2018/05/14 20:00
こんばんは、ご訪問ありがとうございます(^^♪

新聞が大好きで、先日新聞社の「移動読者応答室」という会議に参加してきました。

その時の記事はこちら→https://39.benesse.ne.jp/blog/2217/archive/353

そこで緊張しすぎて、新聞に対する思いを伝えきれませんでした。

なので、こちらで何回かに分けてつづろう思います。

今回は小中高校編

私が新聞を手に取るようになったのは、小学校3〜4年生くらいだったと思います。

今もあるのですが、日曜日に新聞と一緒に入る「サンデー版」という8ページの新聞があります。

当時ここに「元気くん」という漫画が連載されていました。

これを読むのが楽しみだったのです。

あと間違い探しがあって、やっていた記憶があります。(今は下の子がばぁばとやっています)

新聞はテレビ欄と四コマ漫画くらいしか見ていませんでした。

小学5〜6年生くらいになると、新聞も見るようになります。

たしか夏休みの宿題で、コラム欄を書き写す宿題があったせいだと思います。

何のためにやっているのかよくわからなかったけど、本を読むのが好きだったので苦になりませんでした。

中学生になると、よく読む記事ができました。

スポーツ欄です。

1992年にバルセロナ五輪があり、それがきっかけで読むように。

同じ年、高校野球で星稜高校の松井秀喜選手が5打席連続敬遠されることにより、高校野球の記事も読んでいた記憶があります。

さらに、1993年には「Jリーグ」が開幕します。

地元、名古屋グランパスエイトを応援するようになり、試合を見たり新聞で結果や順位を確認していました。

高校生まではスポーツ欄をずっと読んでいました。

今スポーツ欄はサッと目を通すくらいで、気になる記事しか読みませんが、オリンピックがあるとすべての記事を真剣に読みます。

テレビでは放映されない競技も新聞にはのっていることがあるので、こんなスポーツがあったのか!と知ることができるのです。

選手の特集記事などは特に興味深く、夢中になってしまいます。

2020年東京オリンピックの新聞記事が今から楽しみです。

KIMG7338.JPG
最近気になる記事をスクラップすることにしました。

次回は20・30代編です。

最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)/
読んだよ〜〜!と”サンキュ”ボタンを押していただけたらうれしいです☆

マハロハさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ