2019/05/13 22:27
セブ島で人気のアクティビティといえば、アイランドホッピングやジンベエザメと一緒に泳ぐツアーです。


なかなか他の国では体験できないので、この二つは特に人気があるようです!




ジンベエザメのツアーは時間の拘束の関係上子連れでは少し厳しそうだったので、アイランドホッピングを体験しました。






朝ホテルを出発し、マクタン島から船でナルスアン島→ヒルトゥガン島という離島を巡りました。





初めに着いたのは長い桟橋が有名なナルスアン島。


ABFA321D-E2DB-43B3-BEB7-A699E331ECD6.jpeg


0CFE632E-2949-4239-B571-B840E7C59D9F.jpeg


596EC344-E6E3-431E-8E75-F025F080E6F9.jpeg

こちらの島は海洋保護区に指定されており、非常に海の透明度の高く水が透き通っています。


854F40A4-04E1-4743-B966-D3F176617DB3.jpeg

9F901BE0-C701-4D33-B539-3590BEA7470A.jpeg

D758EE37-92E1-4698-9584-7EABC71A4C3A.jpeg


さっそく桟橋の下でシュノーケリングをしに、2歳の息子もライフジャケットを身につけて一緒に海へin。


D466C181-6614-4D67-8D31-7FBCF3950515.jpeg


橋の上からでも綺麗な魚が泳いでいるのがよく見えます。


7CAE512A-B93F-4452-8B51-308C94BFDA55.jpeg


息子を抱っこしながら、交代でシュノーケリングをしました。



怖がるかと思いきや、海に浮かぶのが楽しかった様子(^^)


58CAD794-29D2-4078-B72A-18FC8CEEA739.jpeg


9A865B4A-71E4-4130-A602-19AF4AE22805.jpeg

水遊び好きな息子は終始ニコニコだったので、大人も心置きなくシュノーケリングを楽しむ事ができました(^^)


2553F545-32E7-43AD-8802-B25ACD42BC6E.jpeg


続いてはヒルトゥガン島へ移動します。




to be continued...★


たまひよメイト♡川嶋 沙織

川嶋沙織さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/05/08 22:40
私達の宿泊したホテルのプールでは「泡パーティー」のイベントが毎週土曜日に開催されていました。





たまたま土曜日に宿泊しており、何も知らずに子供とプールで泳いでいたら...


突然テンポの良い音楽が流れ、巨大なバズーカが持ち運ばれ、そこから大量の泡がプールにいる人々めがけて発射!!


796CDF4E-CFEF-4D9A-A388-A9B82B451C4E.jpeg

6BD4DBCA-5F28-4A3B-96D0-5A26BF649B7A.jpeg


B9822C3F-1726-4A16-90CD-969164192B17.jpeg


びっくりしてフリーズする息子。


F142CE11-84A2-40E8-820D-9DAB97A639D4.jpeg


泡まみれになるばぁば(私の母)。

D9447239-BB4D-4BCE-B70A-DB4D0DDB8E58.jpeg


最初はフリーズしていた息子も、だんだん雰囲気に馴染み「あわ!あわ!」と言いながら駆け寄って泡を掴んでみたり、ふーっとシャボン玉のように飛ばして遊んだりしていました♪




バブルパーティーが終わる頃には「泡もうないの?」と少し物足りなそうな様子。

9FF241E2-3B67-4ED3-9090-C49A6814BEE9.jpeg

子供も大人も楽しめる楽しいイベントでした(^^)






夜になるとプールがライトアップされ、昼間とはまた違った雰囲気が醸し出されていました☆*


0F1227B7-02B9-4A62-8B3F-3243B14A5E1C.jpeg

B9135503-F42E-4AB1-B63E-990A71003991.jpeg




to be continued...★



たまひよメイト♡川嶋 沙織

川嶋沙織さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/05/02 22:52
この日のために新調したサメさんの水着♡

29C8BCF2-0522-4A84-BCB2-987940F4908F.jpeg

...でしたが、半袖を購入してしまったばかりに腕が真っ赤っかに(ToT)

もちろん日焼け止めはたくさん塗ったのですが、それだけでは追いつかず...母反省。


やはりラッシュガードは長袖に限ります(T_T)



セブの紫外線は非常に強烈で、日本の8倍だそう!!

私も帰国してからシミ対策に追われる日々です...


暖かい国にご旅行に行かれる方はどうかお気をつけくださいませ(>_<)





さてさて。

ホテルの外は危険とわかりつつも、滞在期間が長いとやっぱり外へ出てみたくなるのが人間の本能です。

ショッピングモールでお買い物をしたりローカルフードを食べに行く時には、ホテルから出ているシャトルバスやタクシーを利用してシティの方へ行く事もありました。



タクシーは日本の1/9から1/10程度で利用できるので、とにかく安くて使いやすい交通手段です♪



これらの車窓からもセブ住民のありのままの生活を垣間見る事ができます。



やせた野良犬やゴミ山の中で生活する人々もたくさん見かけ、ストリートチルドレンに声をかけられる事もありました。



日本の環境とはあまりにもかけ離れているので、衝撃を受ける事も多く本当に心が痛みました。





他にもカルチャーショックを受けるのがフィリピンの交通事情。


日本との大きな違いは、歩行者優先ではなく完全に車優先道路という事です。


歩道も信号もほとんど存在しません...!


その為常に車が渋滞しており、あちらこちらでクラクションが鳴りたくさんの車やバイクが行き交っています。


B6C49564-2F9B-4BD5-AF5C-988F8B944EE4.jpeg
2C42EA8B-32C8-4768-9E22-E54AA50CCD83.jpeg


歩いている人のすぐ目の前を横切っているのがジプニーという乗り合いバスで、窓や扉が一切なくスリなども多い為、安全上の理由から一般的には観光客の方は乗るのを控えた方がよいとされています。


9DB07BD2-A07D-4135-9B85-EF21E0F10ADE.jpeg


いつ事故が起きてもおかしくない位に入り乱れた道路。

大通りの横断歩道にすら信号がないので、渡るときは隙を見て素早く横断せざるを得ません(・・;)


途上国初心者の私にはただただ恐怖でした..






改めて、日本は本当に色々な面で恵まれている国だと実感します。



平穏な日々に感謝をし、一日一日を大切に自覚を持って生活していきたいです。




to be continued...★


たまひよメイト♡川嶋 沙織

川嶋沙織さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ