2018/07/31 00:43
暑い〜。

連日39度を越える暑さです。

暑さのために子どもの登校日が中止され、プールも水が熱すぎるからと中止になる今年の夏。


わたし、外で仕事です!(毎日じゃないけど)

不要不急の外出は控えましょう、と呼びかけられる炎天下、移動図書館は元気に巡回中〜。

って、スタッフもだけど、来てくれるお客さんも危ないこの暑さ。いいのかなぁ…。

毎年移動図書館は蚊との戦いなのですが、今年は暑すぎて蚊も活動できないらしく、あまり刺されません(笑)。



さて、暑さの中、移動図書館を楽しみに来てくれるお客さんたち。

くれぐれも無理をしないでいただきたいのですが…。

限られた蔵書冊数の移動図書館、なるべくお客さん求める本をお渡ししたいところです。



有名で典型的なむかしばなしを子どもに、というおじいちゃんとおばあちゃん…。

ううむ、「ももたろう」「きんたろう」今日は積んでないなあ…。

よし、「三びきのやぎのがらがらどん」を。

「北欧の昔話なんですが、子どもに人気がありますよ〜。大人が読んでも…」

「大人が読んでもおもしろいのかね?」

「いいえ〜、大人が読んでもおもしろさがよくわからないんですけど、子どもには繰り返しがすごく楽しいみたいなんです♪」

お孫ちゃんに喜んでもらえたかなぁ(もう知ってるかもだけど)。



トマトのシロップ漬けの作り方をしりたいといおばさま。

そんなにピンポイントでちょうどいい本は積んでない〜〜。

そこでトマトのお問い合わせは持ち帰って全館の蔵書の中からお探しし、後日お渡しすることに。

今日はなんとかそれに近いものをと、料理の本の棚を見ていきます。

にんじんのジュース漬けのレシピの本が見つかり、借りていただけました。

図書館員兼主婦ブロガーとしては、とくに家事育児分野のご要望にはお応えしたいところ。



「サンキュ!」を借りてくれるお客さんがいると胸が熱くなるわたしです。

「わたしサンキュ!の公式ブロガーなんですっ!借りて読んでおきに召したらぜひ最新号はお買い求めくださいっ!!」

…などと、お客さんが借りる本に関することを図書館員は絶対に口に出してはいけないのですけれどもね。




こんな、移動図書館ならではのお客さんとのかかわりも楽しいのですが、暑い夏ならぜひ建物の図書館へもおでかけください。

すでに、子どもの本を借りるために利用しているお母さんはたくさんいらっしゃると思います。

ここはひとつ、お母さん自身も図書館を楽しんでみませんか〜。

DSC_2671.JPG

涼しくて、たくさんの本を無料で楽しめる図書館は、お金のかからない節約レジャーとしてとらえられる面もあります。


でも、でもね。

たくさんの本をどれでも自由に手にとって借りて帰ることができる。

このことは、精神的にとても豊かなことなのです!


図書館には、たくさんの本があります。

本だけではなく、新聞やCD、DVD、紙芝居なども…。


大げさに言えば、図書館とは人類が長い歴史の中で作り上げ、蓄積してきた知識、文化が凝縮され、集められた場所なのです。


図書館の本についているラベルには、数字が書いてあります。

この数字こそが、知識のすべてを分類し収めるための意味を持っているのです。

図書館では、本を内容ごとにそれぞれの棚に収めるための住所、という意味合いになりますが。




知識の森のような書架(本棚)のなかに迷い込み、こんな世界がある、こんな知識がある、と、いろいろな本をどうぞ自由に手にとってみてください。

図書館には好きな本を借りて読む自由もありますが、ちょっと借りてみてやっぱり自分には合わないから読まずに返す自由もあるとわたしは思っています。

大人だからってかならずしも大人向けの本を選ぶ必要はありません。

子どもの本を子どもといっしょに楽しむのも、子どもそっちのけで自分が楽しむのも(←わたしです)自由ですっ。

他者の言葉や他者の体験、知識を自分の中に取り入れて、ちゃっかり自分のブログやSNS、ノートの文章に活かしちゃいましょう。


たくさんのみなさまのご来館をお待ちしています♪
(そういうわたしはしばらく仕事休むんですけど)
あきねねさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
laureaちゃん

そうなんです。
読めば読むほど、読む本がなくなるんじゃなくてその逆、いろいろな本をもっと読みたくなる。

それが図書館、知ることの楽しみ〜。

laureaちゃんも確か司書資格持っていたよね?

「三びきのやぎのがらがらどん」のような繰り返しのある絵本って、何度も読まされると大人は苦痛になってくるよね。

子どもには、それが安心できる楽しい経験になるんだよね。

小さいころに親子で絵本を楽しんだ思い出の話を聞かせてもらうのはうれしいな〜。
by あきねね 2018/07/31
あきねねちゃん☆

図書館は子どもの頃から大好きだけど、
そうなんだよね〜。
気になる本を読んでみよう!今度はあれ借りよう!
もう一度読んでみよ!
とか。
本当に世界も広がるし、ありがたい存在☆

で、がらがらどん!
うん。大人には面白さが分からない(笑)けど、
私も、息子も良く読んだなあ。
by laurea 2018/07/31