2019/06/22 06:00
落語講座のおけいこ、受けてきました。

「みそ豆」を覚えていって、所作を交えて演じてみました。

先生から手直しをちょうだいしました。

…ぐつぐつ煮えている鍋から、直接豆を素手で取って食べたりはしませんよね?

それはそうだ!

ちっとも気がつきませんでした。

そこで用意していったこの扇子(100円・税別)

IMG_20190618_222212_051.jpg

ちょっと開いたら鍋をかき混ぜるしゃもじに見立てて、利き手で豆をすくって反対の手に持ち替えて、あつあつの豆をおそるおそる口へ運んで。

思わず「あつっ」と声が出るけれど、口の中に熱いものが入っていたら言葉にならないはず、はふはふっと荒く息を吐いて。

うう〜〜〜〜ん、奥が深いっ。

あははっと笑いながら観ていた落語。

いかに細やかな演技がなされているのか。

自分で演じて、そして先生にみていただいてわかりました。




わたしは大学時代、演劇をしていました。

今は趣味で吹奏楽をしているけれど、演劇もまたやってみたい!

演劇の練習や公演の準備のためにメンバーが集まらねばならない時間は、吹奏楽よりも膨大です。

それがわかっているので、さすがに両方はできない…。



と思っていたのだけれど、落語なら、ひとりだけでも演じることを楽しめるのではないかと気がつきました。

複数の人物を一人で演じ分けると、本当にそこに何人もの演者がいるかのように聞こえたり、扇子や手ぬぐいが別のものに見えたり。

そして笑いは心と体にいい効果をもたらしてくれる。仲間もできる。


落語続けよう〜〜〜。

あきねねさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)