2018/10/04 11:50
第2子の娘が、9月29日に1歳になりました〜(*^_^*)

IMG_20180930_071022_151.jpg

以前「子宮全摘出:全前置胎盤での出産当日」という記事で書きましたが、娘は早産で、緊急帝王切開での出産でした。

通常より6週も早く未熟児で生まれ、NICU(新生児集中治療室)に1か月半ほど入院していました。

生まれた直後は「点滴」「胃へミルクを流す管」「心拍や酸素濃度の計測装置」と3種類の管が体に付けられていて、保育器の中で弱弱しく呼吸をしていました。

IMG_20171003_174234_482-11661.jpg

退院できるまでは心配で心配で、家族が増えたというのに、どんよりした気持ちで毎日を過ごしていました・・・。

退院後も、未熟児がかかると重症化してしまう風邪の一種「RSウイルス」用の「シナジス」という予防接種を打ちに、毎月病院へ。

この「シナジス」、未熟児だったために無料で打っていただけたのですが、めちゃくちゃ高いものなんです。

初めは5万円→7万円→10万円→15万円

といった具合で、成長に伴って量が増えるので、乳児医療で負担してくれる金額がうなぎ上り・・・

毎回、明細を見て驚くとともに

「こんなに高い注射を打ってもらわなければならないほど、身体が弱いってことだな・・・」

と「未熟児」であることを意識しました。

また、お医者さんからは

「風邪をひくと命とりなので、冬場は極力、人ごみには連れていかないように」

と言われていたので

生後半年になる今年の3月くらいまでは、ほとんど私と娘で家にこもっていました。

土日は公園に少し行くくらいで、人ごみへのお出かけは夫と息子だけで行ってもらうことに。

6歳の息子が赤ちゃんだったころと比べると成長も遅く、いろいろ心配のあった娘ですが

今は元気につかまり立ちまでするようになりました(*^_^*)

IMG_20180930_071022_162.jpg

この1か月で活動量が増えて、ハイハイもスピードアップ!

IMG_20180930_071022_163.jpg

誕生日当日は土曜日だったので、両実家と私の姉がお祝いに来てくれて、みんなで誕生会をしました。

友人からのおさがりのドレスを着て、娘もちょっとおめかし・・・(^O^)

IMG_20180930_071022_156.jpg

「年末までに10万円チャレンジ」中なので、「スタジオ撮影」はせず「自宅撮影」です!(^^♪

お色直しも〜♪

P_20181003_133135.jpg

こちらも、おさがりでございますヽ(^o^)丿

おさがり、ほんとう〜に 助かります〜

娘の服はおさがりや出産祝いでいただいたもので賄えていて、まだ1着も購入していないのです。

ありがたや〜

ありがたや〜(T_T)

誕生日ケーキを焼こうと思って材料を用意していたのですが

「大人のケーキ、買ってくね(#^.^#)」

とお義母さんからありがたい電話があったので、お言葉に甘えて、娘の分だけ手作りすることにしました。

卵1つだけで、バター不使用のスポンジケーキを焼きました。

IMG_20180928_174019_376.jpg

生クリームの代わりに、加熱バナナと豆腐でクリーム作り。

IMG_20180929_081039_006.jpg

生クリームの代わりにヨーグルトでデコレーションするのが色もキレイですが、娘はヨーグルトを嫌がるので、バナナ豆腐クリームにしたのです。

しかし

予想通りだったけれど・・・

クリームの色がグレーに・・・(@_@;)

イチゴがない時期なので、娘が前に喜んで食べた「マンゴー」をトッピングしたのですが

灰色のクリームと、見た目の相性、最悪・・・

出来上がったケーキのデコレーションが 

まー

ひどくて

「デコレーション能力の限界だな・・・」

と思ったのですが

スポンジケーキを焼いた段階で、最近始めたインスタグラムに写真をアップしてしまったので

完成品を載せないわけにはいかない・・・

仕上がりを載せなければ逃げになる・・・!

いけ・・・!

臆するな・・・!

ひどい ケーキでも

これが今の自分だ・・・!

さあ 写真を アップするのだ・・・!
(何との戦い・・・)

と思って 仕上がったケーキの写真を インスタグラムにアップしました。



IMG_20180929_081039_080.jpg

この写真を載せたら、姉からは

「ごめん、『柿の種』がついてるのかと思った(^_^;)」

と言われ

ドレスをくれた友人からは

「『さけるチーズ』がついてるのかと思った」

と言われ

夫に実物を見せたら

「あれ(#^.^#)

これ、

『風の谷のナウシカ』

に出てくるケーキ?」

とか言われ・・・

いや いや

王蟲(オーム)じゃないし・・・・!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

・・・・

・・・・

・・・・いいんだ!

料理は見た目じゃない!

味よ!

と思って、娘にあ〜んと食べさせたら

べ〜っ

と吐き出されるし・・・・(゜o゜)



ひどすぎや しませんか・・・!\(◎o◎)/!

いいんだ・・・

いいんだ・・・

「料理は愛情」って、結城(ゆうき)先生も言ってたし・・・

愛情は けっこう それなりに 入って いるよ・・・

最終的に、みんなであーだこーだ言いながら

マンゴーケーキは食べきりました。

まぁ 半分は 私が食べたけれどね・・・!(T_T)

「娘が主役」の誕生会なので、息子はやきもちを焼くかな〜と思ったけれど

「あ〜 ぼくも、たんじょうかい すごくたのしかった!」

と言っていてほっとしました。

092.jpg

私の姉が、息子用にお菓子の詰め合わせをプレゼントしてくれたのが大きかったと思います。

ありがとう、姉上〜(#^.^#)

090.jpg

息子はしょっちゅう妹にやきもちを焼くけれど、かわいがってくれるときも結構あって

どちらの気持ちも、嘘のない正直な息子の気持ちなんだと思います。

どうかすくすく成長して、来年も楽しい誕生日を迎えられますように(^O^)

P_20181003_131125.jpg


***

インスタグラムやってます。
(ブログより、いくらか頻繁に更新してます・・・(^^♪)

私のブログのトップページにある、「カメラのアイコン」がインスタグラムに連携されています。
そこをクリックしていただければ、私のサンキュ!用のインスタグラムに飛びます。
パソコン画面では一度トップの「プロフィール」という緑色のボタンを押していただければ、カメラアイコンがでてくると思います。
フォローしてくださったら、とっても嬉しいです〜(*^_^*)

↓下のサンキュ!ボタン押して下さったら、飛び上がって喜びます!
堀江麻衣さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/12/14 18:00
9/29に、第2子を出産しました。

4人家族になるにあたり、全員で眠れるように寝室を少し変えましたので

本日は我が家の寝室について書かせていただきます〜(^^♪

IMG_20171213_171301_654.jpg

ミニマリストへ☆寝室で捨てたもの

という記事で、団地時代に使っていた、下の写真のベッド本体を捨てて
Screenshot_2016-08-10-00-09-54~2.jpg

ダブルのマットレスとシングルのふとんを並べて、3人で寝ていると書いたのですが

CIMG0066.JPG

今度は「マットレスから赤ちゃんが落ちてしまうのではないか」という心配が出てきてしまいました・・・

30センチ弱ですが、それなりに高さがあるのです(@_@;)

CIMG0065.JPG

夫の寝ているふとんとの段差もあるので、息子もときどき落っこちていたし・・・  (・・;)

マットレスとふとんの段差をなくして、赤ちゃんが落ちる心配のない寝床にしよう!

ということで、このマットレスを捨てることにしました。

結婚から約8年の間、お世話になりました・・・ (;_;)/~~~

ダブルのマットレスという、かなり大きなものを捨てることになりました。

ただ

「断捨離」

ではなく、単なる

「買い換え」

なのですが・・ (^_^;)

このベッド用のマットレスの代わりに、薄いマットレスを購入したのです。

代わりに購入したのがこちら

P_20170909_070942-2ed50.jpg

「アイリスオーヤマ」というメーカーの、「エアリーマットレス」という商品です。

P_20170909_070902-70a17.jpg

少ないもので暮らす「ミニマリスト」の方の本で

「たたむとすごくコンパクトになって、丸洗いもできるのに、寝心地バツグン!」

と紹介されていて、ずっと気になっていた商品でした。

いつか買い換えるときは、ぜひとも試してみたいと思っていました。

エアリーシリーズにはいくつか種類があって、ダブルサイズは

オーソドックスタイプ 厚さ5p / 9p  の2種類

硬めタイプ 厚さ5p

ハイブリッド (柔らかい面と硬い面の2面)厚さ9p

エアリー敷布団 厚さ7p グレー / ノーマル の2種類

と、計6種類もあります。

エアリー敷布団以外は、全て3つ折りできて、3つの心材とカバーに分解できるタイプです。

エアリーシリーズに一番惹かれる点は「丸洗いできること」なのですが

「3つ折りタイプの方が、分解して洗うときに、移動しやすくて楽だ」

という口コミを読んだのと

店頭に見に行ったときにお店の方と話したら、

「三つ折りタイプの方が、『へたりやすい腰の部分』と『へたりづらい足の部分』を交換できるので、長く使えていいですよ」

とアドバイスをもらったので、敷布団タイプは候補から外しました。

実際に、店頭に置いてあったものに寝てみると・・・

「硬めタイプ」は若干硬すぎる感じがしました。

残る「オーソドックスタイプ」と「ハイブリッドタイプ」2種類を試して、オーソドックスなものがいいね、ということに。

「オーソドックスタイプ」の5pと9pの両方寝ましたが、5pのものでも底付き感がなかったので、5pの方にしました。

そんなわけで、シリーズの中では一番安い5p厚のダブルサイズを購入することに。

店頭、アイリスオーヤマ公式ホームページ、Amazon、楽天と見て回り、一番安かった

楽天の「171オンラインショップ」というお店で購入することにしました。

「エアリーマットレス MARS ダブルサイズ」

というこのマットレス、お値段

19800円 

でした。

店頭との差、およそ8000円・・・\(◎o◎)/!

たまたま「楽天スーパーセール」の期間だったので、安く買えました。

「俺は今の、シングルのふとんのままでいいや」

と夫が言うので、まずは1枚だけ購入。

ところが

自宅に届いてからしばらく寝てみたら、とっても寝心地がよかったようで

「やっぱり、俺もこのマットレスにしようかな・・・

これだと腰が痛くならないし、輝人(息子)がもぐりこんできても広いし」

と言うので、もう1枚追加購入することにしました。

たしかにシングルのふとんに息子がもぐりこんでいたときは、今にもはみだしそうだったな・・・(^_^;)

もう楽天スーパーセールは終わってしまっていたので

2枚目は

21500円

で購入することになりました。

スーパーセールが終わった後でも、やはり楽天が最安値でした。

届いたダブルのマットレスを並べてみると、1面フラット!

CIMG2282~2.JPG

「段差が無いから、ごろごろ行ったり来たりできるね〜♪」

なんて喜んで寝転がったのですが

およよよよよ・・・・

フローリングの上に直置きのせいか

マットレスが

ずれるんですよ・・・・!(@_@;)

2枚のスキマに息子が落ちるという事態に・・・・(+o+)

う〜む

何か、ずれない良い方法はないかしら・・・とネットで調べると

「すべり止めマットを2枚の間に敷くといいですよ」

という口コミを発見。

さっそく購入して、敷いてみました。

CIMG2281~2.JPG

こういう大きなすべり止めです。

CIMG2279~2.JPG

パッケージの写真がありませんが、「ストリックスデザインすべり止めマット45×125」という商品で

Amazonにて

808円

でした。

これを置いたら、本当にマットレスがズレなくなりました〜(^^♪

「シーツを巻き込まない」で敷くのがポイントです。

シーツでくるんでからすべり止めマットの上におくと、シーツだけ固定されて、本体はズレてしまいます(^_^;)

このすべり止めマットのおかげでしっかり固定されるようになったので、2枚の中央に寝てもつなぎ目が気にならなくなりました〜♪

購入前にいろいろなショップで、このマットレスのレビューを読み漁りました。

おおかた良いレビューだったのですが、悪いレビューには

「踏むと、シャリシャリ音がする」


「冬場は、フローリングの上にこれだけだと、すごく寒い」

というものがありました。

音の方は

本当にシャリシャリいいます(笑)

足で踏むと

シャリ・・シャリリッ・・・

って感じです。

ただ、寝てしまえば気にならないので、私には問題なしです。

夫も息子も気にならないとのこと。

寒さに関しては、我が家はもともと極寒のため、前のマットレスのときから色々プラスして使っていました。

マットレスの上に、まずは敷きパッドをのせて

CIMG2293~2.JPG

シーツをかけて

CIMG2294~2.JPG

ふかふかの敷きパッドをその上に載せます。

CIMG2295~2.JPG

このふかふかパッド、団地のころは家の中が暖かかったので必要なかったのですが

一軒家に越してから、あまりの寒さに耐えきれず購入したものです(^^ゞ

ふかふかで肌触りがよく、これを敷くと一気に暖かくなります。

CIMG2299~2.JPG

この上にさらに毛布をひいて

CIMG2300~2.JPG

羽毛布団をかけて完成!

IMG_20171213_165721_434.jpg

フローリングの上にエアリーマットレスだけだったら、確かに寒いだろうな・・・という気はしますが

これだけいろいろ敷いているせいか、「エアリーマットレスに変えてからの寒さ」というのは特に感じません。

我が家は羽毛布団もニトリのウォッシャブルタイプを使っているので、これで全て自宅で洗えるようになりました☆

息子のおむつ外しトレーニング中は、敷ふとんとベッド用マットレスが洗えないのには困っていました。

防水パッドを敷いていても、どうしても下にはみ出して浸みてしまうことがあって

敷ふとんはときどき、無理やり洗っていましたが、ベッドマットレスはあきらめて乾かすのみでした。

でもエアリーマットレスは丸洗いが出来るから

これで娘の吐き戻しも、おねしょも怖くないぞ〜(笑)

IMG_20171213_165837_945.jpg

1枚だったダブルのマットレスが2枚になったので、シーツやらパッドやらを、洗い替え用に買い足そうかしら・・・

と思いましたが

「出来るだけものを増やさない&出費を抑える」

ために、今まであったもので何とかすることにしました。

今は私がほとんど一日中家にいるので


晴れた日の朝に洗濯すれば夕方に乾くので、どうにか間に合っています。

そのうち働き出して、家に長い時間いられなくなったら、洗い替え用を増やすかもしれません・・・・

そんなわけで、「赤ちゃんを迎える寝室づくり」にかかった費用は

エアリーマットレス・ダブル2枚
19800円+21500円

すべり止めマット
808円

合計

4万2108円

でした。

赤ちゃんがマットレスから落ちる心配がなく、4人全員で眠れる寝室の完成です〜(*^_^*)

IMG_20171213_165756_278.jpg

・・・・・もっこ もこです!!

床一面ふとん(笑)

赤ちゃんは、掛布団を別にしています。

息子は私のところに入ったり、夫のところに入ったり、行ったり来たり。

もう少し大きくなったら、一人部屋で寝るチャレンジをしようと思います。

敷いているときは床一面ふとんですが、たためばコンパクトに。

IMG_20171213_171000_927.jpg

このマットレス類も押し入れに収納すれば、床に何もない空間が出来上がるとは思うのですが、押し入れにはぎっしりものが詰まっているので、来客時もこんな感じで端に置いています。

押し入れパンパンでは、ミニマリストにはなれませんね・・・・(T_T)

IMG_20171213_170921_854.jpg

息子が欲しがったバクの抱き枕は、あまり息子に抱かれることもなく、部屋の中をうろうろしています・・・

さて肝心の、エアリーマットレスの寝心地ですが

バツグンです!ヽ(^o^)丿

いままでのベッド用マットレスと比べて遜色ありません♪

フローリングの上にこれ1枚で使っているのに、全くと言っていいほど底付き感がありません☆

腰痛持ちの夫も

「エアリーマットレスにしてから、腰が痛くならない・・・\(◎o◎)/」

と驚いていました。

「エアリー最高〜♪

もう俺、これじゃないと眠れない・・・」

なんて言ってました(笑)

インターネット上で、「腰痛が悪化した」なんて口コミも見たので、あくまで夫の場合は合っていたというだけですが・・・(^^ゞ

ベッド用マットレスだったときの床掃除は、下の写真のように壁に立てかけて行っていたのですが

P_20160728_134522-875cc.jpg

これを動かすのは結構重かったです・・・(~_~;)

エアリーマットレスにしてから、移動するのは半分以下の労力で出来るようになりました。

ダブルサイズなのでそれなりに重さはありますが、ベッド用マットレスと比べると雲泥の差です。

かなりラクチンになりました〜(*^^)v

使いだしてからまだ3か月ですが、いまのところ大満足のお買い物です。

サンキュ!ボタン押して下さったら、飛び上がって喜びます☆
堀江麻衣さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
2017/12/08 00:43
 9/29に、女の子を出産しました。

IMG_20171205_093950_414.jpg

「全前置胎盤」による早産で、妊娠9か月(34週と2日)で生まれ、NICU(新生児集中治療室)に1か月半ほど入院していました。

NICUでの入院費と、今回併用した「小児医療制度」と「養育医療制度」という2つの制度について、本日は書かせていただきます。

「小児医療制度」は、子どもの医療費を市区町村で負担してくれる制度で、自治体によって何歳まで給付されるかが違います。

私の住んでいる市では小学6年生まで入院・通院ともに完全無料です。

3歳まで無料のところや、22歳までのところ、一部負担金があるところなど、市区町村によって大幅な開きがあるようです。

この「小児医療制度」というのは、医療費を負担してくれるものなので、入院時の食事代は適用外となります。

そこで、今回もうひとつ「養育医療制度」を併用させてもらいました。

この「養育医療制度」というのは国が定めたもので

出生体重が2000g以下、もしくは在胎週数37週未満で生まれ

医師が入院養育を必要と認めた乳児に対して

入院医療にかかる費用を公費負担してくれる制度です。

この制度については、私自身が入院中に、インターネットの検索で知りました。

「NICUの入院費って、いったいいくらかかるのだろう・・・」

と気になって検索したら、この制度の名前が出てきたのです。

この「養育医療制度」を使えば、「小児医療制度」ではカバーできない粉ミルク等の食事代まで、公費負担してくれるとのこと。

おお〜!

こんな ありがたい制度があるのか〜\(◎o◎)/!

とビックリ。

子どもを産んでから、社会福祉の恩恵にあずかっているなぁ、と思うことがたくさんあります。

感謝、感謝。

ただ

ちょっと

この手続きで 手間どってしまいました・・・(@_@;)

病院からも、私が出生届けを出しに行った役所(出張所)からも

この「養育医療制度」について全く説明がありませんでした(゜o゜)

役所(出張所)では、早産児で生まれたことを伝えたにもかかわらず、制度の名前も出てきませんでした・・・  (・o・)

およ・・・

と思って自分から尋ねると、その出張所では分かる方がいないとのことで、市役所の本庁舎の方に電話で連絡をとってくれました。

すると市役所本庁舎の方から

「養育医療意見書」

というのを病院でもらうように、との指示。

病院の文書科で申請し、「養育医療意見書」が出来上がるのをしばらく待つことになりました。

すると後日

「9月分(2日間)の入院費が決定したので支払いをしてください。」

と病院から連絡がありました。

私の住んでいる市とは違う市にある病院で出産したため、一度医療費の自己負担分を支払い、それから自分の住んでいる市で償還の手続きをするようにとの連絡でした。

でも、まだ「養育医療給付」の手続きが完了していないから、今払っても自己負担の金額が変わってくるな・・・

と思って、その旨を病院で伝えると

「市が違うので、とにかく一度自己負担してもらうことになっています」

とのこと。

そうなのか・・・・  (・o・)

と思って、とりあえず支払いを済ませました。

その自己負担した分の償還手続のために、再び市役所の方と電話で話したら、衝撃の新事実が・・・

「窓口で一度自己負担分を支払ってしまうと、『養育医療制度』は使えなくなってしまうんです。」

と係の方。

ええっ  \(◎o◎)/!

「市が違うから、とりあえず払うようにと言われたんですけど・・・」

と私。

「う〜ん・・・

『自己負担したら養育医療は使えない』って市のホームページには書いてあるんですけど・・・

やはり

もう払ってしまったとなると養育医療は使えないので

『小児医療制度』で償還手続をしてください。」

とのこと。



なんとー・・・!?

後から市のホームページを見てみると・・・

「自己負担したら養育医療は使えない」って

書いてありましたー!

書いてはありますけどー・・・・!(T_T)

ぺらっと1行、黒い字で書いてあっただけで

役所(出張所)の方からも説明がなかったし

病院からもとりあえず払うように言われて・・・

もう 

払ってしまったじゃないですかー!(+o+)


う〜ん

仕方がない・・・

9月の入院は2日間だけだったから、そのミルク代は自費で払うことにしよう・・・。

と思って、「小児医療制度」で償還手続を済ませました。

その後、無事に「養育医療」の手続きが済んでしばらくたったある日、病院から再び電話がかかってきました。

「『養育医療』の手続きが済んだので、自己負担された9月分の入院費を返金します。」

という連絡。

「あれっ・・・・?

市から『自己負担したら養育医療は使えない』と言われて

もう『小児医療制度』のほうで償還手続をしてしまったんですけど・・・。」

と私が返事すると、そうですか・・・とのことで話が終わってしまいました。

んん???

市からの説明となんだか違う・・・

と気になって、再び市役所へ電話・・・。


その後、病院と市と

電話で4回ほどやり取りしました。

どうやらいろいろと行き違いがあったようで


結果的に

9月分も「養育医療制度」が適用されることとなりました〜(^_^)

手続き・・・

手間取りました・・・・!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

 手間取りましたが、無事に手続きが完了して良かったです〜(T^T)


さて

「養育医療給付」で

いったい いくら分が無料になったのかというと


9月分 

粉ミルク代 3回×360円

1080円

10月分 


粉ミルク 44回×360円 

15840円

11月分

粉ミルク 17回×360円

6120円

小計 23040円

文書料(養育医療意見書)2160円をひきまして

20880円

が無料になりました。

ありがたい〜!

自分で持って行った母乳を飲んだ回は、加算されていませんでした。

もしこの「養育医療制度」を利用しなかった場合ですが

赤ちゃんは1日8回程度ミルクを飲むので、完全ミルクだった場合は相当な金額になります。

8回×31日×360円

で計算すると、完全ミルクの場合1か月あたり

89280円

にもなってしまいます。

9月のときなんて、1回あたり5ccのミルクしか飲んでいなかったのに、大人の食事と同じく1回360円かかっています。

私はたまたまインターネットの検索で「養育医療給付」について知ることができましたが

病院でも、出生届けを出した出張所でも説明がなかったので、検索をしなければこの制度を知ることが出来ず、使わないままだったかもしれません。

市役所本庁舎の方と話したとき

「堀江さんが出産した病院では、市をまたいで相当数の早産児が産まれているはずなのに

これまで1件も申請が無いので、病院側が制度を把握していない可能性があります。

多くの方がこの制度を知らないままかもしれないので、病院と連絡をとってみます。」

とおっしゃっていました。

出張所も含めて、役所や病院が完全に制度を把握して、すべての早産児の保護者にもれなく説明するのが理想ですが

私のケースのように説明を受けなかったり、行き違いがおこる場合もあると思います。

1人でも多くの方に、この制度を知っていただけたら、と思います。

実際に窓口で我が家が払ったお金ですが

「小児医療制度」と「養育医療制度」のおかげで、医療費とミルク代以外の


おむつ代やおしりふき代、保険対象外の医薬品などのみ


自己負担することとなりました。


自己負担の金額と、何にかかったのかを書いておきます。


9月分(2日間) 

自費 1350円

点眼液
おむつ
おしりふき



10月分(31日間) 

自費 11,750

K2シロップ(ビタミン剤)
文書料(養育医療意見書)
1か月検診 
おむつ
おしりふき 
                 

   
11月分(11日間) 

自費1740円

おむつ
おしりふき



以上を合計しまして

9/29〜11/11の44日間、3か月間にわたる

NICU入院費の自費合計金額は

14840円

でした。

1か月半も入院してこれだけ安い負担額、本当にありがたいです〜(T_T)

ちなみに

もし日本に健康保険の制度が無かったとして

全額(10割)負担だった場合の医療費を見て

ぎょっとしました\(◎o◎)/!

もし10割負担だったら・・・

9月 19万7250円

10月分 130万1970円
               
11月分 105万0810円

3か月分合わせまして

255万0030円

です!!!

IMG_20171205_093911_580.jpg







破産ですよ!

は・さ・ん!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

いや〜

NICUの高度な医療技術に医療機器・・・

そのくらいしても全然おかしくないですよね。

出産直後に入っていたこの保育器

CIMG1743~2.JPG

お値段2000万円もするらしいです。

看護師さんが

「マンション買えるくらいですよね〜」

なんて笑っていましたが

いえ・・・!

我が家より

よっぽど高い

です!!!(@_@;)

(我が家は1200万円の中古住宅)


2109グラムで生まれた娘ですが

IMG_20171004_135359_439-998f0.jpg

すくすく成長しまして

あっという間に

ぱんぱん丸!

IMG_20171205_093826_912.jpg

元気に育っております。

ありがとう・・・・

日本の医療・・・

ありがとう・・・

日本の社会福祉・・・・(T_T)

サンキュ!ボタン押して下さったら、飛び上がって喜びます(*^_^*)
堀江麻衣さんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ