2019/05/15 20:49
こんばんは、ご訪問ありがとうございます(^^♪

今週はExcelネタでいこうと思います。(需要は少ないと思いますが、いつか何かの時に必要になった人に役立ちますように)

第1回https://39.benesse.ne.jp/blog/2217/archive/458
第2回https://39.benesse.ne.jp/blog/2217/archive/459

※第1、2回で書き忘れたので、追記します。
関数を入れて、セル番地を入れるときB4と入力してもいいですが手間ですので、参照するセルをマウスでクリックすれば自動で入ります。選択範囲がある場合もマウスでドラッグして選択すれば簡単です。
ちなみに、MOS試験対策テキストでは、関数ダイアログを使わずに、=(イコール)から手入力で入れるように書いてありますが、難しいので関数ダイアログを使用することをお勧めします。もちろん答えがあっていればどの方法でも正解になりますので、安心して使ってください。


前回はVLOOKUPで表検索をしました。

その際にこんな場合が出てきます。

35.png
番号を削除すると、名前がエラーになってしまう。

これは、名前に入っているVLOOKUP関数が、番号が入っていないと検索するものがないので、エラー表示になるというもの。

よく、正しく関数を入れても、こんな感じでエラーが出る時が良くあります。

番号を入力するたびに名前のセルにVLOOKUP関数を入れていく(もしくは最初1つ入れておいて都度上の関数をコピーする)ということも可能ですが、できたらあらかじめ関数を入れておいて、番号だけ入力したい。

エラー表示は印刷時も表示されたまま印刷されるため、資料としてはよろしくありません。

ではどうしたらいいのか?

方法としてはいくつかあるのですが、一番メジャーな<IF関数>を使って、エラー表示を回避してみましょう。(IF関数はMOSの試験で出題されます。)

12.png
番号が空白(未入力)なら名前も空白・番号を打つと名前が表示される

13.png
まず、名前に入っていたVLOOKUP関数を削除します。
あらためて、名前C4セルに、<IF>関数を挿入します。
数式タブ→論理→IF
もしくは、数式バーのfxボタン→論理→IF

14.png

論理式:B4=””
もしB4セルが空白だったら<"">ダブルクォーテーション2回は空白を意味します。

真の場合:""
C4セルは答えとして、空白にしなさい。

これで番号が入力されていないなら、名前は空白の答えとなり、エラー表示が回避できます。

そして、偽の場合に移ります。

ここには、第1回で入れたVLOOKUP関数を組み合わせます。(関数に関数をいれることを<ネスト>といいます)

15.png
偽の場合で、VLOOKUP関数を入れるときは、数式バーの左隣にある名前ボックスの▼をクリックします。
その他の関数をクリック(最近使った関数にあればそれをクリックしても構いません)
関数挿入のダイアログが表示されますので、検索/行列からVLOOKUPを選択。

16.png
第1回でやったVLOOKUP関数をいれて、OKをクリック。

17.png
OKをクリックすると、名前のところが空白の状態で表示されます。
番号が入力されていないので、名前も空白になります。(エラー表示の回避ができました)
数式をコピーし番号に数字を入力して、名前がきちんと表示されるか確認しましょう。


いまいち説明がわからない方がいらっしゃいましたら、個別で質問に答えますので、TwitterやInstagramのダイレクトメールを頂ければと思います。


※Excelのキャプチャーについては、編集部の許可を得ています。

※画像が見にくい場合は、クリックしていただくとサムネイルで見やすくなります。
※画像で使用している名前や数字等はすべて架空のものです。

最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)/

読んだよ〜〜!と”サンキュ”ボタンを押していただけたらうれしいです☆



マハロハさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)