう・・・・?

いつ「水を張った」という噂を聞きつけてやってきたのかしら・・・?

と不思議になるくらいの変化です。

ちょうど田植えが終わったばかりの田んぼに、やってきた3羽のカモたち。

CIMG3082.JPG

かわいいなぁ〜

キジもときどき見かけますが、野生の生き物をみられたときは盛り上がりますヽ(^o^)丿

約20年前、私が高校生のころに、父はこの遊び場を作り始めたのですが

私がこの場所を好きになったのは4〜5年前くらいです。

それまではなんだか今一つ良さが分からなかったというか、あまり興味がわかなかったというか・・・(・_・;)

昔は近所に豊富にある温泉にもそんなに魅力を感じなかったし

ひろびろした風景や、まして畑になんて目が行きませんでした。

それが4〜5年前から突然魅力を感じるようになってきたのです。

なんでしょう・・・

年をとったということかしら・・・?(^^ゞ

温泉も最高だし

空は広いし

辺りを見回せば広々していて、心をぐいっと伸ばせる感じです。

息子もこの場所が大好きで

「じいじの とこ いきたい」

と言うから近所の父の自宅に連れて行ったら

「ちがう・・・・

ここじゃ ないの!

うわ〜ん・・・!!!」

なんて泣かれたこともありました。

あ、山梨に行きたかったの?

あっちは2時間かかるからね・・・

そんなにさくっとは行けないのさ・・・・(@_@;)

ここには大勢友人や親族が集まる機会がよくあるのですが、そうなると食事も一大イベントです。

皆で協力して、食事作り♪

あるときのお昼ごはん。

CIMG3134~2.JPG

ストーブで じ〜っくり焼いた いわし!

CIMG3137~2.JPG

野菜 どーん!

CIMG3138~2.JPG

キュウリの後ろに見えるのは「みょうがたけ」といって

みょうがの葉っぱです。

みょうがは地面からぽこっと生えてくるのですが

辺りにこの茎の部分がにょきにょき出てきます。

それをちょきんと切って、下のほうの柔らかい部分を食べます。

みょうがほどキツクなくて、すごくおいしいです〜。

そして 山梨といえば

ほうとう!

CIMG3139~2.JPG

行く度に良く作るので、もうお店で食べようとは思わない・・・。

ラストは アボカド&生ハム!

CIMG3141~2.JPG

いや〜 どれもおいしかった!

皆で作ってのんびり食べるので、それぞれ2時間くらい食事にかかりますが

それも スローライフって やつかしら・・・

なんて、山梨での時間を楽しんでいます。



サンキュ!ボタン押して下さったら、飛び上がって喜びます☆

堀江麻衣さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ