2018/05/09 16:20
5/7の月曜日に、東京都渋谷区にある「トキ・アートスペース」というギャラリーへ、展示を見に行ってまいりました。

この展示のタイトルは 

"House on the sea" (ハウス オン ザ シー)

P_20180507_121400_HDR.jpg

中村洋子(なかむら ようこ)さんと

加藤亮(かとう りょう)さんという

2人の作家さんのコラボレーション展示です。

中村洋子さんは、何度かブログに書いたことのある多摩美術大学の私の恩師、中村錦平(なかむら きんぺい)先生の奥様で

金属メッシュによる作品を発表し続けているアーティストです。

多摩美術大学に在学中から何度も洋子さんにお会いしていますが、とてもさわやかで上品な方です。

気配りや気遣いをさらっとしてくれて、その上おしゃれでかっこいいという・・・\(◎o◎)/!

連れて行った7か月の娘にもたくさん話しかけてくれて(*^_^*)

優しくて気さくな、魅力的な方です。



「海底のイメージ」

という今回の展示ですが

加藤亮さんの船の作品に、洋子さんが直感を受けて作り上げたそうです。

私の写真の力不足で、雰囲気やサイズ感が伝わりにくいかもしれませんが、部屋いっぱいに設置された作品です。

逆さまになった船に光っているのは、イカ釣り漁船などに使われる水銀灯。

P_20180507_121320_HDR.jpg

ぼわ〜っと 強く 発光していました。

実際は明るく白い光だったのですが、なぜだかすべての写真が青くなってしまいました(T_T)


船の下に浮かんでいるのが、洋子さんの作品です。

P_20180507_120417.jpg

金属のメッシュで空気をはらみながら「宙に浮く」様子でしたが

海中で沸き起こる空気の流れのようなものを感じました。



美術大学に入学する前は、「アート」というと絵や彫刻、飾り物というイメージしか無くて

「アート」に必要なのはキレイさや、日常の中での親しみやすさ、居心地の良さだと思っていました。

美しい彫刻を見て「キレイだな」と感動したり、部屋に絵を飾って癒されたり、手作りの器を使って嬉しい気持ちになったりということだと。

でも今は、「親しみやすさや癒し、感動だけがアート」ではないと思っています。

違和感でもいいし、衝撃でもいいし、何か人の心を動かすものが「アート」なのかもしれません。



今回の洋子さんの展示で私が感じたのは「非日常」と「ワクワク感」でした。

手前の展示室からパーテーションで区切られた、奥の部屋に入るときのワクワク感。

狭い入口から少しだけ覗けた作品の全体が、ふわふわと広がっていました。

P_20180507_121639_HDR.jpg

天井には洋子さんのメッシュの作品が張り巡らされていて

P_20180507_120909.jpg

天井を見上げながら部屋をぐるっと回ると

海の底から海面を見上げているような感覚になりました。

金属メッシュなので完全に無機物なのですが、なぜだか「やわらかな生命体」のようにも見えてくるという不思議・・・

日常生活に忙殺されて、心を広げる時間をなかなか持てなかったのですが

この「非日常」の空間に触れて、こころのストレッチが出来たように思います。


会期は2018年5/1-5/13、入場無料です。

「トキ・アートスペース」と検索すると、ギャラリーのホームページが見つけられます。

本日を含め、あと5日ほど展示期間がありますので、興味のある方は是非足を運んでいただけたらと思います(*^_^*)



*全ての写真の掲載許可はいただいています。
堀江麻衣さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/02/23 13:02
今週のイチオシ!は「私のブログ について」です。

昨日の記事は、「ブログに対する考え方が変わったきっかけ」になった大学の恩師の助言について。

その恩師の講演会自宅
          ↓ 
P_20160812_111519.jpg

岡本太郎さんの書籍や、岡本太郎美術館についての記事を読んで下さってのアドバイスでした。

そして本日の記事は、その恩師に指摘された私のブログの課題点についてです。

大学の恩師に関わる記事を書いた後、それを印刷してご自宅へ郵送し、読んでいただきました。

こちら、恩師の中村錦平(なかむらきんぺい)先生。

FB_IMG_1487599850510.jpg

多摩美術大学の名誉教授で、世界的に有名な陶芸家です。

郵送した私のブログ記事を読んでくださった後、すぐにはがきでお便りをくださいました。

私が書いたブログ記事に対しておおかたほめて下さった後、最後にこう書き添えられていました。

「一つ苦言すれば

写真が雑なことです。

でもこれが

ブログ風と見るべき表現形式

なのですかねー。」

との言葉。

ひょ ひょえ〜っ\(◎o◎)/!

私の写真・・・・

雑ですか・・・!?

予想もしていなかったコメントでしたが、そもそもこれまで写真について、あんまり考えたことはありませんでした・・・(@_@;)

改めて自分のブログを読み返してみると

確かに、ただただパシャパシャ撮ってなんとなく載せただけの写真ばかり・・・(+o+)

言われてみればブログって文章と写真で出来ているものだから、写真の力は半分くらいありそうですね・・・

今までろくに考えてこなかった・・・。

考えてもみなかったから驚いたけれど、ただ一つはっきり言えるのは

「雑な写真がブログ風の表現形式」

ではなく

「私のブログの写真が雑なだけ」

ということでしょう・・・(T_T)

はがきを受け取ってすぐ、中村錦平先生へお返事のお手紙を書きました。

「写真についてのご指摘、ありがとうございます。

いままであまり写真について考えたことがなく、無いよりはあったほうがいいかと思って載せていただけでした。

これから、写真の力もつけていけるよう頑張ります。」

といった内容です。

その後またお話しする機会があったときに、ブログの写真についての話題になりました。

ブログの写真に対する指摘へのお礼を私が言うと

「ああ、あれね。

僕はもう、きみの返事を読んで

ホントに なーんて 

のんきなことを

言っているんだと思ったよ。」

ええっ

の のんきですか・・・?

「そうだよ!

のんきだよ(笑)

あのままの写真でずっといっていたら、

『この程度の写真でよしとする人なのか』

と見られるぞ。

このままだったら、

必ずそういう見方をする人が出てくる。」

と錦平先生・・・\(◎o◎)/!

えええ

『この程度の写真でよしとする人なのか』

って、それはまずいじゃないですか・・・。

昨日「ブログを、自分自身を表現する場にしたい」とか目標を書いたのに

私=「この程度の写真でよしとする人」

というジャッジを、読んだ方にされるということじゃないですか・・・。

写真の雑さが原因で、私のブログに対する態度が適当だと思われる・・・(+o+)

そしてひいては、わたしの人間性まで判断されてしまう可能性もあるかもしれない…(゜o゜)

考えてもみなかった・・・。

よく他のブロガーの方々が

「写真の能力を伸ばしたい」

「写真を学ぶために講習を受けてきました」

など書いていらっしゃるのをみて

すごい、みんな、写真が好きなんだなぁ〜(^O^)

好きなものを伸ばそうとしてて、えらいんだなぁ〜(*^_^*)

と思っていたのです。

もちろん中には、純粋に写真が好きな方もいらっしゃるのでしょうけれど、きっと

「ブログにおける写真の役割や重要性」

を把握しているから、という方も多いのではないでしょうか・・・・

しかし私は、かなりバシッと言われるまで、写真の重要性に気が付きませんでした・・・\(゜ロ\)(/ロ゜)/

3番目の姉に錦平先生に言われたことを話したら

「ああ〜

それはなんとなく、うすうす思ってたよ(笑)

いつも同じ加工だし、もっとほかにもあるのにな〜とか

錦平先生の自宅の記事も、錦平先生のお家の素晴らしさは写真からは伝わってこないから、文章から想像するしかなかったりとか(笑)」

と姉。

ね ねえさま!

気づいていたのですね・・・・\(~o~)/

「でも 言ったら悪いかと思って」

と姉。

そうですね・・・。

人が好きでやっていることに、いろいろ口出しづらいもんですよね・・・。

姉が言っていた「いつも同じ加工」というのは、こういう周囲をキラキラさせた加工のことで

P_20160830_171807_1.jpg

キラキラしてればとりあえずキレイかしら・・・

と思って

野菜もキラキラ

P_20160808_112733_1-a1795.jpg

財布もキラキラ

P_20160727_132055_1.jpg

料理もキラキラ

P_20160919_181700_1.jpg

掃除もキラキラ

P_20160729_114514_1.jpg

た 確かに!

ホントにみんな同じ加工だ (・o・)

・・・

キラキラしてればとりあえずキレイって、我ながら安易・・・・(^^ゞ

そして、錦平先生の自宅の素晴らしさが伝わらない写真というのは、こういうのとか

P_20160812_111604.jpg

こういうのとか・・・

P_20160812_111617.jpg

「文章からすると素晴らしいんだろうなとは思ったけれど

写真だと、なんだかただ薄暗い家に見えたから

想像力を働かせて読んだよ」

と姉。

そ そうだったのですね・・・(゜o゜)

いや、違うんです。

本当に素晴らしいお家なんです〜(T_T)

う〜ん、写真の力がないと、文章が言い訳みたいになってしまいますね・・・ (・・;)

やはり このままではいけないと

写真の力を伸ばすべく

また、今取得を目指している資格でも必要となるため

P_20161110_111646_DF-fdb73.jpg

カメラを買いました。

ネックストラップがついていて

P_20161110_113049-7d5a9.jpg

首に掛けられるので

P_20161110_113903-ff83c.jpg

なかなか便利です。

いい感じに旅行客みたいになります(笑)

来月開催される、サンキュ!主催の「あしたのわたしスペシャルセミナー」というブログについてのイベントに当選したので

もし写真についてのコーナーがあれば必死で聞いて来ようと思います。

参加される皆様、どうぞよろしくお願いしますヽ(^o^)丿

なんにしても

「私のブログの課題点は『写真の雑さ』」

だということが分かったので、自分なりに丁寧な写真を撮るように心がけていこうと思います。

写真の撮り方の本を読んだり、自分でできる技術向上もまだまだあるはず・・・。

解決の方に進みだしたいです。

サンキュ!ボタン押して下さったら、とっても嬉しいです(*^_^*)
堀江麻衣さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/02/22 00:27
今週のイチオシ!は「私のブログ について」なので

私のサンキュ!ブログに懸ける思いについて書かせていただこうと思います(^^ゞ

前回の記事にも書いたのですが公式ブロガーの選考には2回落選して、もう目指すのをやめようかと思っていた頃、「やりくりママコンテスト特別賞受賞」をきっかけに公式ブロガーへさせていただきました。

昨年の3月に初めて記事を書いたのでもうすぐ1年、書いた記事も180を超えました(*^_^*)

ブログの更新に慣れていないので、記事1つ書くのにすごく時間がかかってしまい、短い記事でも一時間半・・・(^_^;)

長いものは3〜5時間もかかってしまいます・・・(+o+)

なかなか器用に書けるようにはならず、現在も時間短縮はできていないです・・・(@_@;)

それでも、公式ブロガーになれたことが嬉しくて、ただただ記事を書いてきました。

ブログを初めてから半年くらいたったときのこと、

「自分のブログに対する意識」

が変わる出来事がありました。

それは、大学時代の恩師から、私のブログに対する助言をいただいたことでした。

私は東京都の八王子にある多摩美術大学という美術大学で、4年間陶芸を専攻しました。

これは、大学の卒業制作です。

CIMG0548.JPG

大学では主に、陶のオブジェを作っていました。

美術大学時代は「講評会」といって、自分の作品を教授やほかの先生方、同級生に発表して、作品に対して意見やコメントをもらう機会がありました。

4年間の集大成、この卒業制作の講評会で、悲劇が・・・

他の人の作品の講評中

「ガシャン! ガッシャーン!」

というすごい音がしたのです。

なんだ なんだ 

と音のする方に行ってみると

講評前の私のこの作品が、倒れてくずれ、割れた音でした・・・・\(◎o◎)/!

ただでさえ4年間のクライマックスで、緊張感いっぱいなのに・・・(T_T)

まさか

先生方にみてもらう前に壊れるなんて…(≧◇≦)

衝撃で動揺しながら迎えた自分の卒業制作の講評…

結果はさんざんでした…(@_@;)

タイトルを聞かれましたが、それまでどんなに考えても、私は作品のタイトルが思いついていなくて

「決めてないです」

と話すと、その理由を聞かれました。

「どうしたらいいか分からないんです…」

という私の返事に、それではいかん、もっと意志を持って制作した方がいい、と先生方。

私は何も反論できず(*_*;

作品に対する先生方の反応も、微妙なものでした。

全力投球した作品だっただけに、講評会終了後には、トイレでぐしゃぐしゃに泣きました・・・(ノД`)

その数日後

同期の男の子が話しかけてきてくれました。

「いや〜

マイマイ(あだ名)

『どうしたらいいかわからない』

って、作品名なのかと思ったわ〜

あんだけの量をめちゃくちゃ作っておいて、

『どうしたらいいかわからない』

って、笑っちゃったよ。

もう、タイトルそのままでいいじゃん」

と言われたのです。

4年間あまり関わりのない男の子だったので、話しかけてくれたことに驚きましたが

それもなかなかいいかもと、この作品のタイトルを

「どうしたらいいかわからない」

にしました。

大学の先輩には

「見たまんまじゃん!

もっとハッタリをかまさなきゃ!」

とダメ出しをされましたが

あのときの自分をよく現している作品とタイトルだな、と思っています。

今でも別に何かが分かった訳ではなく、相変わらずどうしたらいいか分からないままですが…(^_^;)

上に「ブログに対する考え方が変わったきっかけ」と書いた大学の恩師の助言ですが、その恩師の講演会自宅岡本太郎さんの書籍や、岡本太郎美術館についての記事を読んで下さってのアドバイスでした。

こちら、恩師の中村錦平(なかむらきんぺい)先生。

FB_IMG_1487599850510.jpg

多摩美術大学の名誉教授で、世界的に有名な陶芸家です。

私のブログ記事を読んで、おおかた褒めてくれたあと、助言をくれたのでした。

「きっとこのまま続けていけば、いつか

『君自身を表現する場』

になるだろう。」

と錦平先生。

これを聞いたときは、予想外の言葉だったので少し驚きました。

ブログが、「私自身」を表現する場かぁ・・・(◎o◎)

考えたことなかったなぁ・・・

公式ブロガーになれて、ただただ嬉しいだけだったなぁ・・・

と思って聞いていると

「もし、ブログを書くのが楽しいとか、好きだとか思うようだったら、

せっかく書いているのだから文章力をつけなさい。

楽しくないのであれば、やめたらいいけれど。」

「楽しいです」と私。

「もし楽しいのなら、今後も続けていくのなら、

『このくらい書けます』

と人に胸を張って言えるくらいの文章力をつけなさい。

文章力というのは、自分で文章を推敲することでしかつかないから、

良く文章を推敲しなさい。

僕は、文章を(新聞や雑誌などに)発表するときは200回は読み直して推敲するよ。

もう朝でも晩でも、頭の中で自分の文章がこだまして、それだけは嫌なんだけれど。

君の方が文章を書く頻度が高いだろうから、

200回読み直せとは言わないけれど。

でも、繰り返し推敲して、文章力を付けた方がいい。」

と錦平先生。

「文章力」かぁ・・・

文章力をつけたいと考えたことはなかったけれど

ブログは文章で書くのだから、それはきっとあったほうがいいだろうな・・・と思いました。

そうか、錦平先生は200回も読み直すのか・・・。

う〜ん

200回は

マネできない・・・(@_@;)

でも

出来る限り読み返して、私も文章力をつけていかねば・・・と思って

「はい、手を抜かないようにします。」

というと

「ああ、それは、そうだね。

手を抜いて損をするのは自分自身。

手を抜いて得をする人は、一人もいないよ。」

と錦平先生。

ずどーん

と胸に刺さった言葉でした。

この話を聞いてから、できる限り自分の文章を読み返すようにしています。

200回はできないけれど、3〜4回は必ず読み返して、文章の順番を入れ替えたり、どうしたら読んだ人に伝わりやすくなるだろうか・・・とあれこれ考えています。

それでも やはり 

誤字脱字はしてしまうし(^_^;)

なかなか錦平先生の言う「文章力」というものがつかめないけれど

とにかく続けていくしかないと思っています。

錦平先生の助言はなんというか

私の「ブログという作品」に対する「講評」のような気がして

あの卒業制作と同じく

「どうしたらいいかわからない」ままに

うろうろしている私の、道しるべになるものでした。

本日のタイトルの、サンキュ!ブログに懸ける私の思いは

「ブログを、自分自身を表現する場にしたい」

というものです。

自分自身というのは、自分で作った陶器の作品だけではなく

父に教わりながら取り組んでいるDIYや

P_20170208_114421.jpg

セルフリフォームにインテリア

CIMG0763-8ce8a.JPG

片付けや掃除

CIMG0304-0f726.JPG

家族のことや、休日のお出かけ

P_20170219_154705.jpg

いつだって不安で、自信がない子育てや

P_20170218_125924.jpg

日々の料理に

P_20170202_135401_DF-07c50.jpg

やりくり、毎日あれこれ考えていることなど

自分がどういう人間なのかを表現できる場にしていけたら…と考えています。

そして、だれか一人でも興味を持って下さる方がいたら、本当に嬉しいです。



サンキュ!ボタン押してくださったら、飛び上がって喜びます☆
堀江麻衣さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ