2016/07/28 08:24
こんにちは、次女の風邪がうつり喉が痛いshucaです。

昨日は長女の志望する高校の合同就学相談がありました。

そこで自分の志望動機や自分の障害ついての理解、認知。
その他様々な事を面接する場です。
野球で言うならオープン戦、と言う所でしょうか。

この面接では合否は関係ない、というけど長女にとって
初めての面接、緊張度は計り知れないものでした。
先輩ママたちに色々聞いて面接の練習はしたけど本番となると
やっぱり違う。空気が違う。
いざ面接が始まり横で聞いていました。「・・・」と思う事は多々ありましたが
あのピーンと張りつめた緊張の空気の中しっかり挨拶も出来て
退室するときもちゃんと「ありがとうございました。失礼します」と
挨拶も出来、初めてにしては頑張ったと思います。
その後も志望する高校の先生とお会いでき、質問もしていました。

本人は高校卒業と同時に障害者雇用での就労になります。
でも本人は働いたことなどないので就労に関してはピンとこないよう。
無理はないです。でもその為の高校進学という事は理解している。
しかしそれを上手く伝えるのが難しかったようです。
本番はまだ先ですが、自分の思いを上手く伝えられるように
サポートできたらな、と思います。

私は・・と言いますと緊張していて汗が止まらず。
胃が痛くてたまらない。彼女の言葉に一喜一憂していてました。
「とにかく挨拶と名前と学校名だけは元気よく言って」とだけ伝え横に座る。
先輩ママたちはこんなきつい思いをしてきたんだと尊敬の念を感じるのと同時に
これ、いつまで続くんだよ・・と少しゲンナリしたのも事実です。
私ももっとドンとしていなきゃな。

***
連日報道されてる障害者施設での事。遺族の事を思うと言葉もありません。
私の稚拙な言葉で綴る事なんてできません。
娘の障害の事、その事での思いや願いならいくらでも綴れます。
でも・・・この件に関しては遺族の思いを想像する事すら私の想像力では
とてもじゃないが無理です。

ただ言える事は・・新聞の社説の一文をお借りします。

「園で働いてた間、入所者の笑顔に胸を温められた日はあったはずだ。
仕事に誇りを感じる機会も皆無だったとは思い難い。」

私の思いがこの一文に込められてました。

障害者から学んだ事は絶対あるはず。あるんだよ、気が付けよ。
目をそむけるなよ。

ご冥福をお祈りいたします。
shucaさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)