2017/08/25 06:00
うちの子は来年小学生になります。

実家に帰省した際、ランドセルを買いました。

じいじ(わたしの父)が買ってくれました。

写真のとおり、きみどり!です。

イオンの「かるすぽ」です。

_20170824_033958.JPG

きみどりっていうか、製品上の色名は「ライム」です。

ハートの刻印があったり、リボン型のキラキラがついていたり、女の子向けの品となっています。

男の子向けの緑は、もっと濃い、黒に近い色でした。

なんというか、全24色中、どの系統にも属さない独自の色彩を放っております。




ランドセル選びのこと、子ども年長になったあたりから気が重かったのです。

「ラン活」という言葉が聞かれるようになりました。


今は夏に実家に帰省したとき、祖父母に買ってもらうのが主流なのだと聞いていました。

でも、たまたま最近見たニュースでは、「ラン活」はさらに早まっていて、いろいろお店を見て回り、夏前に決める人が増えているとのことでした。

ラン活中の親子やお店の人がインタビューに答え、「じっくり選びたいところだけれど、迷っている間にいい品はどんどん売れてしまう…」というようなことも言っていました。

そこまで重大な決断なのか!と身構えてしまいました。



う〜〜〜ん、わたしが子どものころなんか、年が明けてから用意されていたけどな〜。

しかもおばあちゃんが独自に選んで贈ってくれたもので、色なんて赤だけだったし。

赤、黒以外の色なんて超少数派でした。



時代はうつりかわり、さまざまな色のランドセルが登場してきました。

たしかにわたしも独身のころからCMなどでそれらを見るにつけ、いつか子どもが生まれたら、ランドセル売り場に連れて行ってたくさんの色の中から好きな色を選ばせよう!、とは思っていました。

こんなに「ラン活」が激化するなんて思いもよらなくて、それは子どもが生まれたらやりたいことのひとつでした。




そしていよいよ、わが子が小学生になる前の夏。

この帰省でランドセル決めなきゃいけないのかな〜…と考えるとちょっと気分が重かったのです。


ちらほらと園のお友だちがランドセルを決めたという話も聞かれ、うちの子もはやくほしいと言い出していました。

色はきみどりがいい、というのはけっこう前から言っていました。

そんな珍しい色にしてしまって、入学直前あるいは入学後に後悔するのではないかと思い、ようすを見ていました。



さて帰省中、じいじからランドセルの費用をいただき、やはりせっかくだからランドセル見に行くか〜と実家から歩いていけるイオンへ行きました。

最新モデルのさまざまなランドセルが並ぶ中、うちの子が選ぶのはやはり、きみどり…。


その場で注文しても、届くのは冬になってから。

しかし、すぐ持って帰りたいといって聞かない子ども…。



ちょうど去年のモデルが現品限り、持ち帰り可能で販売されていました。

子どもは去年のきみどりと今年のきみどりを比較していましたが、デザイン的に去年のきみどりを気に入ったもよう。

持ち帰れる点がもっとも魅力的だったようですが。


「本当にきみどりでいいの?6年生まで変えられないんだよ?」

何度も念を押しましたが、本人の意思は固く、去年モデルのきみどりに決めました。

IMG_20170814_071823_059.jpg

さっそく背負ってみる〜。

(今回の写真は顔を隠さず載せます)


しかし、そういうわたしもこの年のころ、きみどりが大好きでした。

キャンディ・キャンディの自転車(笑)を買ってもらったときも多数はのピンクよりきみどりを選んでいました。

妹が生まれたとき名前を「みどり」にしろ、って訴えて退けられたり(笑)。


自分の時代にもランドセルがさまざまな色から選べていたら、わたしはきっときみどりにしていたことでしょう。

わが家の「ラン活」はあっさり終わりましたが、うちの子らしい結果になったように思います。



さて、親としては去年のモデル、割引があってうれしかったんですけど(笑)。

ちょうど福引の期間中で、ランドセルのおかげでたくさんひけました。

そのうちのひとつで500円分の商品券当選!

うれしいおまけでした。
あきねねさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
東悠さま

コメントありがとうございます。
お返事が遅くなり申し訳ありません。

下校途中の小学生を見ていると、いろいろな色のおしゃれなランドセルがあるものだと思いますよね。

ラン活って、わたしも最初聞いたとき何のことなのかわかりませんでした。
ランドセルを選ぶのってそんなに大変なことなんだ!と驚くとともに憂うつになってしまいました。
わが家のラン活はあっというまに終わってしまいましたが、せっかくなら、苦痛と思わず選ぶ過程を楽しみたいですよね。
子どもが生まれて6年、小さな赤ちゃんだったわが子がもう来年小学生。そして自分の意思でランドセルの色を選ぶなんて、と成長をしみじみ味わう機会になりました。
by あきねね 2017/10/01
初めまして(*^^*)ラン活!という言葉を初めて聞いて、じっくり読ませていただきました。本当に時代は変わりましたね〜もう赤いランドセルの方が珍しいのかなと思ってしまいました。
娘さんのキミドリのランドセルとっても似合っていますね♪嬉しそうで可愛いです(*^^*)
うちはまだ1歳の息子ですが、男の子でも小学生になるときにラン活なるものがあるのかちょっと楽しみになりました♪
by 東悠 2017/09/07