2018/06/02 21:10
長女の修学旅行も終わり就労に向けて本格的にスタートしました。
1年かけて職業コースを経験し自分の目標、成果などを自分で確認し
どのような職種に進むか選択します。

普段の学校生活は「学校」ですが職業訓練授業は
「学校」ではなく「企業」でした。
入学前の学校見学で確認はしていましたがシビアでした。
大丈夫かな、入学してもついていけるかなと心配でしたが
先生方の手厚い指導の下、無事に職種選択もできて
それぞれのコースに進むことができました。
これに関しては私はほぼノータッチで本人の意思と
先生から見た適正を判断してもらい決定しました。

そして今月からまずは色んな職種の職場実習です。
学校ではなく企業へ行き実習します。
先生の引率もなく一人で企業に出向き仕事をします。
特例会社も増えていき選択会社も増えてきていますが
長女が今回お世話になる所は学校で始めての実習先になります。
すなわち、長女の出来次第で来年につながるかどうか。

お腹が痛いったらありゃしない。

それでも私は見守るだけです。
障害児として生まれこれから独り立ちしていく長女。
その為には働かなきゃいけない。
何てシビアな人生だろうと思いますが今更どうこう言ってもしょうがない。
最終日は親も見学へ行きますが親の姿勢も見られるとか。

お腹痛いったらありゃしない。

IMG_1800.JPG

1年半前の入試に向けた模擬試験会場に向かう娘。
入学はゴールではなく、新たなスタートでした。
わかっちゃいるけどわかってなかった。

長女の支援級生活と次女の普通級生活。
両方体験できるのはある意味貴重ですが悩みも違う。
母さん体力気力持つのだろうか(笑)
タグ(関連ワード):障害児育児
shucaさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)