2018/05/20 09:00
おはようございます、ご訪問ありがとうございます(^^♪

前回の記事で掃除機が壊れたことを書きました。

掃除機がないとやはり困るので、昨日電気屋さんに見に行くことに。

まずはエディオンへ。

価格調査と商品説明を聞いてきました。

対応してくれたのは50代くらいの女性の方。

おすすめ商品として、シャープの最新モデルで超軽量のハンディタイプとコードレスだけど本体があるタイプを紹介してくれました。

最新モデルなのでお値段もお高いのですが、ここから7,000円位は値引きできますよ。

なんて、お言葉もいただきました。

気になっていた他のメーカーのものもどんな感じか教えてもらい、女性ならではの目線と年配ならではのご意見も。

ダイソンも気になっていたのですが、この掃除機は若い人向けだそうで。

なぜかと言えば、しっかり吸うのでヘッドが密着している分、力がいる。

年配の人には動かしにくいらしい。

外国製なので壊れた時の部品の交換などが手間。

吸引力は一番ですけどね。

うちで主に掃除機を使うのは母なので、年配の人向きではないダイソンはやめることに。(値段も高いし)

検討します。と、次の電気屋さんへ。

本命のヤマダ電機。

ここでもシャープの商品に目が行きます。

ヤマダの店員さんにおすすめを聞くと、3商品にしぼられました。

シャープ・日立・東芝

それぞれの長所短所を教えてもらって、商品も実際手に取って動かしてみる。

シャープは本当に軽くて、1.5キロ。

日立は2.1キロ。

東芝は1.9キロ。

サイクロンと紙パック式があるのは、シャープと東芝。

日立はアタッチメントが充実していました。

充電時間はシャープが一番早い80分。

シャープと日立は電池パックが外せるタイプ。東芝は本体内蔵。

ヘッドの大きさは日立と東芝がしっかりしている。

電池パックが寿命になると、内臓式は本体をメーカーに渡して、交換作業費と電池パック代がかかるが、外せるタイプは電池パックを買えばいい。

本体の値段はシャープが一番高い。電池パックは日立が高い。

それぞれ比べて、総合的は私の判断でこちらに決定。

KIMG7473.JPG
日立のコードレス サイクロンスティッククリーナー

お値段は、値引いてもらって

45,000円。

ヤマダのポイントが4,000円ほどたまっていたので、ポイント使用して41,000円になりました。

4年間の保証つき。

しかし、電池パックは消耗品で保証外。(電池パックは別売りで12,000円)

優待はがき分と通常ポイントで2,300ポイントつきました。

そしてキャンペーン中で、商品券1,000円分と高い所を掃除するアタッチメントがプレゼント。

母からの援助が1万円。

我が家の支払額は3万円くらいでした。

今回はしっかり見て聞いて試して、納得したうえで掃除機を買うことができました。

高い買い物だったけど、掃除機は毎日使うので妥協しない。

充電も終わったので、掃除機かけようと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)/
読んだよ〜〜!と”サンキュ”ボタンを押していただけたらうれしいです☆
マハロハさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ