2017/07/30 17:09
わが家の家庭菜園では、今年中玉トマトとミニトマト、きゅうりを植えています。

今日これだけ収穫しました。

食べきれるかな…。

DSC_1244.JPG


ミニトマトは豚バラ肉で巻いて焼くのが好きです。

かつて「サンキュ!」にも普通のトマトの肉巻きのレシピが出ていました。

にんにくと黒こしょうで味付けをするやり方、参考にさせてもらっています。


DSC_1222.JPG

フライパンでもできるけど、魚焼きグリルで焼くと、いい感じに脂が焦げて焼きとり屋さんっぽい味になります。


わたしが実家にいたころよく行った焼きとり屋さんに、これのミニトマト版が「トマトのアレ」という裏メニューでありました。

クリームチーズを乗せるのがそのお店風。

また食べたいな〜〜〜。

それと、

_20170730_163507.JPG

そのほかトマトの食べ方で気に入っているのが、ブルスケッタ…の、パンに乗せる前の状態。

パンに乗せるのはもちろん、パンなしでサラダとして食べることもあります。


_20170730_163844.JPG


レシピはこの本に出ていました。

刻んだトマトに塩、バジル、にんにく、オリーブオイルをまぜてしばらく置いておきます。

にんにくが入っているというのは朝食べるときなど気になりますが、でも絶対入っていたほうがおいしい!


今年は野菜を植える時期も遅れ、手入れを怠っていたので収穫は遅かったのですが、なんとかここまで生長しました。


_20170730_164528.JPG


きゅうりは、5月中旬にはもう苗が売り切れていたので種からまきました。

_20170730_164548.JPG

実は7月も終わりなのにまだきゅうりは1本も収穫できていません。

雌花がついても、大きくなる前に枯れてしまっていました。

でも、やっと実が大きくなり始めました。

_20170730_164347.JPG


イボイボいっぱいです。



段ボールコンポストも再開しました。

つなぎ目をクラフトテープで目張りし、そこを二重にした段ボール箱に基材を入れます。

今回は、ピートモスともみ殻くん炭を使いました(前に作ったときの残りです)。

前は庭の土でやってました。


_20170730_162641.JPG

虫よけに、Tシャツの袖と襟を縫い合わせたカバーをつけます。

DSC_1231.JPG

あとは生ごみを入れていくだけ〜。

微生物がだんだん分解して堆肥へと変えてくれます。

生ごみはそのままゴミ箱にためておくと腐敗してにおってきますが、これだとにおいも出ずに気になりません。

ごみの量も減り、快適になります。

わかっていたのになかなか準備できなかったのですが、やっと整えました。
あきねねさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2017/06/25 23:48
梅雨らしい空模様が続きそうです。

雨が降ると洗濯物が乾きにくいし通勤通園が大変だし…となるのですが、植物の水やりをしなくていいのがうれしかったり。


今年のわが家の家庭菜園は、中玉トマトとミニトマト、そしてきゅうりを植えました。

5月上旬に子どもの入院があり、野菜の苗を買いに行く時期が遅れました。

そのため、残り少なくなっていて、選択の幅が狭くなってしまっていました。

しかし、買ってきたときちょっと枯れかかっていたトマトの苗も、このように大きく茂りました。

DSC_1043.JPG

さっそく青い実をつけてくれています。

DSC_1042.JPG


きゅうりはすでに苗が売切れてしまっていたので、種から植えることにしました。

DSC_1041.JPG


ある程度育って苗の状態になったものを土に移植。

こんなにちいさいうちに花まで咲いてくれました。

(栽培技術として、小さな苗に花が咲くのがいいことなのかどうかわかりませんが)。


葉っぱの色が薄くてちょっとちりちり気味なのは、晴れた日に水やりを怠っていたせいです…(笑)。
あきねねさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ