2018/09/25 06:00
子宮筋腫による子宮全摘出手術を受けてから、もうすぐ2か月が経とうとしています。

術後のその後は順調回復。

子宮がなくなると、もうその月から生理は来なくなるんですね〜。

当たり前といえば当たり前だけれど…。

今までいろいろわたしを煩わせてきた筋腫も生理もなくなり、ナプキン代もかからなくなり、もう旅行や仕事がいちばんつらい日と重なるかも…という心配を一切しなくてよくなりました。

本当にきっぱり。

たまにおなか痛くなったり、傷跡がかゆかったりするけれど、快適さはそれらを補って余りあるものです。


さて、手術を受けたことで、加入している生命保険からお見舞金が支給されることになりました。

数年前に保険屋さんの勧めでプランを変えたもので、女性特有の病気をサポートする特典がついています。

今回、子宮の全摘出と癒着に伴って卵巣も片方摘出したのですが、女性特有の器官の摘出に対してはけっこうまとまった額が支払われるのです。

なんか、うん、本当にけっこうな金額で…。


お金がたくさんもらえたらありがたいのですが、なんだかそのことで逆に不安…?に似た気持ちにもなりました。


快適になれてうれしいとばかり思っていたけれど、たしかにあるべきものを失ったのだなぁ…。

そして、そのことにはこれだけのお金がもらえるほどの重大な意味があったのだなぁ…。



そこで、そのお金を一部活用し、なにか記念に残るものを買うことにしました。


_20180921_231236.JPG

これこれ、学生のころ使っていた、BACHのトロンボーン用のマウスピース♪


そしてこれっ!

DSC_2840.JPG

ユーフォニアム、買っちゃった〜。

ご存じない方は多いと思いますが、楽器です〜。


サンキュ!ブログのプロフィールの「100万円当たったらなんに使う?」の項目にユーフォニアムを買うって載せていたそのものなのです。

「エスクラを買う」に直しとこ(笑)。



当分は吹奏楽団の人には内緒にして、ゆっくりこっそり吹くつもりです。

なにしろ26年ぶりで、もう昔みたいに音が出ないので相当なリハビリが必要のようです。
あきねねさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
たなみーさん

コメントのお返事、こんなに遅くなっちゃってごめんなさい〜。

これはですね、わたしの経験上、自らが吹奏楽経験者または家族が経験者ではない人がユーフォニアムを知っていた確率は、ほぼゼロパーセントです(笑)。

入部したばかりのころはユーフォが大きくて重くていやだな〜、と思っていたのですが、よく見るとバリトンサックスのほうが大きいんですよね。

そして、ソプラノサックスよりもさらに小さなソプラニーノサックスの演奏を最近聴きました。

コルネットは先日新しく入団した方が持っていたのをみて「かわいい〜」となりました。

小さい楽器はやっぱりかわいい…(笑)。

手術の傷が痛むことはほとんどなくなりましたが、かゆさがたまに来ます。

3回切った傷跡、もう切ることはないはず…。
引き続き回復を待っているところです。
by あきねね 2018/10/26
こんにちは。
ユーフォニアムって、やっぱり知らない人いるんですかネ?
私としてはホント信じられない思いなんですが…。
私が吹奏楽部に入った時にちょうどあったから当たり前のように思っているのか…?
当たり前にあったといえば、トランペットの仲間みたいなコルネットでしたっけ?
アレもあまり見ないですよネ〜。
っていう、私も吹奏楽始めてからしばらくはソプラノサックスを知らなかったナ〜( ̄∀ ̄)
そして、アルトとテナーは当たり前、バリトンの巻き具合にスゲ〜って内心ビックリしてました(笑)
それから、手術の傷。
私は帝王切開してるんですが、数年は傷がかゆいとかありました。
見た目にはほとんどわからなくなってるのに…です。
寒いとか雨が降ると古傷が痛い…ってこういうコトかナ〜って思いました。
by たなみー 2018/09/25