2018/09/13 10:00



こんにちは

矢野あいです晴れ





先日話が一回途切れましたが抗がん剤治療の続きです


闘病のお話が苦手な方はすみませんが戻ってくださいねあせあせ(飛び散る汗)









抗がん剤投与初日に全身に痙攣を起こしてしまった主人


座薬を入れ
通常の投与時間の2倍以上の時間をかけて
ゆっくり投与することになりました



1度こういった症状が起き、続きを投与して平気なのか?


薬によるアレルギー的な拒絶反応の場合
投与してすぐに拒否反応が起きます

主人のように投与して1時間ほど経過して出た症状は違うようです



その後ゆっくり投与しましたが

無事に最後まで投与できました



そしてハーセプチンはもう今回のクールでは終わりましたが
ゼローダという飲み薬の抗がん剤はまだ続きます



これを朝晩と飲むのですが
これがとっても大きくて

大きさで言うと大人の爪の大きさくらいあって
丸みもあるためデカッexclamation×2と言ってしまうほどです


これを主人は1回に7錠も飲みます



最初は飲み薬の方が楽勝だと言ってた主人も
数日でこっちのほうがキツくなってきたかもと嘆いてました



薬はこれだけではなく

熱さましのロキソニンから胃薬
便秘予防の薬、抗がん剤の副作用による機能障害を予防する薬などを入れたら

20錠を超える量でした




私は頑張ってと見守るしかできませんでしたが

その分薬を間違えないように覚えたいと思いました






その後の入院生活で毎朝血液検査をして経過を見ましたが

懸念されていた白血球も下がることなく落ち着いてから退院できました




ですが退院してからも癌からくる熱に悩まされ

入院して全然歩けない日が数日間続いた為
足も一気に細くなり筋力の低下

抗がん剤の副作用のだるさもあるのか

1日快適に過ごせることは無かったように思います



主人はガタイがとっても良くて
肩回りや足回りは筋肉がすごかったので

余計に分かりやすかったのかもしれません




自分の培ってきた筋肉がほんの一時で無くなったことに
とてもショックを受けていました




健康に過ごせてるうちは
毎日当たり前に歩いていますが

歩くってすごいことなんだと思いました










ー(長音記号2)今日はこの辺で終わりますー(長音記号2)


いつもたくさんのサンキュありがとうございます

最後まで読んでいただきありがとうございましたひらめき




783EAAD7-A5C6-461D-AA1D-0F26FCD80765.jpeg
矢野あいさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ