2019/06/30 22:15
少し前の話になりますが、息子が2歳9ヶ月のうちに、おっぱいとおむつを卒業しました(^^)


2歳9ヶ月のうちに、というよりも正確には区切りのいい「平成のうちに」卒業させようと計画的に卒乳&おむつ外れを実行しました!




まずは卒乳について。

実は以前息子が1歳半の頃、おっぱい卒業を考えた時期がありました。


当時、ご飯を食べない、夜泣きがひどい(夜何回も起きる)、日々寝不足が続く、他には歯科検診で指摘されたのもおっぱいを辞めようと思った理由の1つでした。


その頃は夜寝かしつけや夜泣きの際に添い乳をしていたのもあり、おっぱいなしで眠る事は息子にとっては耐え難かったようで...

断乳をしてから一週間過ぎても息子は延々と泣き続けました(ToT)
 


その後も息子の夜泣きはさらに激しくなり、さすがに可哀想になったのと、私の睡眠不足やストレスも重なり、もう断乳はすっぱりと諦める事にしました。




今になってはっきり思うのは、あの頃はまだ断乳するべきタイミングではなかったという事です。


まだ一日に複数回授乳はしていましたし、息子にとってはママのおっぱいがまだまだ必要な時期だったのだと思います。



そこからは自然と息子からバイバイしてくれるようになるまで待とうと、気持ちを切り替えました。




2歳すぎておっぱいをあげていると周りから色々と言われる事もあります。


でもあまり神経質にならずに「うちはうちだから」と割り切るようにしていました。




そして今回の卒乳を決めたきっかけは、
・夜間授乳がなくなった事
・授乳が一日に1.2回程度になった事
・歯科検診で歯並びを指摘された事
です。



2歳半を過ぎてから授乳回数が格段に減ったのは、そろそろ卒業の時期がきたかなぁと卒乳を決める一番の決め手になりました。






今回こそはと色々と情報収集し、準備もしっかり万全に。


@まずは2.3週間前から「お兄ちゃんになったからもうすぐぱいぱいバイバイだね。」と子供に言い聞かせる。

息子の反応「嫌だ」「バイバイしない」「お兄ちゃんじゃないよ」「ぱいぱい飲むよ」など割とネガティブな反応。

A卒乳の日付を決めて、「あと◯日でバイバイだね。もうすぐアンパンマンがやってくるよ。」というのを毎日言い聞かせる。


「バイバイだめ」と言いつつも「もうすぐアンパンマンがやってくる」という言葉に息子は目を輝かせて、「いつくるの?」とだんだんとポジティブな反応を見せるようになる。



B卒乳日当日は何も予定を入れず、お昼過ぎ頃に最後の授乳を済ませる。


よく断乳や卒乳を経験したママが口を揃えて仰るように、内心はさみしくてさみしくてたまりませんでした(;ω;)

おっぱいを飲む姿はお兄ちゃんになった今でも赤ちゃんのように可愛いくて、最後の授乳の時も本当に可愛いくて愛おしくてたまらず...色んなことを思い出して涙が溢れます(p_; )



やっぱりもう少し卒乳の時期を延ばそうかという考えも頭をよぎりましたが、これまでの労力を思い出してやめました(笑)



そして飲み終わった後は「今まで飲んでくれてありがとう!」と感謝の気持ちで息子にハグしました。



Cアンパンマンの顔をおっぱいに描きました。

我が家ではアンパンマンのアニメを見せていないので、さほどアンパンマンに興味のない息子。
本当は大好きなトーマスを描いてあげたかったけどちょっとややこしそうなので、一番簡単に描けそうなアンパンマンを選びました。





しかしここでハプニング!


すぐに落ちそうなもので描こうとクレヨンで描こうとしたものの、全然描けない...

当たり前ですね(笑)



慌てて他で代用できないかと、ご祝儀袋で使用した以来すっかり眠っていた筆ぺんを探し出して描きました。

*筆ペンも落とすのが結構大変でした...(^^;)
後日話したママ友曰く、おすすめはアイライナーだそうです。


意外とアンパンマン、難しい〜〜!!



アンパンマンの絵は紙の上で何度も描いているし自信もあったのですが、いざ鏡を見ながらおっぱいに描くとなると見事に歪みました(笑)




D「アンパンマンがきたよ!」と言って息子に見せる

息子の反応
→「............(長い沈黙が続き)描いたの?」

予想外の反応に驚きを隠せず、「うーん。」と微妙な返答をしてしまう私(^◇^;)



3歳近くにもなると母が思っている以上にもう色々と理解できているんですね。

その後はおっぱいを欲しがって泣いたりグズる事も一切なく、「バイバーイ!」と言ってすんなりと卒乳できました。



「どんなに泣かれても、心折れずに頑張る!」と決めていたのですが、私も拍子抜けでした。


何はともあれ息子は納得してさよならができたし、無事に親子共ストレスなく卒乳できてホッとしています。



卒乳のタイミングもちょうどいい時期だったのかもしれません。





卒乳前と卒乳後、何か変わった事があるかというと...

まず食事に関して。


卒乳前からもともと食に興味のない息子、卒乳後も食に対する興味・関心は残念ながらさほど変化はありません(T_T)


ただ、成長と共にというのはもちろんあるかとは思いますが、卒乳後は食べられるものが少しずつ増えてきました☆

料理のレパートリーが広がるのは嬉しいですね♩




あと一番変わった所は、卒乳前は夜頻回に起きていたのが、朝までぐっすりと寝てくれるようになりました\(^o^)/


ひどい時は30分に1回起きて、もう私も一時期はヘトヘトでどうなるかと思っていましたが、そんな夜間の苦労もようやく卒業(*´∀`*)


卒乳後、約3年ぶりに朝までぐっすり眠る事ができました☆



あとはコーヒーもお酒も飲めるし、風邪ひいた時に薬が飲めるというのはとてもありがたく...!


今までの苦労は何だったのかしら?と思うくらい、ママの負担はぐんと減ります。





おっぱいを離れ、一皮向けてお兄ちゃんらしくなった息子くん。

幸せな時間をありがとう♡



BC18E4BC-9B68-42CD-9D22-DAADB56A0766.jpeg

↑生後8ヶ月の時に撮影して頂いた授乳フォト。
こちらも大事な思い出です(*˘︶˘*).。.:*♡




次回はオムツ外れについての経験談を書きたいと思います。




たまひよメイト♡川嶋 沙織

川嶋沙織さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ