2018/10/18 11:19
こんにちは☆前回の記事に沢山のサンキュ!やコメントまで頂き、嬉しかったです♪
ありがとうございます(*^^) ゆっくりになると思いますが お返事させて下さいね。

さて、前回の続きなのですが、
なぜこうして突然パニック障害について語りだしたのか!?と疑問を持つ方も いらっしゃると思います。

それは一昨日の事ですが 大きなパニック発作が起こってしまったからです。。
初めて発作が起こった日のように 死の恐怖を感じました。

1週間前くらいから、脈が飛ぶというか
心臓がドクッと大きく脈打つ時があって ネット検索したら そういう事は珍しい事では無いと書いてあったので
気にしないようにしていました。

それでも数日に1回くらいのペースでそういう事が起こっていました。

日曜日は、家族でハイキングへ行ったのですが
その時にもドクドクッと鳴るので 気持ちのせいなのかな・・・と思い頓服を飲んでやり過ごしました
18-10-14-22-15-48-120_deco.jpg
薬を飲んでからは 楽しく登山出来て (筋肉痛で2日間苦しみましたがw)


そして一昨日
朝から脈が飛ぶ感覚が何度も起こって

通勤途中も連続で何度も起こり 「心臓に何かあるのかな?」と不安になりました
それと同時にパニック発作の一種かなと思いました。
そして胸が苦しいような感覚になって 頓服を飲めば何とかなると思い
自転車を止めて(自転車通勤です)頓服を探して飲みました

が・・・錠剤が欠けていて半分以上落ちてしまい 欠片だけしか飲めず

それでも大丈夫、、と言い聞かせて更に職場へ向かおうとしましたが

心臓がドクっと大きく脈打ってきて「もう死ぬのではないか」という恐怖で
一度自宅へ戻って 落ち着いてから出勤しようと 職場へ連絡。

「まだ娘も小学生なのに、、このまま死んでしまうのは嫌だ」
「こんなに節約してきたのに、何も実らないままじゃ嫌だ」
色んな事が 頭の中をかけ巡りました

自宅へ戻って頓服を飲みましたが なかなか落ち着いてこなくて
主人にも電話を。
「心臓が苦しくて・・・」と伝えましたが やはり仕事中なので戻る事は出来ず
義両親が近くに住んでいるので 来てもらえる事になりました

やはり誰かが居ると落ち着くみたいで 少し楽になりましたが
相変わらず 変な感覚は続いたので

病院へ連れて行ってもら事に。
かかりつけの病院は心エコーもあるし、きっと大丈夫だ!と思いました。
主治医は確か 今日は診察の日じゃない・・・けれど誰でも良いから 診て欲しい気持ちでした。


到着して症状を話すと
 「今日は循環器内科の医師がいなくて・・・よく診てもらっている◎◎先生でもよろしいでしょうか?」と、
診察の日では無いけれど 主治医に診てもらえる事になりました

症状を話すと すぐ検査になりました。「パニック障害の発作かもしれないと思い、頓服薬を飲みました」とも伝えておきました

心電図や心エコー、血液検査。迅速に検査が行われました。
結果、何も異常は無し!でした。

ただし血液検査で炎症が少し上がってるから「風邪気味?薬いる?」と言われましたが自覚が無いので断りました。

先生には不定愁訴で何度か検査してもらったりしているので 私の心配性なところを わかっているのか
「どこも異常ないから大丈夫!!安心してや!!」と私の顔を見てしっかり言って下さいました。

その一言で すごく安心したのか 帰宅してからは 心臓の不快感は無しでした。
念の為、、仕事はお休みする事にして 薬のせいなのか 眠くなって 数時間眠りました。


マイノートが、この日 記念すべき(?)3冊目突入だったのですが
こんな始まり方だなんて・・・(字が汚くてすみません・・・)
18-10-18-09-05-00-279_deco.jpg

とても怖くて怖くて、、、 気がつけば5年もパニック障害と向き合ってきましたが
こんな大きな発作は 5年ぶりで

最近は、危ないと思えば頓服を飲んだり 発作が起こっても軽かったり(大丈夫、大丈夫と言い聞かせて気持ちを落ち着かせた)
乗り越えられてきました。

でも一昨日の発作は 恐ろしくて。と、同時に 何も5年前と変わっていないんだとショックを受けました。
悔しくて悔しくて 泣いてしまいました。

夜も眠れなくて 発作のせいで仕事に行けなかった事
日常生活に支障が出てきた事に すっごく腹立たしくて 家族が眠っている横で涙していました

昨日は、何とか出勤できて 安心に過ごせました


今日も、「昨日は大丈夫だったし何とかなるな〜!」と出勤したら
途中でまた心臓がドクっと

もう異常が無いから 慌てない慌てない・・・
だけど ちょっと苦しくなってしまい 「大丈夫、、、」と心の中で唱えながら会社へ向かいました
主治医の「何もないから大丈夫やで!」という言葉も思い出しながら。

職場にたどり着くだけで ちょっと時間がかかりました(^_^;)

頓服薬も油断して 1個ぐらいしか入ってなかったので
揃えました。 もう持ち過ぎだろ・・・というぐらい
お守り代わりに持ちます。 お気に入りのドラえもんのポーチに入れて。
18-10-18-09-03-20-478_deco.jpg


明日はタイミング良く(?)
心療内科の受診日なので相談したいです。(病院へ行く道中も不安ですが・・・)

でも、診療内科の主治医には「うまく付き合って行くしかないですね」
「そんな日もあると思うぐらいの気持ちで」と言われると思います
そんなものなのかな・・・ その辺りも 同じ病気で悩む方のご意見とか聞きたいです☆


長文になりましたが

このリアルな気持ちが色あせないうちに 書きたかった
書く事によって 「パニック障害に負けてたまるか!」と自分を鼓舞したかった
同じ病気で悩む方と共有したかった
「こんな病気もあるんだな〜」と伝えたかった

家事や育児 または仕事で多忙だったりストレスを抱える主婦の方にも
割と身近な病気だと思うので 何か参考や、きっかけになればと思い

今の私の状況と気持ちを書かせて頂きました。

私も 娘の学校の事とかで悩んでいた時期だし
仕事から帰っても 家事が待っているし
どこかで無理やストレスがかかり過ぎていたのかも!?と振り返ってみました

でも頑張る事をやめるって なかなか難しい・・・
悩む事だって なかなか止められない

そういう性格だから仕方が無いけれど
ちょっとは楽に考えないとって思いました。


今回も最後まで読んで頂き ありがとうございます
サンキュ!押して頂けると更新の活力となります
よろしくお願いします☆

あしたばさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2018/10/17 14:32
こんにちは。重めなタイトルですみません(>_<)

需要は無いと思いますが、
もっともっと節約や平凡な夕食の事を綴りたかったし

忘れないうちに、記憶が鮮明なうちに 綴っておこうと思います。

長いので2回に分けます。
良かったらお付き合い下さいね。

同じ病気で悩んでいる方の参考になれば・・・
とか、「もしかして この症状はパニック障害??」と思い当たる方の参考になればと思い
書かせて頂きます。

遡って
サポーターブロガー時代や、こちらのブログにも少し 私のパニック障害という病気には触れていました。
サポーターブログの記事をリンクして良いかわからないので こちらに少し省略して内容を書きます。


初めてのパニック障害は忘れもしない2013年5月3日。
当時、激務だったので残業で23時くらいに帰宅。
そこから1人夕食を食べていました。 しかし気分が悪くなり胃薬を飲み
早めに寝ようと寝室へ。それが午前1時前。

しかし突然の目眩 階段でフラフラしてしまう。
え!?おかしいな!と思いつつベッドへ。
すると 突然息苦しくなってしまい
寝ていた主人を起こして 「苦しい、、、息苦しい 死んじゃう・・・」と大声で助けを求めました。

大丈夫、落ち着いてと水を持ってきてくれましたが
すごい恐怖感と心拍数が凄くて 本当に死んでしまうんだと思いました

全然それは おさまらなくて 「死んでしまう!!救急車呼んで・・・」とずっと訴えていました。
まだ娘は当時2歳で。
「こんな小さな子を残して死ぬなんて嫌だ、怖い」と心の中でずっと思っていました。
息が出来なくて 怖くて

私は救急搬送され 主人は眠っている娘と車で病院へ。

そして病院では何も異常が無くて

でも心臓はドキドキして脈拍160ほど。寒気もして息苦しくて
「絶対何かあるハズです」と病院で訴えました(今思えば 本当に迷惑な患者でした)

結局「精神的なもの」と家に帰されました。

そんな事で心療内科の扉をたたく訳ですが

当時はオーバーワーク気味だったり 仕事でプレッシャーがあったり

何故か「私みたいなのを雇ってくれるのは この会社しかない!」
「ここを辞めさせられたら 子どもが小さいし もう働けなくなる・・・」
「働けなくなるって事は 保育園も行けないし お金も稼げなくなる」

派遣切り・・では無いですが派遣先が人員を削減したかったようで
欠勤が多かったり個人のミスが多いと 「契約更新しません!」と通告される人が多く

私から見れば優秀だと思っていた人も 次の契約更新は無かった・・・
という話を聞いて戦々恐々としました。

欠勤は・・・娘が熱を出す事が多い&娘から私へと風邪が移る事が多く
どうしても多くなりました。
なので出来る限り残業をして 協力出来るところは 協力しようって思っていました。
9時出社22時勤務終了という事も多く・・・

あとはコールセンター勤務だったのですが

社内の環境が変わって行き
入力ミスは絶対悪!電話も丁寧に手短に!という風潮が強く
上司が業務中の私の背後にピッタリついて一挙一動、モニタリングされました(^_^;)

私、プレッシャーにすっごく弱くて
見られていると余計に慌ててしまい ミスってしまうし電話でも噛んでしまうし・・・

見られていない時は 出来る事が
監視されていると全く出来なくなり 悪循環に・・・

とにかく自分を責めたし
成績も全て回覧で回ってくるし

これでお金を貰っているんだから ミスを無くそう!電話応対を迅速にしよう!という事は当たり前なのですが
とにかく どんどん追い詰められて行く感があった事

激務だった事 それが積み重なって
パニック障害が発症してしまったのかな・・・って思いました。

しばらくは発症しても 家族の為に頑張らないと!と強く思っていたので
それでも会社は休まないぞ!と食らい付いていました。

でも、ある日 理不尽な事&些細な事で上司の機嫌が悪かったのか
すごく怒られて


それきっかけで 「あ、もうここの会社、辞めよう!!!!」 瞬時に思いました。
独身時代から約9年。
激務だし、妊娠したら辞めて行く方も多いけれど
産休・育休も取って復帰して
かなりお世話になった職場なのに

もうダメだと思えば
そこからは早かったです♡

繁忙期なので有休は取れなかったけれど
辞めるとなると 有休消化して良いとの事で
一気に20日も有休取りました♪♪

心身疲れ果てていたので パートでも良いや・・
とにかく有休あるうちに働き口を見つけて

途切れないうちに働こう!

と、仕事から離れて体調が良かったので
パニックの通院は勝手にやめて
すっかり油断していました。


有休中に面接を受けて
コンビニのオープニングスタッフに採用され
周りは みんな良い人で
楽しく働いていたのですが

どこかでストレスがあると

パニック障害の症状が出るようになり

やめていた通院を再びするようになりました。

そこからは、大きな発作はなく
小さな発作で済む事が多くなり

それは発作時に飲む 頓服薬をお守り代わりに持っていたからだと思います。

なので最近は、
「あ、何かヤバいな」って時に頓服を飲んだり
緊張しそうな場所だ・・と思うと前もって飲んだり
自分なりに パニック発作が起こらないようにしていました。

Aに続きます。

最後まで読んで下さりありがとうございます
サンキュ!押して下さると更新の活力となります
よろしくお願いします☆
あしたばさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ