2019/05/28 21:20
こんばんは、ご訪問ありがとうございます(^^♪

久しぶりの更新になりました。

前回書いていたMOS対策シリーズが、全然アクセスもサンキュもなくて苦笑い。

とりあえず、シリーズ最後の記事を書いていたら、Wi-Fiの調子がおかしくなり、書いてる途中で消える。

気持ちがきれまして、ブログを書く気が失せました(笑)

最後の記事は時間がかかるので、時間ができたら懲りずに書こうと思います。


先週土曜日に小学校の運動会でした。

全国的に夏日でしたよね。子供が心配で心配で。

今年は子供たちの席にテントをはってくれました。

これがなかったら絶対に体調不良で倒れていた子がいたはず!

親は木陰に入ったり、町内別のテントがあるのでそこで観戦したりしました。

前々から欲しいなぁ。と思っていたたくさん入るお弁当箱をニトリで購入しました。

IMG_20190524_150455.jpg
3段重ね。

IMG_20190524_150542.jpg
中にはとりわけできるトレイも2つ。

IMG_20190525_114521.jpg
初めてそうめん弁当にしました。

Instagramでは、ひいらぎりおさんからコメントいただいて、お弁当のおかずがお揃い♪

そうめん弁当は暑い日にはぴったりですね。

旦那さんのために、カツサンドも忘れずに。

食べた後お弁当箱はコンパクトになるので、収納もあまり場所をとらないです。

色はグリーンとチェリーピンクがあるのですが、私が買いに行ったときはピンクは売り切れていました。

ベルトが調整できるので、3段でなくて2段でもよし。

便利なお弁当箱を見つけて満足です。

最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)/

読んだよ〜〜!と”サンキュ”ボタンを押していただけたらうれしいです☆

マハロハさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/05/15 20:49
こんばんは、ご訪問ありがとうございます(^^♪

今週はExcelネタでいこうと思います。(需要は少ないと思いますが、いつか何かの時に必要になった人に役立ちますように)

第1回https://39.benesse.ne.jp/blog/2217/archive/458
第2回https://39.benesse.ne.jp/blog/2217/archive/459

※第1、2回で書き忘れたので、追記します。
関数を入れて、セル番地を入れるときB4と入力してもいいですが手間ですので、参照するセルをマウスでクリックすれば自動で入ります。選択範囲がある場合もマウスでドラッグして選択すれば簡単です。
ちなみに、MOS試験対策テキストでは、関数ダイアログを使わずに、=(イコール)から手入力で入れるように書いてありますが、難しいので関数ダイアログを使用することをお勧めします。もちろん答えがあっていればどの方法でも正解になりますので、安心して使ってください。


前回はVLOOKUPで表検索をしました。

その際にこんな場合が出てきます。

35.png
番号を削除すると、名前がエラーになってしまう。

これは、名前に入っているVLOOKUP関数が、番号が入っていないと検索するものがないので、エラー表示になるというもの。

よく、正しく関数を入れても、こんな感じでエラーが出る時が良くあります。

番号を入力するたびに名前のセルにVLOOKUP関数を入れていく(もしくは最初1つ入れておいて都度上の関数をコピーする)ということも可能ですが、できたらあらかじめ関数を入れておいて、番号だけ入力したい。

エラー表示は印刷時も表示されたまま印刷されるため、資料としてはよろしくありません。

ではどうしたらいいのか?

方法としてはいくつかあるのですが、一番メジャーな<IF関数>を使って、エラー表示を回避してみましょう。(IF関数はMOSの試験で出題されます。)

12.png
番号が空白(未入力)なら名前も空白・番号を打つと名前が表示される

13.png
まず、名前に入っていたVLOOKUP関数を削除します。
あらためて、名前C4セルに、<IF>関数を挿入します。
数式タブ→論理→IF
もしくは、数式バーのfxボタン→論理→IF

14.png

論理式:B4=””
もしB4セルが空白だったら<"">ダブルクォーテーション2回は空白を意味します。

真の場合:""
C4セルは答えとして、空白にしなさい。

これで番号が入力されていないなら、名前は空白の答えとなり、エラー表示が回避できます。

そして、偽の場合に移ります。

ここには、第1回で入れたVLOOKUP関数を組み合わせます。(関数に関数をいれることを<ネスト>といいます)

15.png
偽の場合で、VLOOKUP関数を入れるときは、数式バーの左隣にある名前ボックスの▼をクリックします。
その他の関数をクリック(最近使った関数にあればそれをクリックしても構いません)
関数挿入のダイアログが表示されますので、検索/行列からVLOOKUPを選択。

16.png
第1回でやったVLOOKUP関数をいれて、OKをクリック。

17.png
OKをクリックすると、名前のところが空白の状態で表示されます。
番号が入力されていないので、名前も空白になります。(エラー表示の回避ができました)
数式をコピーし番号に数字を入力して、名前がきちんと表示されるか確認しましょう。


いまいち説明がわからない方がいらっしゃいましたら、個別で質問に答えますので、TwitterやInstagramのダイレクトメールを頂ければと思います。


※Excelのキャプチャーについては、編集部の許可を得ています。

※画像が見にくい場合は、クリックしていただくとサムネイルで見やすくなります。
※画像で使用している名前や数字等はすべて架空のものです。

最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)/

読んだよ〜〜!と”サンキュ”ボタンを押していただけたらうれしいです☆



マハロハさんのファンになる
この記事をみんなに教える
2019/05/14 20:20
こんばんは、ご訪問ありがとうございます(^^♪

昨日の記事の続きです。昨日の記事はこちら→https://39.benesse.ne.jp/blog/2217/archive/458

今日は判定をVLOOKUPで答えを出します。

36.png
合計が出ると、合計に応じた判定を表示する。

8.png
まずは、合計を出します。
国語と算数の合計をSUM関数を使って求めたら、、数式をコピーして下まで答えを出しておきます。(SUM関数はホームタブの右上付近にΣのマークがあるので、こちらをクリックすると自動で入ります。)

VLOOKUPで、合計の数字を検索値とし、2つ目の表から判定を表検索します。(入れ方は前回を参照してください)

このとき、前回と違うのは検索方法です。

この場合、合計の範囲によって判定が4つに分かれています。

37.png
合計が1〜89までがD
   90〜119までがC
   120〜159までがB
   160以上はA

この表の基準値の素になる合計は昇順(小さい順)で作っておきます。

検索方法は近似値の<1>TRUEとなります。

9.png
その間に当てはまる数字の判定を検索してくれます。

これを<0>FALSEにした場合、答えは出てきません。

合計が85だったとして、近似値の検索方法であれば、1〜89に当てはまるDを答えで出してきます。
完全一致の検査方法だと、85という数字が範囲の表にないので当てはまらず答えが出ないのです。

検索方法の違いを前回と今回でご紹介しました。

いまいち説明がわからない方がいらっしゃいましたら、個別で質問に答えますので、TwitterやInstagramのダイレクトメールを頂ければと思います。


※Excelのキャプチャーについては、編集部の許可を得ています。
※画像が見にくい場合は、クリックしていただくとサムネイルで見やすくなります。
※画像で使用している名前や数字等はすべて架空のものです。

最後まで読んでいただきありがとうございます(^^)/
読んだよ〜〜!と”サンキュ”ボタンを押していただけたらうれしいです☆


マハロハさんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ