2017/10/16 04:06
秋になりました。

今年は音楽も読書も楽しんでおります。

その分家事がおろそかに(笑)。


今回は子どもと読書の話。

絵本から興味を持って体験に結びつけたという話題です。

ちかごろ読んだ『アレクサンダとぜんまいねずみ』。

これはわたしが小学生のころ、国語の教科書に載っていてとても馴染み深い物語です。


17-10-16-03-13-38-338_deco.jpg

人間に嫌われているねずみのアレクサンダと、人間にかわいがられているおもちゃのねずみのウイリー。

ウイリーをうらやましく思うアレクサンダは、あるとき生きものをほかのものに変えてくれる不思議なとかげの話を聞きました。

自分もぜんまいねずみに変えてもらおうと、ウイリーは魔法のために必要なむらさきのこいしをいっしょうけんめい探します。

やっとこいしをみつけたウイリーは、とかげの元へ向かいますが…。


そんな貴重で不思議な力を秘めたむらさきのこいし、じつは家にこんなにありました(笑)。

子どもに見せたら驚かれました。

DSC_1462.JPG

このほかにも、透明やら緑色やらいろいろないろの石をとりまぜて保管していたのです。

これは、岐阜県恵那市にある石のテーマパーク「博石館」での宝石探し体験で見つけたものです。

結婚前に行ったきりでしたが、今回子どもも大きくなったので、家族で再び博石館を訪れてみました。


10月の3連休、博石館はたくさんの人が訪れていました。

チケットを買うのにも宝石探し体験をするのにも並ばなければならないほど。


石の博物館を見ていると、多数のむらさきの小石のかたまりが!

DSC_1452(1).JPG

いったい何回変身できるんだろう…。


そして宝石探しへ〜。

水中の砂から宝石を探します。

制限時間は30分〜。

DSC_1441.JPG


こんな感じで、宝石が見つかります。

DSC_1444.JPG

今回はむらさきいろは見つけられませんでしたが、持ち帰った宝石を家で眺めて楽しんでいます。

宝石を全部出す→ばらまく→散らかる…という繰り返し。



そして、うちの子が気に入ったのがこちらのピラミッドです。

DSC_1453.JPG

中は迷路になっています。

薄暗くて狭くて、まさにピラミッドの中、という感じの通路。

何度も行き止まりにぶつかりました。

子どもも最初は怖がっていたものの、だんだんおもしろくなってきたようで、5回くらい迷路をしていました。


そして施設の隣の喫茶店にてお昼ごはんです。

DSC_1457.JPG

ごはんが三角のピラミッドカレーを食べました。

子どもにはキッズサイズのピラミッドカレーもあります。

普段食べている量より多かったはずなのに、なんと全部食べてしまいました。

たしかにこのカレーとてもおいしかったからね。

珍しく帰省以外での、家族そろってのおでかけとなりました。

(写真掲載の許可いただいています)
あきねねさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
laureaちゃん
コメントありがとう。
「アレクサンダとぜんまいねずみ」の作者、レオ=レオニさんの絵は、きれいで大胆で心に残るよね。
うちの子は「スイミー」を先に読んでいて、同じ人の絵本がもっと見たいって言うので、こちらを読んでみたのです。
子どもの興味の方向を伺って、その方面の興味を深める本を仕事のついでに探してます。
こんなことを言った子にはこんな本、こんなことに疑問を持った子にはこんな本、という紹介のしかたができたらって思ってます。
by あきねね 2017/10/24
あきねねちゃん☆

ピラミッドこれだったんだね♪

私も、「アレクサンダーと〜」読んだよ。
子どもの教科書に載ってて、
良く音読で聞いたよ。
絵もキレイだし、話しも好き。

すっごくいいね。
絵本から実際に体験してみる。
とっても、心が豊かな子に育つね〜☆
ステキな子育て♪
by laurea 2017/10/16