2019/09/19 11:00

前回の記事で書いた私の暗〜い少女時代。笑


何とか乗り越えられたのは幼馴染で親友だった女の子がそばに居てくれたから。


私とは正反対に、裕福で仲良く素敵な家族の中で育った彼女は
(何故私と一緒に居てくれたのか、未だに謎…)


イジメグループに『いっちゃんに〇〇しようよ!』
とイジメ案件を何度か持ちかけられても


『私いっちゃんのこと好きだからいいや』
とサラッと断ってくれた優しい女の子でした。


そんな大好きな女の子は20歳の時、脳腫瘍でこの世を去りました。


辛くて、寂しくて、悔しくて、何日も泣いてしばらくまともに仕事が出来なかった。
本当に悲しかったなあ……。


それから10年経って長女を妊娠した時、私悪阻が酷すぎて。
吐いて吐いて、吐くものがなくて喉が切れて血を吐いて、8キロ痩せて…。


赤ちゃんは守りたいけど、とにかく苦痛で限界だったある夜、夢に彼女が出てきたのです!


何だか長い、金色のキラッキラした龍?のような物に乗って私の前に現れて、
『いっちゃん、お腹の赤ちゃんは女の子だよ。大丈夫だからね』


と。そう言われて、私は驚いてそこで目が覚めました。


その次の日から少しずつ悪阻が軽くなり、次の検診で『女の子だね』と言われ、
もう!本当に驚きの驚き!!Σ('◉⌓◉’)でした。


『2度と会えない愛する人』……なのですが。
もしかしたら、何処からか見守ってくれているのかな……なんて、あれからずっと思っている私です。


IMG_20190918_230144.jpg


寝室に置いてある、私の宝物。


亡くなる前に彼女が最後に行った家族旅行でのお土産。
自分にはドナルドを。私にはミッキーをお揃いで買ってきてくれました。


彼女が最初に入院した時に、『毎日御見舞に行けないから、これ私の代わり!』
と私がプレゼントしたビッグサイズのミッフィーと、ドナルドをお棺の中に入れて彼女は逝きました。


『入院中もね…ずっと離さなかったのよ。一緒にいるんだって言ってね。』
とミッフィーをお棺に入れた後、彼女のお母さんが声をかけてくれた時は涙が止まらなかったな……。


IMG_20190918_230041.jpg


『いつかママにもそんな日が来たら、この子は絶対一緒に入れてね』
と、気が早いけど娘達にも伝えてあります。笑


生きている事は素敵な事。
当たり前のようで、当たり前ではない奇跡的な事。


今悩んだり、迷っている方が読んで下さっていたら、どうか楽しい方に。幸せな方に考えて、進んで欲しいです。


どうか皆さんの毎日が楽しく・素敵でありますように。


***御訪問・お読みいただきありがとうございました***


いつか書きたいな、と思っていたお話です。
最後の月なので書かせていただきました。


長くなってしまってごめんなさい。
ここまで読んでいただいて、本当にありがとうございました(*^^*)


***中島 愛***


中島愛さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(8)
あゆ夏さま

コメントありがとうございます。

そんな風に言っていただけて凄く嬉しいです。
私も忙しさに流されて日々のありがたさを忘れがちで……。

当たり前の毎日に感謝出来る私で居られるように頑張ります(*^^*)
by 中島愛 2019/09/30
今更ながら、心打たれる数々の記事。
涙を浮かべながら読ませてもらいました。
自分含め周りが健康であること
笑顔であること、
母であり妻であること、
あらゆることに感謝と喜びを感じてます。
ありがとう♪
by あゆ夏 2019/09/30

大塚由紀子さま

初めまして。コメントありがとうございます。

私には勿体無いコメントです…本当にありがとうございます。
凄く嬉しいです(*^^*)

決して素敵ではないのですが、35歳くらいから諦める事と開き直る事を全面に出すようになりました。笑

そればかりではどうかと思うのですか、なんだか楽になった私です╰(*´︶`*)╯♡
by 中島愛 2019/09/24

milanさん

こんにちは。いつも優しいコメント本当にありがとうございます…。
すごく嬉しいです。

『家庭環境が子どもの成長にはついて回る』
はい!私も、本当にそう思います…!!

自分の身を持って重々感じているので、子供達には引き継がないように必死な所も正直、多々あったりします。笑

とても素敵なんかじゃないのですが…milanさんに応援していただけるなんて嬉しいです。百人力です(*^^*)

友達の存在は本当に偉大です。どれだけ救われたか…。

我が家の子供達も生涯の友に恵まれるように、これからも子育て頑張ります!╰(*´︶`*)╯♡
by 中島愛 2019/09/23
初めてコメントさせていただきます。

前回の記事と合わせて読ませていただきました…
辛い経験をされて、それを乗り越えて今の愛さんがいるんですね…
涙が止まりませんでした。

私もそれなりに辛かった経験をしてますが、封印しがちです。
でも、愛さんはきちんと受け止めて、ちゃんと前を向いて歩まれてますね。
尊敬です…

改めて、愛さんは、ステキな方だなぁと思いました。
by 大塚由紀子 2019/09/22
前の記事と合わせて読ませて頂き、涙が出ました。

仕事柄、どうしても家庭環境が子どもの成長にはついて回ると常々感じていたので、愛さんのように反面教師にして素敵なお母さんになっている方もいるんだということを実感して、本当に嬉しい思いでもあります。

改めて、お友だちの偉大さにも感激しました。
きっとずっと見守ってくれていますね。

これからも応援しています(o^^o)
by milan 2019/09/21
danngoさん

お久し振りです(*^^*)コメントありがとうございます。

ミッキーももう20歳になっているので、綺麗と言っていただけてとても嬉しいです。ありがとうございます。

彼女と会う事が出来る頃は、孫と祖母くらいの年齢差がありそうですよね。笑
でもきっと昔の話で盛り上がれそう!

その時が来たら、今度は彼女と一緒に子供達や孫達を見守っていけたらいいな、なんて思っています(*^^*)
by 中島愛 2019/09/21
素敵なお話ですね。感動して泣きそうです。

ミッキーのぬいぐるみ、とても綺麗な状態ですね。とても大切にされている証拠かと思います。

いつかやって来るその時に、お友達とどのような話をされるのでしょう。悲しくも美しい思い出ですね。
by danngo 2019/09/20