2019/04/23 15:53
こんにちは☆

昨日は、午後から家庭訪問でした。
出勤前に玄関をほうきで掃き、水をまいてデッキブラシでゴシゴシ

表札や手すりも拭き掃除。ギリギリになってやるタイプです(^^ゞ

午後休をもらったのでダッシュで帰宅して
ブラーバに掃除してもらい、軽く掃除機をかけて準備完了!!

今年も玄関先でのお話の可能性大(去年と一緒の先生ですが玄関で結構ですので・・・と言われたから)ですが、
全て掃除しておくと安心ですよね☆

P_20190422_133050.jpg

普段から、こうありたいけれど
すぐ散らかってしまう我が家・・・

P_20190422_132912.jpg

娘のスペースがゴチャついてますが、何とか掃除完了☆

学校から娘が帰宅してすぐに先生も到着

1番目だからか、時間より早くて驚きでした!!

肝心の家庭訪問は
案の定、玄関でお話して終了でした。

昨年のクラスでは 特定の子達からの嫌がらせなどで 辛い思いをしてきましたが
先生が、その度に対処して下さり 3年生になってからは
クラスも離れた事もあり 楽しく学校へ通えているようです。

親子共々、久しぶりに平和が訪れたように感じました

先生は「また何かあれば いつでも言って下さいね。3年生になると みんな知恵がついてくる時期なので色々あると思うので」
と、おっしゃっていました。

とても心配されてる・・・(^_^;) 多分、娘の性格も把握しているので
気が弱いからなあ〜。(私と似てしまった)

気にして頂ける事、本当にありがたいです。
家でも 学校で起こった事や悩んでる事を きちんと聞いてあげないと!!と思いました。

特に問題が無いので5分ほどで家庭訪問は無事終了!!


しかし・・・家では新たなる課題が出てきました!!

それは「Youtube問題」です。

あまり私はユーチューブを見る機会が無かったので
替え歌で有名なタスクコマさんや、好きなアーティストMVを観る程度でした。

一度観ると、どんどん関連する映像が出て来て
子どもにとったら 無限に観てしまうだろう

という事で、私は あまり子どもに見せたくなかったのです(個人の意見です)

しかし 娘がスマホゲームをしていた拍子にユーチューブに辿り着いてしまったようで
そこからユーチューブばかり観るようになりました・

私が側に居る時しか見せないようにして
観るものもゲーム実況や紹介映像、ニンテンドー公式ユーチューブ等だったので
すっかり油断していました。

検索も一切しない様子だったので 「閲覧制限をかける」事、それ自体が私の意識には無くて

昨日、家事を全て終わらせて 一緒に某ゲームキャラクターの映像を観ていたら
あっと言う間に ちょっといかがわしい雰囲気の映像に・・・

最初はクスッと笑える感じで安心してましたが、あれよあれよとR18的な方へ
向かおうとしてるじゃないですか!! 

「あーー!!いつまでもユーチューブばっかり観て!もう寝る時間やで!!」
と、猛スピードでタブレットを奪取しました(>_<)

案の定、「ママだって観てたくせに」と批判の嵐でしたが

めちゃくちゃ焦りました。
国民的人気ゲームキャラクターの映像なので すっかり安心して観せてました。

ちょっとお色気方向に行ったら、その関連でどんどん そういう映像が出てくるのが
ユーチューブの恐ろしい所ですね。
私の無知さに 反省しました。

「検索しないからよい」 「音量を出して側で観ているからよい」 「子どもに人気のキャラだからよい」

そんな事は全く無く、、、油断しきっていました。

後で履歴確認したら 少し暴力的な映像も観てたみたいで
反省。。。

今朝になり、ネットで閲覧制限の方法を調べ
念の為、主人にも これで合っているか確認してもらいました。

ユーチューブじゃなく
もっと他の事に夢中になってよ〜!!
と思うけれど

ゲームか読書、ユーチューブが楽しみのようで・・・

「おもちゃで遊べばええやん!」と言っても
「ひとりで遊ぶん嫌や!」と言われるし
友達呼ぶ事も そう頻繁には出来ないしな〜

子育ては、年齢ごとに それぞれの悩みが尽きないですね。

もう少し経てば
あの時は こうだったなって懐かしく思えるのかも。
今までが そうだったように。

タブレットとスマホの付き合い方を もう一度 見直して行かないとって思いました


今回も最後まで読んで頂き ありがとうございます
サンキュ!押して頂くと更新の活力となります
よろしくお願いします☆
あしたばさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)