2018/01/19 20:40
このお正月に、我が家の子ども2人もお年玉をいただきました。

いただいたお年玉は、子ども名義の通帳に毎年貯金しているのですが

今年は0歳の娘の通帳を作るために、銀行窓口に向かいました。

娘の通帳を作り、二人分のお年玉の貯金が完了!

すると

「お年玉キャンペーン」なるものをやっているとのことで、かわいい貯金箱をくれました。

P_20180110_153449.jpg

私は神奈川県在住なので「横浜銀行」という地方銀行に預けたのですが

横浜銀行のイメージキャラクターの「はまペン」の貯金箱でした。

息子はすでに貯金箱を持っているので、私が小銭貯金を始めるために使おうかと思ったら

「ぼく これが いい!!」

とのことで、息子がこのペンギンの貯金箱を使い、私が息子の持っていた貯金箱を使うことになりました。

昨年から1500円分だけ息子に管理させて、欲しいものに使ってよいということにしているのですが

1年間で500円しか使わなかったので、1000円分持ち越して、2500円が息子の手元に。

嬉しそうに、貯金箱に2500円分の硬貨を入れていました。

通帳に積んでいる方は、18歳か20歳になったときに渡そうと思っています。

車の免許代になるのか

バイク購入費になるのか

海外旅行費になるのか

英会話学校代になるのか

趣味代になるのか

それは10数年後まで分かりません・・・(゜o゜)

娘の分も何かプレゼントをくれるとのことでしたが、娘はまだ貯金箱は使わないので、もうひとつは「おこづかい帳」を選びました。

P_20180111_064143.jpg

こちらも私が「雑費」の管理に使おうかと思っていたら

「シンプルでいいね これ」

と夫が気に入ったので、夫のバイク費の管理用になりました。

これで終わりかと思ったら、「お年玉キャンペーン」には続きがありまして

横浜にある

「はまぎんこども宇宙科学館」

という施設の入場無料券をくれました。

P_20180110_153602.jpg

こちらも娘の分と2人分ということで、チケット2枚ゲット。

息子は以前この「はまぎんこども宇宙科学館」に、保育園の遠足で行ったことがありまして

その後何度も、また連れて行って欲しいと言われていたのでした。

おもしろそうだし、入場料も大人400円と安いので連れて行くのはかまわないのだけれど

いかんせん 

我が家からは

少し遠い・・・・(゜o゜)

なかなか「よし 行こう!」とはならなかったのです・・・(@_@;)

チケットをもらったと聞いて、息子は大喜びヽ(^o^)丿

せっかくいただいたので、思い切って行くことにしました。

チケット2枚で、大人2名とこども2名入場無料なのですが

3か月の娘を連れての遠出は大変なので、夫と息子だけで行くことに。

有効期限が5月までだったので、もう1枚はまたしばらくしてから使うことにしました。

この施設は実験道具や遊具がたくさんあって、なかなかおもしろかったようです。

P_20180110_153621.jpg

お弁当も持ち込みOKで、食事スペースもあります。

別料金ですがプラネタリウムもあって、1日中いても飽きない場所だと夫が言っていました。

「お年玉キャンペーン」で検索したら、全国各地の銀行で、それぞれやっているようです。

もう終わってしまったけれど

ゆうちょでは、初めて通帳を作った0歳児に1000円を入金してくれる

「はじめてのお年玉キャンペーン」

というものをやっていたようです。

エントリーが2017年9月1日〜11月30日でした・・・・(T_T)

終わっちゃいましたよー!\(゜ロ\)(/ロ゜)/

知らなかった・・・・

知らなかったよー!(+o+)

来年も同じ時期にやってくれるなら、まだ0歳なのでぎりぎり間に合いますが・・・

いままではATMで積んでいて、特に何ももらうことは無かったので

今回はじめて「お年玉キャンペーン」なるものを知りました。

来年はちょっと早めに、調べてみようと思います。

サンキュ!ボタン押して下さったら、飛び上がって喜びます(*^_^*)
堀江麻衣さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/11/22 11:08
5歳の息子の「七五三でかかったお金レポート」第四弾です。

第一弾はこちら

七五三の衣装代

第二弾はこちら

七五三の撮影代

第三弾はこちら

七五三のアルバム代

本日の記事は、これまでに書いたもの以外でかかった七五三の費用についてです。

まずは初穂料(はつほりょう)、七五三のお参りで神社に祈祷をお願いした時に渡すお金です。

こちらは予約の電話をしたときに、金額とおさめ方の指定がありました。

指定されたおさめ方は、ご祝儀袋に入れて受付に渡すようにというもの。

料金が決まっているのにご祝儀袋・・・・?

と少し違和感を感じましたが、その後七五三について調べていたら一般的なことなのだと分かりました。

「ご祝儀袋か、白封筒にいれておさめる」と、冠婚葬祭マナーについてのホームページいくつかに載っていました。

そのままお金を受付に渡すのは、神様に対して失礼なことになるとのことで。

ご祈祷は七五三以外の参拝客も一緒で、合計で15名くらいいました。

ご祈祷の中で神主さんに自分の名前を呼ばれ、若干盛り上がる息子(笑)

前へ出て行って、神主さんから玉串(植物のサカキ)を受け取り、神前へささげる玉串礼拝(たまぐしれいはい)というのを行ったのですが

1人で前へ出ていくのが不安な息子・・・・(~_~;)

夫と一緒に行きました(^^ゞ

親子で前へ行ったのは息子だけではなかったし、神主さんも普通に渡してくれていたので、問題はなかったようです。

帰りにはお土産をいただいて、ご祈祷は終了しました。

お土産の袋に入っていたのは「おふだ、千歳あめ、かるた」。

ここまでは七五三らしいなぁと思ったのですが、なぜか「お弁当箱、ミニカー、おもちゃ」まで (゜o゜)

現代のお土産だなぁとびっくりしましたが、息子は大喜びでした。

七五三のご祈祷は、予約の段階で金額を伝えられていたのですが

初穂料は 

10000円 

でした。

8f87dd_c795ba9631d64269974724503fbf21f8-mv2_d_5125_3417_s_4_2-ec5d1.jpg

ご祈祷が終わった後は、家の近くのレストランで会食をしました。

行ったのは、関西、東海、関東地方と岩手県にチェーン展開する「かごの屋」というお店。

和食、しゃぶしゃぶ食べ放題のお店で、無料の個室もあります。

今回は直前の予約で個室が取れなかったのですが、普通のフロアもゆったりとした造りだったのでくつろげました。

今の時期は七五三のお祝い会席料理もあるようですが、我が家が七五三を祝った八月下旬は通常メニューだったので

普通のしゃぶしゃぶと一品料理の食べ放題のコースにしました。

大人は飲み放題をつけたのですが、妊娠中の私の分はソフトドリンク飲み放題を選んでもよいとのことでした。

全員同じメニューを選ばなければならない食べ放題のお店が多い中、ありがたいことです(^^ゞ

65歳以上のシニア割という540円割引がきいたり(大人6名中、3名)

夏の特別割引で、飲み放題の540円割引がきいたり(大人6名中、5名)

小学生未満は無料なので、メインの息子の食べ放題料金がかからなかったりで

大人6名とこども1名の、合計7名での会食でかかった料金は

27990円

でした。

8f87dd_d1ffb63d9d364494a027b62640cf1308-mv2_d_3546_5319_s_4_2.jpg

七五三でかかった料金をまとめますと

七五三の衣装代  

6300円(税・送料込)


七五三の撮影代 

36720円(税・出張料込)


七五三のアルバム代  

7440円(税・送料込)

初穂料  

10000円

7名での会食  

27990円(税込)



全て合計で


88450円

でした。

ただ、親族からお祝いをたくさんいただいてしまったので、実際に我が家から出て行ったお金はずっと少ないです・・・(^^ゞ

私が「全前置胎盤」という異常妊娠中の七五三だったので、もしかしたらお祝いをする前に緊急入院になってしまうのではないか・・・なんて不安もありましたが

無事に参拝も写真撮影もできたし、みんなにお祝いしてもらえて、息子もとっても嬉しそうでした。

しっかりアルバムも残せて、いい思い出が出来ました。

サンキュ!ボタン押して下さったら、飛び上がって喜びます☆
堀江麻衣さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/11/21 22:40
5歳の息子の「七五三でかかったお金レポート」第三弾です。

第一弾はこちら

七五三の衣装代

第二弾はこちら

七五三の撮影代

第一弾では「衣装のレンタル」について、第二弾では「プロカメラマンによる参拝当日の撮影」について書いてまいりました。

プロカメラマンに撮影してもらった写真のデータは全て受け取ったので、その写真でアルバムを作りました。

本日の記事は、フォトアルバム作成にかかった費用についてです。

アルバムを発注するにはどこの会社がいいのか、まずはインターネットで調べることに。

すると、フォトアルバムのプリント方法は、大きく分けて二種類あるということが分かってきました。

1つは「写真仕上げ」、もう一つは「印刷仕上げ」というものだそうです。

写真仕上げは印画紙を使い、レーザー露出方式というのを採用していて、画質がいいとのこと。

それに対し印刷仕上げは、紙とインクを使用して色を再現していて、画質は写真仕上げに比べると荒くなるとのことでした。

(富士フィルム HPより)

色の持ちも写真仕上げの方が良いそうですが、その分価格は写真仕上げの方が高い設定です。

富士フィルムでは、印刷仕上げと比べて、写真仕上げが2倍の値段でした。

せっかくの七五三写真なので、高画質な「写真仕上げ」を選ぼうか・・・・

と思いましたが、その後インターネットで調べを続ける中で、評判のいい会社を見つけまして。

「デパ帳」という会社のフォトブックが、とてもきれいなプリントだという口コミを読んだのです。

「印刷仕上げなのに写真仕上げくらい値段は高いが、とにかく画質がいい」

という口コミです。

ほほう・・・(゜o゜)

と思って、試しに「デパ帳」のホームページをのぞいて見ると・・・・

なんと

「半額キャンペーン」

をやっているではないですか\(◎o◎)/!

おおおお!?・・・ \(゜ロ\)(/ロ゜)/

とホームページを詳しく読んでいくと

デパ帳では、普通の印刷仕上げよりインクを3種類多く使っていて発色がよいとか

画素数も通常より多いとか

「保存性:長期暗所保存300年を実現」とか

書いてあるではないですか (・o・)

(300年持つって、どうやって分かるのかしら・・・(゜o゜)  )

画質も良さそうだし、色の持ちも良さそうだし、半額なら普通の印刷仕上げと変わらない値段だし・・・

半額キャンペーンは指定の1サイズ(A4横)しか選べないけれど、元々そのくらいのものを選ぶつもりだったので、この「デパ帳」という会社にしました。

デパ帳の無料編集ソフトをダウンロードして、取り込んだ写真データを貼り付けて・・・発注!!

できあがったフォトアルバムはこちらです。

P_20171002_125658.jpg

上の写真が表紙で、下の写真が裏表紙です。

P_20171002_125711.jpg

無料の編集ソフトを使って背景や飾りを選び、好みの写真を貼り付けるのですが、そんなに難しくありません。


背景の色や飾りも豊富で、和風にも洋風にもできるし、文字も簡単に入れられます。

今回「レイフラット」という、180℃平らに開く形のものを選びました。

これだと、下の写真のように2ページにわたる写真でも、ページの真ん中の境が気になりません。

(ひしゃくの柄と水をすくう部分の間に、ページの境があります。)

P_20171002_125745.jpg

写真もサイズを簡単に変えられるし、位置の入れ替えもラクチンでした。


「若干プレビュー画面とは変わります」とありましたが、大きな差はありませんでした。

P_20171002_125803.jpg

フォトアルバムは自分たち用、義実家用、私の父への3冊注文するつもりだったのですが

自分でパソコンをいじる父、

「データを使わせてもらうから、気持ちだけ受け取るよ〜」

とのことで、注文したのは合計2冊です。

前回の記事(七五三の撮影代)に書いた家族専用ウェブアルバムのパスワードを父には伝えてあるので、そこから落として使ってもらうことになりました。

さて・・・

デパ帳で作ったアルバムにかかった金額は・・・・

P_20171002_125838.jpg

商品 レイフラット 

サイズ ランドM / 297mm×210mm (A4横サイズ)

ページ数 22ページ

定価 6,900 円(税込) の半額だったので
 
3450円×2冊
送料540円

合計7440円

でした!(*^_^*)

1冊あたり、3720円ですね。

デパ帳での半額キャンペーンは終わっていますが、「初めての方限定:40%OFF」はやっているようです。(2017年11月21日現在)

これもサイズは2種類しか選べませんが、お試しにはいいかもしれません。

手元に届いたアルバムを見ると、かなりきれいで発色もいい感じです。

A4横サイズなので、開いたときにかなり大きな写真として目に入ってくる印象です。

プロのカメラマンに撮ってもらった写真なので、それだけ大きく引き伸ばしても美しいし、見ごたえのあるものが出来上がりました(^^♪

う〜ん、私の写真撮影の腕では、こんなにいいものは出来上がらなかっただろうなぁ・・・

満足 満足・・・♪

お義父さん、お義母さんも喜んでくれたし、息子自身もときどき本棚から取り出して眺めているので、作ってよかったなぁ・・・と思います。

サンキュ!ボタン押して下さったら、飛び上がって喜びます♪

堀江麻衣さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ