2019/07/18 20:31
こんばんは、ご訪問ありがとうございます(^^♪

離婚しても切れない縁・相続問題@https://39.benesse.ne.jp/blog/2217/archive/468
どこに相談?誰つ伝える?相続問題Ahttps://39.benesse.ne.jp/blog/2217/archive/469


今回相続放棄するにあたり、自分たちでやるか、プロに頼むか。

簡易裁判所に行った際に、書類と一緒に書き方の紙ももらいました。

なんだか自分でもできるかな?って感じの書類内容です。

揃えるものとしては、市役所で申請してもらう以下のもの。

相続人の戸籍謄本(私と妹)

被相続人(父親)の戸籍謄本と住民票(正確に言えば亡くなっていることが証明されている除票)

相続放棄申請書(裁判所でもらう書類)

収入印紙(相続放棄申請書に貼る相続放棄をするための手数料)

郵便切手(裁判所から届く書類用)

あとは書類に自分たちで記入をすればいい。

妹とどうしようか?と迷います。

一見簡単に書けそうだけど、大丈夫なのかな?

確実に相続放棄できるようにしたい。

いったんは自分たちでやろうと思ったのですが、不安が増していきました。

結局、叔母にお願いして、叔母が前回叔父の時にお願いした司法書士さんにお願いすることにしました。

叔母が間に入ってくれて書類のやり取りをして、20日ほどで無事相続放棄が受理されました。

私達が受理されたので、次は叔母の番になります。

相続放棄には順番があります。

その時生きている人によって変わります。

今回は、私達が相続放棄することで、次の相続人が叔母になります。

叔母が相続放棄できたら、今度は叔父の子供が相続人になります。

叔父が亡くなっているので、父親の兄弟である叔父の子供にも相続がまわっていくのです。

これが本当に悩ましい。

離婚しても切れない縁というのは、親戚にも通じます。

全然関係なくなったと思っていたのに、こんな出来事で関係性が続いていることを知る。

きっとこれはお互いが思っていることだと思います。

相続放棄するにあたり、次の相続人に連絡する義務はないようなのですが、何かの出来事があり相続が発生していたことを知った次の相続人とトラブルになる可能性があることも。できたら連絡した方がいいようです。

いろいろなパターンがあり、相続というのはややこしい。

だからプロがいる。

お金を払って確実にやる。

相続放棄に限らず、相続でもめるというのはよくある話らしいです。

次回は、今回のことで私が感じたことを書こうと思います。

IMG_20190707_141912.jpg
最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)/
読んだよ〜〜!と”サンキュ”ボタンを押していただけたらうれしいです☆





マハロハさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ